« コンサート、楽しみです♪ | トップページ | お恥ずかしいお詫び »

2015年7月22日 (水)

最終リハ終えて

久々の毎日新聞社7階ホールでのリハ。

相変わらず、残響が「尋常でないくらい」に長いホールです。
ここでしたら、笙1管とあと何か、の楽器で精一杯。
残響が長過ぎる、言わば音楽ホールとしては、「ダメ」なホールかもしれません(笑)。
ですが、雅楽器には自然なエコーがかかり、ちょうどいい感じです。
また、倍音がものすごくよく乗って、それがここちよい。
昨日は笛の音がきれいに聴こえ過ぎて、聴き込んでしまい、うっかり暗譜を落としました(笑)。
また、倍音が強いからこそ、日本的な「間」というものが保たれる、という尺八演奏家の中村明一さんの説、以前から「そう、そう!」と共感していましたが、改めて大きくうなずいてしまいました。
龍笛の感じで、相手がどういう間合いで吹いているのか、手に取るように分かる。
倍音のおかげです。
そして今、声明の「迦陀」に笙をあてさせていただいていますが、これは、まさに「極楽浄土」。
こういった音が古の時代には京都のあちこちで響いていたのでしょう。
祈りの想いをのせて、お寺だけでなく、さまざまな場でも唱えられていたのでしょう。
至福の時間を皆様と共有できますように。
7月25日はどうぞよろしくお願いいたします。


« コンサート、楽しみです♪ | トップページ | お恥ずかしいお詫び »

Concerts (演奏会などの情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最終リハ終えて:

« コンサート、楽しみです♪ | トップページ | お恥ずかしいお詫び »