« 雑感 | トップページ | こわいこわい »

2019年10月24日 (木)

秋もつつがなく過ぎ、、、

食事療法を主体としながら、なんとか苦手な寒さをしのいでおります。

Dsc_0529 

9月、鹿の舟 繭さまでの「特別講座」。

前半はいつもの装束姿で講義、後半はオリジナル曲の演奏。


休憩時間に供された和菓子は、心がこもった栗のおはぎ。。。実はわたしの体調に合わせて作ってくださったものでした。

Dsc_0527 
2種類の栗のおはぎは、ほんのりした甘さ。
わたしが食べられないものを徹底的に調べてくださり、事前にメールにて原材料の確認までしてくださったのです。。。

病気の時はこういったお気遣い、本当に嬉しいです。
わたしは終演後にいただいたのですが、疲れも吹き飛びました。

左側のおはぎの上の、黄色いちょんちょんとしたものは、お味噌!です。
でも、いただいてみるとほんのりした甘さとのバランスがとてもよくて、センスが光っていました。

奈良の鹿の舟さんという場所柄、仏教行事(お彼岸)のことも調べられ、イメージして作ってくださったのだとか。。。

cafe equbo*の大窪さん、感謝♪ 
お菓子のイメージ通りの爽やかなかたでした。

残念ながらお店は今休業中だとか。再開を願っております。

鹿の舟さんはとにかく居心地がよいです。
今回のこの企画はとてもありがたいものでした。

スタッフの小松さん、松岡さん、大変お世話になりありがとうございました。


72786345_2439045299709461_40462849830048
10月、アメリカンエクスプレス主催の大イベント
会員様のみ参加できる会でしたので、告知はしませんでしたが、
雨のなかを2000人ほどのお客様が京都・清水寺にいらしたそう。

夜間貸切というゴージャスな企画。敷地内をお客様は自由に参拝することができ、

ある場所では能管、ある場所では虚無僧尺八のグループの演奏、

そしてある場所では雅楽と白拍子舞を堪能できるという趣向。

わたしたちは阿弥陀堂で演奏させていただいたのですが、

こちらを何かのイベント、演奏で使わせていただけるのは今回が

最初で、


おそらく最後になるだろうとのこと。貴重なご縁でした。

 

白拍子さんの舞にも即興で音をあてさせていただいてりして、

わたしたちにとっても、楽しいイベントでした。

お声がけくださった井原季子さん、ありがとうございました!


体調と相談しながら、なんとかお仕事を続けることができるようになってきました。

週末は薬師寺・休ケ岡八幡宮さまでお稽古、

日曜日からはまた東京に行き、レッスンです。
東京でお待ちくださっている生徒の皆様!
よろしくお願いいたします。



 


« 雑感 | トップページ | こわいこわい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雑感 | トップページ | こわいこわい »