« 笙の、奏法で最重要なこと 音取など(1) | トップページ | 笙の、奏法で最重要なこと 音取など(2) »

2020年2月 8日 (土)

まだ誰も聴いたことがない音を

一昨年の大量出血から一年が過ぎ

 

昨年はずいぶんいろいろなことを考えた

 

これまでの活動のこと

 

今後の活動のこと



今もまだ考えている



コラボやらライブハウスでの演奏やら


雅楽でやるのは大嫌いだったわたしが




ふとしたきっかけで出るはめになったライブが面白くて

 


たくさんのミュージシャンとの出会いもあって



本気で関わりたくなった 本当の

 

自分のなかの音に出会い始めたのがこの頃だった




それがたしか12年ほど前だっただろうか





その後CDを出したり、奈良に引っ越してきたり



試行錯誤をしながらここまでやってきて




まだ、「誰も聴いたことがないような音を」という望みは果たせていないし

 

インスピレーションを自由に音にする境地にはまだ遠い

 

もっとも

 

鳴らした音すべて自分の音、だけどね




というか、ループマシンとかマイクとか揃えてようやく 自分の絵筆が整ったのがここ1、2年




ここからがスタート

 

ここからが自分の絵を描きはじめる時期にはいる


インスピレーションが壮大に膨れ上がる

 

 

これからの12年がまた始まる。。。


« 笙の、奏法で最重要なこと 音取など(1) | トップページ | 笙の、奏法で最重要なこと 音取など(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 笙の、奏法で最重要なこと 音取など(1) | トップページ | 笙の、奏法で最重要なこと 音取など(2) »