« 2019年12月31日 | トップページ | 今年は音をよく聴いて »

2020年1月 3日 (金)

心身の調律は世界の調律

今年の三ヶ日は、昨年11月に父が急逝、母が怪我、入院、手術・・・ということもあって、

 

お正月もおめでたいことはせずに、

 

まずは無事に年を越せたことに感謝して

 

とにかく


三が日は録音関係の勉強に精を出し


明日からは楽器の調律にとりかかります



これから数年は

 

奏でること、作ることに専念します



そのことが



心と体の調和を図ることと

 

感得してから



なにかこう心底、わくわくするというか、
ふつふつと新しいエネルギーが湧いてきているように思います

 

 

「調子、神に通ずるなり」

 

後白河法皇のお言葉です



音を整えることは

 

生き方を整えていくことに似ています



鍼灸でいう虚と実のバランスは

 

音のバランスの取り方とも非常に似ている

 

と、長年感じていました




万象は繋がっていて



すべては単独では存在しない



しえない

 

 

 

 

わたしにとっては奏でることが

 

生きること



そこをおろそかにしてきたからバランスが崩れてしまった

 

英語でatune  myself to と言いますが、



その作業を数年かけて

 

行なっていきたい

 

 

遡ってみて

 

 

おそらく中学生のころにすでに失われた

 

 

自然体をとりもどす

 

 

 

 

 

自分にも

 

世界にも






奏でながら


歌いながら


作りながら



確認しながら

 

笑いながら


泣きながら


楽しみながら


苦しみながら




春までは、まだゆるりと過ごさせていただきます



おそらく奈良近隣のどこかで、ミニライブなどはするでしょう

告知はこちらのブログに

 

春以降、本格的に

 

 

また様々な形で音を奏でていきたいと思っています




秋以降のお仕事も

すでにいくつかいただいています


ありがたいです

 

どうかお楽しみに



本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

 


« 2019年12月31日 | トップページ | 今年は音をよく聴いて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2019年12月31日 | トップページ | 今年は音をよく聴いて »