« YouTubeアップしました! | トップページ | 京都女子大学創基100周年記念コンサート① 映像  »

2021年3月 5日 (金)

退院はしましたが・・・

(以下、Facebookからのコピペです)



昨年のライブ配信当日の、一番最後に演奏した完全即興。


後半、良い感じにカオスになりました(笑)。

カオスが落ち着いたあと、もうひと回しぐらいやれそうで、本当はこの倍の長さくらい続けられたら、、、と思いつつも、ライブ配信の終演時間が気になり、ひとまずエンディングへ。
こういうときに理性が働いてしまうって、とても悔しい(笑)。

改めて聴いてみたら、もっとぐじゃぐじゃかと思っていたのですが、周期的にカオスがやってくる形で良い感じ。

笙のテーマらしきものが、何食わぬ顔で時々顔を出し、なんだかそれなりの形を形成している・・・複雑系が一応、完成している!?👏👏👏

ゆるゆるな雅楽っぽい(?)ルーズなループのなかにグルーブ感が形成され、その時間の流れとは別に岡部さんの時間感覚の流れが違和感なくぶつかってきて、、、まあ、自分のなかでコンセプト的に考えていたことが達成できたような。

共演の岡部さん、三浦さんの「力量」のみならず、ぐずぐずなわたしへの「忍耐」の賜物です・・・Thank you for your patience.

音響の島田さんには、こんな不安定な音場を支えていただきましたが、エレクトリックな音と生音とがなんとかうまく融合した音場になって、さすが!という感じです。

こんなPA、本当に大変だと思う💦

でも、これが、やりたかったんですよね。。。

その点は妥協したくなかったので、ありがたかったです。

完成した映像のトランジションの美しさに、息を飲みました。
編集を手がけてくださった、古木さん、ありがとうございました。

スチール写真を使うのは、急に思いついたことだったので、このところご縁が深い高島智恵さんにも、突然に連絡してしまい、写真をお送りいただいたりして、ようやく完成。

多謝です。。。

音楽だけでなく、わたしの現場はいつもカオス💦

着陸は間違いなくするのだけれど、どこへたどり着けるのかわからない? 

あれは5年ぐらい前からでしょうか、わたしのライブループの初期の頃は、なんと!! ICレコーダーとPC、ちゃちなスピーカーを会場に設置してピンポン録音を試み(再生するまでお客さんにお待ちいただくという!)、もうデジタルなのか、アナログなのかローテクなのかハイテクなのか?!わからないこともやっていました(お箏の森川浩恵さん、付き合わされたお客様・・・その節はご協力ありがとうございました!)。

多重録音は、CD「祈りの海へ・・・」を出す2009年の少し前から取り掛かり始めていました。

DAWさえ持っていなかった当時、アナログに固執し続けたわたしが突然、ソニーのHi-MDを買っていきなりデジタル録音を始め、やはりピンポン録音をこつこつとやり続けるしかなかった。

そのあとBOSSのMicro-BRというレコーダーを買ったのがマルチトラックへの出発点。これがなければ「祈りの海へ・・・」は完成できなかったと思います。

ここまで発展させることができたのは、諦めてはまたとりかかり、諦めててはまた別の形でやってみる・・・というわたしのしつこさがあったから。

そして、形にならない前のものでも付き合ってくださった何人かの演奏者、エンジニアのかたがいてくださったから。

考えてみたら・・・関わってくださったかたがたは、結構な人数になります😅

「信念」、なんてとても言えたものではありません。

「ぐだぐだな執着」、とでもいうか。

でも、やりたかった。

昨年のこのライブは、わたしにとってのひとつの到達点。

ここから、どこへ行こう。

わたし自身にもまだわかりません。

映像は3月中にライブ全曲バージョンもアップロードできると思います。最初は有料の予定でしたが、やはり、YouTube上で無料のアップロードとなります。

三浦さんの驚異のライブループ演奏、岡部さんのソロなど、まだまだお聴きいただきたい曲があります。

どうぞお楽しみに。

さて、お話が変わりますが、わたくし実は2月28日から3月3日まで入院していまして😅

以前のような緊急の入院ではなく、検査と治療のための療養入院でしたので、ご心配なく。

体調?それが思ったような治療をやっている病院ではなくて、体調が落ちてしまい、入院前よりも症状が悪化・・・(; ̄ェ ̄)

なんか、「食事はすべて低FODMAP食」と謳われていたにも関わらず、出てきたのは、小麦や缶詰の果物(高FODMAP)、ケチャップなどが含まれた食事で・・・

正直、焦りました。

「ベジタリアン対応食」と書かれているのに「チキンスープ」入りの何かが出てきた!みたいな感じです。「鶏のお肉が入っていませんから。スープだけですから!」みたいな。

看護婦さんに質問したところ、うちは、完全には対応していない、とのこと。

気分だけFODMAP...って💦・・・ここ病院?(笑)

おかげでわたしの腸はまた爆発寸前となり、夜通しお腹のなかでドラミングのような音がしていて、眠れない日が続き、とうとう発熱。
さらに治療食なのに、大量の下痢・・・(尾籠なお話ですみません)、治療のはずの入院でこんなことになるなるとは・・・

それでも、2019年初頭はSIBOで病院を探しても、全国で2、3件しか見つからなかったのが、今は対応してくださる病院が増えてきているようです。

はっきりした治療法が確立していませんが、認知度が増えてきたのはありがたいです。

今年の目標のひとつは食養、かな(笑)。
食い道楽しながら食養したい(←煩悩は未だ背負ったまま、笑)。
インスタグラムでも、SIBO治療で低FODMAP食の美味しそうなお料理の写真をあげている人たちが世界中でいるので、参考にしつつ。



そんなこんなで、生徒さんたちに長らくお約束しているお稽古動画もままならない状況ですが、今月こそ、こちらも1本は撮りたいと思っています。

2月3月はまるで新幹線のように過ぎていきますね。。。

4月あたりからゆるくなるのか、さらに高速化するのか?

感じ方次第、でしょうね。。。

すべては主観で、世は成り立っているから・・・

 


« YouTubeアップしました! | トップページ | 京都女子大学創基100周年記念コンサート① 映像  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« YouTubeアップしました! | トップページ | 京都女子大学創基100周年記念コンサート① 映像  »