« 震災の際の寄付について | トップページ | 奈良ムジークフェスタ、初出演です。 »

2016年4月18日 (月)

5月28日、久々の「笙の響きと雅楽の愉しみ」!

関西での生活もそろそろ6年目に入ります。

仕事の内容が充実してきた分、今年はさらに超多忙。

昨年はシリーズとして行ってきた、「笙の響きと雅楽の愉しみ」も1回しかできなかったのですが。。。

今年は、お箏の森川浩恵さんをお招きして、第7回目を開催します。

2012年にリリースされた彼女のソロCD。

繊細さと大胆さが同居していて、それを躊躇しないでストレートに出しているところが、すごい!と思いました。


音楽家って、、、、

「ただ、楽器がうまい」人というのは、意外とたくさんいるのです。。。

そして、それだけでも大変なことだと思います。


でも。



何かひとつ、自分の世界観を持っていて、「それを表現すること=生きること」に繋がっている人は、本当にユニークで代え難いと思います。

大体そういう人は(音楽家に限らず、小説家でも絵描きでも)、生きにくい人生を送っています。。。(自分も、そうかも。。。)。



浩恵さんは、結構、わたしと世界観がかぶっているところもあって、共演させていただきたいな〜、、、と思っていました!

それが、今年の2月に、浩恵さんからお声がけしていただいて、たつの市の浩恵さんのご実家で実現。

時々箏の響きと笙が共鳴して、実際に鳴っている音とは別の音がたくさん響いていました。

「共鳴」って、大ホールなどでより、そばで聴くほうが、よく聴こえるのですよね。



5月28日(土)のコンサートの会場はいつもの毎日新聞社京都支局。50席程度で一杯になるほどよい広さのホール。

あの、奇跡的に心地よい残響が漂う場所で、お箏と笙がどう重なって響いていくのか、、、

今からイメージしただけでも、ぞくぞくします。



17時開演予定です(前売り2,500円)。

チラシもまだ出来ていませんが(間に合うのか、笑???)、、、、



ここまでの告知でいらしていただけそうなかたは、

for_solo_voice@nifty.com (伊藤)

まで、ご連絡ください。

お名前と必ずPCからのメールが着信するメールアドレスをご連絡ください。
携帯やスマホなどで、PCからのメールが着信しない設定になっていて、稀にわたしからのメールが届かないことがありますので、ご注意ください。

ご返信までに数日を要することもありますが、どうぞよろしくお願いいたします

(特に4月30日から5月5日までは韓国公演で日本におりません。メールがつながりにくくなりますので、ご了承ください)。














5


« 震災の際の寄付について | トップページ | 奈良ムジークフェスタ、初出演です。 »

Concerts (演奏会などの情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月28日、久々の「笙の響きと雅楽の愉しみ」!:

« 震災の際の寄付について | トップページ | 奈良ムジークフェスタ、初出演です。 »