« 地震、大きかったみたいですね。 | トップページ | 明日は、 »

2015年5月31日 (日)

五感を広げる

前のブログ記事の続きです。

(と、いいますか、五感の話で思い出しました、笑)。
先日、東京の笙の生徒さんと、なぜか竽(う)の話になり、「竽だったら、わたしも自分のCDで使っていますよ」とお話しましたら、「そうでしたっけ! 帰ったらすぐに聞き直します!」とおっしゃっていました。

わたしより年配のかたですが、子供の頃から笙に憧れていたそうです。
わたしがCD「祈りの海へ・・・」をリリースしたときに、地元の朝日新聞の記事になったのです。
その記事を頼りに、わたしのところにお稽古に来られたかたです。
昨日、そのかたから丁寧なメールをいただきました。
内容は、久々にCDを聴いてみて、お稽古を受け続けていて、

「ご指導いただいた時間の長さだけ、以前とは違う鑑賞ができるように思いました。ありがたいことです」とありました。

そうなんですよね。。。五感が開けてくると、世界観が変わるのです

大げさな表現ではなく。

関知できる世界が変わる訳ですから。

これは意識して変われる部分ではないので、その変化に気がつくと、自分でもどきっとします。前の記事でいえば、「可聴範囲」などが変わる訳ですね。

極端な場合、人に聴こえないものが聴こえたりして、そういう人は、やや「別世界」に住んでいる。地震が予知できたりするのですが、それは予知というよりは、確かな現実です。
さて、竽が入っている曲に関しては「パイプオルガンのようです。改めてすばらしいと聞き惚れてしまいました」とあり、嬉しくなりました。
で、竽をメインとした、自分のCDのなかの「ユニコーン」(あ、これがまた、「ユニコーン=一角獣」、、、前の記事とかぶりますね!)、久々によいヘッドフォンで聴いていて、、、

ふと、


涙が出そうになりました。
えーーーっ、自分のCDで今更、涙を流す!?( Д) ゚ ゚

それって、恥ずかしくない?(/ω\)

と、思ったのですが(笑)、この半月、父の病院の事やら何やらで、やはり、相当に参っていたのです。。。
すーっと心に染み渡るように音が、心に入ってきました。

このときの共演者の野津さん、感謝再び、です。。。
この曲はほぼ即興ですが、わたしは竽、野津さんは笙で、合の手を入れてくださいました。
で、その後わたしのほうで多重録音を加えています。
わたしも、知らないうちに、相当な疲れが溜っているようです。。。
で、疲れているヒトにはおススメです。CD「祈りの海へ・・・」
もう、自分で、てらいなく、臆面なく、勧めちゃいます。。。


笙を核にして、江原啓之さんのすばらしい朗読、高橋全さんのピアノ、楽部の松井北斗先生の笙など、まったく異ジャンルの人たちにご参加いただいた、不思議なCDです。

頑張り過ぎて、心が疲れているヒトに、おススメしたいCDであります。
音楽の、妙に玄人的なものを求めているヒトには、決しておススメいたしません(笑)。

音楽のプロではなくて、一般の人たちに聴いていただいて、「笙って、きれい、面白い」と思っていただけるような内容と構成にしました。
東京の、武蔵野楽器さんでも、お取り扱いありますヨ。
わたしも扱っておりますが、6月3日が終わるまで、そっとしておいてやってください(笑)。
3日には京都でスタンフォード大の生徒さんたちに雅楽の講義をします。

今回で2回目ながら、これも、なかなかなプレッシャーとなっております(笑)。

もう一度ユニコーンを聴いて、再び資料作りに取り組みたいと思います!(`_´)ゞ


CD詳細↓
http://www.eriito.com/#!youtube-sound-cloud/cjg9


« 地震、大きかったみたいですね。 | トップページ | 明日は、 »

日々ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五感を広げる:

« 地震、大きかったみたいですね。 | トップページ | 明日は、 »