カテゴリー「Concerts (演奏会などの情報)」の記事

2021年4月 4日 (日)

京都女子大学創基100周年記念コンサート① 映像 

 

ようやくアップロードされました!

 

本年、2月8日に収録されました、コンサートの全容です。
わたしは佐藤岳晶先生作曲「一声鳳管」に笙で参加させていただきました。
(YouTube 概要欄の2:58をクリックすると、そこからスタートしますので、お時間ないかたはこちらからジャンプ!)。

一声鳳管(初演)
作曲:佐藤 岳晶

笙/伊藤 えり

打楽器/前川 典子

第1ピアノ/土居 知子

第2ピアノ/大谷 正和

笙 装束・舞台美術:京都女子大学 家政学部生活造形学科 青木ゼミ 

タイトルである「一声鳳管」は、「和漢朗詠集」のなかの1曲。
朗詠は雅楽の歌物のジャンルのひとつで、特に一声鳳管は明治選定譜にも残されている曲です。

今回の佐藤先生の作品では、あくまでイメージにとどまり、朗詠の旋律が模倣・引用されるようなことはなく、ピアノ2台とパーカッション、笙という編成で自然との融合や和と洋の調和が目指されています(詳しくは、下記リンクのプログラム参照)。

佐藤先生の作品は、特にピアノが優雅です。わたしはショパンの初期の頃の作品が、つい頭のなかをよぎってしまうのですが、もちろん、模倣とかそういうレベルではなく。
その香り高いピアニズムのなかで、笙が響き渡ります!

詳細はこちら↓ コンサートのプログラム。

https://www.kyoto-wu.ac.jp/pdf/2021_100th_concert.pdf


衣装に関してはまた後日・・・

青木美保子先生と、そのゼミ生、安藤楓華さん、村岸澪さんの労作で、お気づきかと思いますが、舞台美術で設えられた布と同じ布でデザインされています。 

 

 

| コメント (0)

2021年1月20日 (水)

【変更となります】京都女子大学創起100周年記念コンサート

2月6日に予定されています、京都女子大学のコンサート「共に生きる共に響く」。

↓(こちらの記事でご紹介しました)
https://sho3ku.cocolog-nifty.com/blog/2020/12/post-5de91d.html

緊急事態宣言を受けて無観客配信となりました。


生の配信はなく、編集されたものを後日、配信されるそうです。

ご予定してくださっていた皆様、どうかご注意ください。
お申し込みがお済みの皆様には、大学より改めてご連絡があるかと思います。


わたしは佐藤岳晶先生の「一声鳳管」という新曲に参加させていただきます。

華やかで繊細な2台ピアノとパーカッションに笙1管がからんでいく編成。。。
万華鏡のようにきらきらと情景が変化していく、大変魅力的な曲です!

生でお届けできないのが残念ですが、衣装は生活造形学科の青木美保子先生のゼミの先生と生徒さんとのコラボレーション。
視覚的にもお楽しみいただけるかと思います。


1月31日の京都ラ・ネージュさんでのコンサートは予定通りの開催となります。

ご時世柄、当日キャンセルされてもキャンセル料は不要、とのことです。
(本日、SOLD OUTとのこと)。

明日は1回めのリハの予定です♪






| コメント (0)

2020年12月30日 (水)

ライブの映像配信・・・予告編製作中です

1736af3875b74b008f7a82d777ffc0c1

 

 

751a8cb462ee458cad9236f5f4f7653b

10月31日に京都で行いました生配信の映像・・・編集、ミックスダウンの上、有料配信(期間限定公開)する予定です。


が!!


わたしのところで作業がずっとストップしていまして( ̄▽ ̄;)

映像の古木さん、音響の島田さん、本当にごめんなさい💦💦💦


予告編のサンプルみたいなものをまず、自分で作ります!!!!!と、言ったものの、そこでストップ(伊藤えりあるある 💦)


暮れとお正月に完成をめざします🙂。はい。


今度こそ🔥💪🔥



このときの即興は本当に、時間が許せば倍の長さでやりたかったくらい。
また別の形で、やれたらと思っています。



以下、作業遅れの言い訳(笑)。

1月には京都ラ・ネージュさんでのコンサートがあり、こちらもコラボなので仕込みが大変。

2月には京都女子大学主催のコンサートが京都コンサートホールであり、佐藤岳晶先生の作品「一声鳳管」の演奏に参加させていただきます。
今回はわたしの衣装は、家政学部生活造形学科の青木先生のゼミによるデザイン・製作となります!!
先日、仮縫いの作業がありましたが・・・コロナでzoomによる衣装確認に変更。



送られてきた仮縫い用の衣装を身につけて、自撮りし、打ち合わせの前に送信。
その映像を元に、先生方、学生さんたちとzoom会議。
新しい時代に入ったなあ、、、と感じました。



資料の共有など、俄然、やりやすいです。

パワーポイントを大画面に写して・・・みたいなことがどんどん古めかしくなっていくのでしょうね。





昨日はお稽古納めでした。
お稽古動画、やはり充実させていきたいなあ、と思います。
自粛期間中、生徒さんたちのみに数本、限定公開でお送りしましたが。


やはり活用してくださっているかたは上手に活用してくださり、格段に上手くなっているので。




配信ペースなども考えながら、スタートしてみたいと思っています。


どたばたのなかで、ようやく「持続化給付金」の申請が完了しました。
来年度以降、フリーランスのサポートシステムはどうなるのかなあ・・・

 

日本は文化への支援、補助が遅れていると感じていましたが、コロナの騒動のなか、意外とこういった支援があって、ほっとしました。


生徒さんからの支援やサポートにも助けられました。
もちろん金銭的な意味だけではなく、機材運搬を手伝ってくださったり、精神的な面でも。
お稽古に、来てくださっているだけでも、気持ちの上でどれだけ助けられているか、わかりません。



YouTubeなどのお稽古動画を充実させて、リアルのお稽古での上達にも役立てていただけたら、と感じています。

 




2021年・・・丑年は昨年亡くなった父の干支🐄
一度は奈良に来てもらいたかったです。



そして今年は何より、佐々木冬彦さんの訃報がショックでした。

考えてみたら、わたしの笙や雅楽とのお付き合いよりも古いお付き合いだったのですよね。。。



素晴らしい演奏家、作曲家。盟友。

彼の作品を紹介する記事ももう少し、書き綴りたいです。



1月のコンサート、2月のコンサートのことも少しずつですが、アップしていきますので、どうぞよろしくお願いいたいsます。


| コメント (0)

2020年12月 5日 (土)

来年度のコンサート(2)京都女子大学創基100周年記念コンサート


大学へのお申し込みは、
下記リンクから直接。

わたしのほうでもチケットはお手配できますので、お渡しできる機会があるかたはそちらでも。。。

ご存知のかたも多いと思いますが、約2年前の1月、同じ会場で行われた京都女子大学ニューイヤーコンサートに出演する予定でしたわたしは、その前の月に病気で入院してしまいました。

病室に譜面も持ち込み、なんとかして1月のリハーサル、そして本番に参加しようと頑張っていたのですが・・・

再度、大量出血して輸血・・・演奏をご依頼くださった佐藤先生に泣く泣く状況を説明し、出演できません、と電話をしたのが12月31日のことでした。
共演者、関係者多方面にわたり、多大なご迷惑をおかけすることとなり、正直なところ、精神的にも大打撃、でした。

そして何より、演奏できないって、辛いです。。。
悔しいとか、迷惑をかけて申し訳ないとか、そういったこと以前に、辛かったです。



ただひとつ幸いだったのが、若手の立木貴也さんが難なく代役を務めてくださったことです。

お正月もなくなってしまって申し訳なかったのですが、退院してすぐでした本番を聴きにいって、とにかくほっとしました。


今回、再度お声がけいただけて、本当にありがたいと思っています。

コンディションを整えてのぞみたいと思っています。


******************************************

日時:
令和3年2月6日(土)午後7時開演(午後6時開場)
場所:京都コンサートホール 大ホール(京都市左京区下鴨半木町1-26)
   京都市営地下鉄烏丸線「北山駅」下車、徒歩3分
内容:
「共に生きる 共に響く」と題し、京都女子大学の100年間を振り返り本学にゆかりのある方々の作品を取り上げます。事前収録した音楽教育学専攻在学生の女声合唱による仏教讃歌をスクリーンに放映し、お聴きいただきます。また、大学創基100周年を記念して創られた新曲発表や、最古の仏教讃歌である〈法の深山〉の独唱、西洋音楽を取り入れながら発展をしてきた日本の唱歌をピアノ演奏、また仏教音楽の中から交声曲≪歎異抄≫などを生演奏中心にお届けいたします。京都女子大学創基100周年にふさわしい本学ならではの響きを心ゆくまでお楽しみください。
出演者
ソプラノ:ガハプカ奈美(本学教授)
バリトン・指揮:田中 純(本学教授)
ピアノ:大谷正和(本学教授)
    土居知子(本学教授)
笙:伊藤えり
打楽器:前川典子
女声合唱:本学音楽教育学専攻学生・表現文化専攻学生

主催:京都女子大学
入場料:無料(事前申込制)
申込方法:下記フォームよりお申し込みください。
申込締切日:令和2年12月11日(金)
https://www.kyoto-wu.ac.jp/form/d100concert/index.html

100th-2 



さて、今回、変わった趣向がありまして。
チラシ裏面にもあります通り(黄色の囲みの説明通り)、わたしが当日着装する衣装は、学生さんたちの「手作り」となります!

これ、嬉しくないですか(笑)!

最初、この案をご提示いただいたときに、感激しました!


すでにデザインもあがってきていて、今月、仮縫いにも伺わせていただきます。


こちらもどうかご期待ください!

 

100th-2_20201205145301

 

| コメント (0)

2020年12月 4日 (金)

来年度のコンサート その1(1月31日@京都ラ・ネージュ)

2020年、ようやく12月、というか、もう12月、というか。。。

今年は世界全体が大きく変化した年です。
もちろん「現在進行形」、まだまだ変わっていくと思います。

先月はようやく、東京教室復活。

十字屋ミュージックサロンさんは満席、関西のほうは、余裕ができたら、来年、少し生徒さんを増やすかもしれません。



来年度のコンサートご案内。1月31日のコンサートから。。。

(画像がうまく取り込めないので、文字情報のみ。。。)

京都・ラ・ネージュさんでのコンサートです。以下、ラ・ネージュさんのFacebookページからコピー。

 

  • お申し込みは

    090-8141-6350 (ラ・ネージュ)
    (ラ・ネージュ)へ。

    席数20。お早めに・・・。


    *******************************
    2021.1.31(日)14:00~(開場は11:30)
    Gathering under the aurora

    @La Neige
    伊藤えり(笙、ライブ・ルーピング)
    伊藤麻衣子(オルティンドー)
    高島智恵(写真) 50音順
    入場料:3500円(定員:20名・予約制・お茶付き)

    昨年5月、智恵さんのオーロラの写真展を企画しました。
    笙のえりさんがその中で何かされるかも…→コロナ下でonline開催となり、逆に素敵なオーロラと笙の素敵な動画が生まれました。(↑のQRコードを参照ください。)
    その展覧会で、元々えりさんとも智恵さんとも繋がりのあったモンゴルの歌唱オルティンドー歌手の麻衣子さんとも繋がり、どうしても生で笙もオルティンドーも体感したかった私はラ・ネージュが暫くお休みする前の最後の企画として、オーロラの下にお三方が集われるコンサートをお願いしたのでした。
    魂も身体も震わせる響きを体感ください!
  • **********************************

    今年、音楽をつけさせていただいた

    https://youtu.be/cJzLAnO33LA

    こちらのオーロラの映像の音を録音した場所です。

    笙の響きが最高にきれいな場所。

    是非とも生でお楽しみいただけましたら、と思います。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    次回の記事は2月6日、京都女子大主催のコンサート@京都コンサートホールのご案内・・・。
    そちらもどうぞよろしく!

| コメント (0)

2020年10月12日 (月)

10月!

今月はなんでこんなにお仕事が・・・というくらいにお仕事が集中しています。

9月中、体調が絶不調な時期があり、さまざまなことがずれ込んでしまい、ますます現在、多忙に。
今月、2件、泣く泣く大きなお仕事をお断りしました。

無理無理に詰めれば入れられたかも・・・ただ、もう総崩れになるよりは、と思い、体のほうの大事をとりました。

申し訳ありません、、、としか言えません。本当にごめんなさい。

体調は先月から新しい治療を始め、なんとか持ち直しています。


そのなかで、本当に、無事に終えられたお仕事が10月3日の二条城での演奏。

(素敵な写真がFacebookでたくさんあがっているのですが・・・後日、まとめてアップします(^_^;))

世界遺産で、音楽で単独、というのは初めてのこと、荷物を宅急便で送る訳にもいかず、、、まず、お仕事前に奈良→京都・二条城まで送り届けてくださった、城陽プラネタリムの馬場さん、帰りに撤収と運搬をお手伝いくださった、関西の笙のお稽古の生徒の皆さん。。。

ありがとうございました。皆さんの支えがあって、無事に公演も終えることができました。


Tarinainanikaさんたちとの共演は、緊張感のなかにも様々な発見があり、次に続く、

Biwakoビエンナーレ 10月23、24日の彦根市・宗安寺での共演でも活かすことができそうです。
詳細はこちら↓
https://energyfield.org/biwakobiennale/event/concert/


初めて合わせさせていただくミュージシャン(エイコンヒビノさんAWAYAさん)の皆様とのコラボ、そして今回もTarinainanikaさん

こちらも3日に続き、BIWAKO ビエンナーレの一環で企画されたコンサートです。

 120012412_1259862667683508_7730078672190 119843947_3860802523933410_5173951237959  
チケットご入用のかたは、わたしのほうに直接ご連絡をいただいてもお分けできます。

限定であと9枚。

タイトルに「チケット希望」とお書きいただいて、

for_solo_voice@nifty.com

まで。

3,500円(前売り・当日)を3,000円でお分けできます。

今回はWith コロナ対策で席数もかなり限定されていますので、貴重な機会となります。
必ずご来場いただけるかたのお申し込みをお待ちいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。


こちらが終了したあとは、

10月31日、毎日新聞社京都支局での3年ぶりのコンサートです。

「雅楽器でライブ!with 岡部洋一(Perc.)」(仮題)と銘打って無観客ライブ配信の予定。
雅楽器、篳篥の三浦元則さんもお招きします。

配信は24時間限定でどなたでも見ることができ(ドネーションをよろしくお願いいたします)、後日編集の上、有料公開とさせていただく予定です。

詳細、もうしばしお待ちください。。。!


| コメント (0)

2020年9月15日 (火)

ライブ配信やらYouTubeやら 10月31日のコンサート!

お稽古にYouTubeやズームを活用したり、というのは、コロナが始まる前から関心がありました。

少なくともスカイプでのお稽古は、国内外で数件、試したことがあり、可能性を感じていました。


YouTubeをお稽古で活用し始めたのはコロナによる自粛が始まった頃からでしたが、YouTubeにお稽古のポイントなどをアップしていければ、というようなことは、かなり以前から考えていました。


雅楽界は指導者が圧倒的に不足しています。

わたしも10数年以上、指導をしてきていますが、例えば長野や鹿児島のほうから来られる方々など、もっと近くて頻繁に来ていただければ細かい指導もできるのに・・・と思うことしばし、です。

また、わたしは個人指導をメインとしてきたため、どんなに頑張っても延人数で100名にも満たない方々にしか接することができませんでした。
たまに大学の授業などで講義をするにしても、それは単発でのこと。


ちょっとしたコツ、のようなことが、さらさらと砂つぶを取りこぼしていくかのように、ここ30数年だけ雅楽に関わっている人間からしても、失われていったように思います。

300年、400年単位ぐらいでも考えることもできる雅楽の歴史(そうなると日本だけでなくアジア圏全体で、となりますが)からすれば、30年の「誤差」など微々たるもの。

でも、残せるものは残したいような気もしています。

わたしは本当に指導者と機会に恵まれ、宝になるような経験を積ませていただきました。


生の演奏や指導を否定するわけでもなく、新しいものに飛びついているわけでもなく。

今、世の中で起こっている事象(バーチャルな感覚に馴染んで、生かしていく感覚や感性)はおそらく活版印刷がこの世に現れ、書物が一般に広まり知識の共有が起こった頃の精神的な世界の改革にも通じていると思います。

そんなこともあって、YouTubeだけでなく、ネットを通じて広がる可能性、とても期待しています。


さて、突然ですが、10月31日は、毎日新聞社京都支局7階ホールにて、ライブコンサートを行います。

初めての「無観客」配信。

当日リアルタイムの「ライブ配信」となるか、撮影のみ行って後日配信となるか、まだ決まっていないのですが。。。


わたしは東京から奈良に引っ越してきて、「東京で、一緒に演奏してきて慣れ親しんだ演奏者を関西に呼びたい」と思っても、物理的に無理があり、何度も企画を断念してきました。リハーサル自体が難しかったですし。


今は、ズームなどがあり、同時演奏も可能なソフトも出てきて、東京⇆奈良を結んでのリハも可能です。


今回は東京からおふたり、演奏者をお招きする予定。

古典は少なめ、「ライブ」感溢れるコンサートにしたいと奔走中です。



少しずつ内容もYouTubeなどで流していきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

| コメント (0)

2020年9月13日 (日)

二条城  BIWKOビエンナーレ2020 Cosmic Dance プレイベント(ニュイ・ブランシュKyoto連携)

https://energyfield.org/biwakobiennale/pre-bb2020/

ようやく詳細があがってまいりました! Biwako ビエンナーレ 2020 Cosmic Dance 森羅万象 プレイベント。

二条城・二の丸御殿御台所・御清所でのパフォーマンス。

会期 2020年09月25日(金)~10月3日(土)

入場無料 *別途入城料が必要(一般620円)

主催 文化庁、 独立行政法人日本芸術文化振興会、 国際芸術祭BIWAKOビエンナーレ実行委

共催 京都市、 アンスティチュ・フランセ関西

協力 元離宮二条城、 MUZ ART PRODUCE


わたしが出演するのは、

10月3日(土)18時から20時 タリナイナニカさんとのコラボ。https://energyfield.org/biwakobiennale/artists/tarinainanika/
音楽はソロですので、シンセ音源などとの演奏になります。
タリナイナニカさんとは2回目の共演。

Biwako ビエンナーレ とは
https://energyfield.org/biwakobiennale/about/

総合ディレクターの中田洋子さん。
この人のエネルギーには、ついつい引きつけられてしまいます❤️
日本各地でビエンナーレと名のつく催し、たくさんありますが、「個人で」運営をされ、ここまで続けられたきたのはBiwakoビエンナーレだけだそう。

https://energyfield.org/biwakobiennale/greeting/


ニュイ・ブランシュKyoto
パリ白夜祭への架け橋 ー現代アートと過ごす夜=

とは →https://www.nuitblanche.jp/

どうぞよろしくお願いいたします。

| コメント (0)

2020年8月 9日 (日)

Biwako ビエンナーレ2020 森羅万象 参戦!

このところの社会情勢からも開催が危ぶまれていたBiwako ビエンナーレ 2020。

現在、着々と、そして、急ピッチで準備が進行中ですーー規模が大きなイベントは、今年は本当に冷や冷やします。

公開となった情報をアップします。今後もどんどん更新されると思いますが、とり急ぎ。

https://energyfield.org/biwakobiennale/event/《コンサート》森羅万象~cosmic-dance/?fbclid=IwAR3SBTmSkduF6j_dSgvmb5GVJHfQwJGZdFB-DLLCvyikCHnJEkN5-yaO2QU


こちらはWEB版「美術手帖」の紹介記事。
https://bijutsutecho.com/magazine/news/promotion/22465?fbclid=IwAR2OJKyv-AWqiVT-zKFhZ3_6HVaBEvPDhd0R1PdfyjtfbkDOaCL-A31RUE4


わたしは関連イベントのニュイ・ブランシュKyoto のほうにも出演します。


10月3日、二条城。。。コーボラティブマイムの英・日ユニット「タリナイナニカ」さんたちと。

こちらはまだ、HPが立ち上がっていませんね。。。揺れる情勢のなかで、関係者の皆さまのご判断などもあって、いろいろと遅れているようです。

https://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000272905.html

Biwako ビエンナーレは、実はわたしは2回目の参加です。
前回は4年前、ガブリエラ・モラウェッツさんの作品のなかで、やはりタリナイナニカさんたちと共演。
これ、すごく楽しかったので、今回も本当にわくわくしています。

どうぞよろしくお願いいたします。


| コメント (0)

2020年7月15日 (水)

秋のコンサート、ちょっとずつ告知します。まずは10月3日。

10月3日、二条城にて、ニュイ・ブランシュKyotoの一環で、タリナイナニカ(コーポラティブマイムユニット)のお二人と共演します。

4年前のBiwako ビエンナーレで初めて共演させていただいたお二人(Gabriela Morawetz 作品にて)。
再度の共演、すごく楽しみです。


2時間程度、完全ソロ、完全即興、です。


入場無料、18時ごろからスタートの予定(詳細は決まり次第アップします)。

| コメント (0)

より以前の記事一覧