« なんと、緊急で山形に来ております! | トップページ | ちょっとしたコンサート »

2015年5月17日 (日)

昨晩、奈良に戻りました。

山形から約7時間半。

新潟に出て、新潟から東京。
東京からは毎月の移動で慣れている、東海道新幹線で京都、そして奈良。
ほぼ1日電車のなかでした。
メールやお電話で励ましや心配のお言葉をいただいて、本当にありがとうございます! 

急に何かあった場合、皆さまのお稽古の予定などなどが変わりますので、父の病気のことは、最初は伏せておこうかと思いましたが、敢えて書くことにしました。
昨年6月に心筋梗塞で倒れ、約1年。
だいぶよくなってきたものの、やはり「のど元過ぎれば〜」のたとえではありませんが、やや養生を欠いた生活になっていたようです。
どうしても旅行に行きたい、ということでご近所の人たちと出羽三山のツアーに出ていた矢先のことでした。

少しは懲りてください、お父さん

病院側でも、救急車で運ばれてきたときに顔がどんどんどす黒くなっていくので、「もうだめかも」、と思われたそうです。
幸い、運ばれた病院はとても設備が整った大病院で、お医者様の処置も適切だったようで、一命をとりとめました。
ところが。
ようやくわたしたちも安心しだした頃、突然わたしの携帯が鳴りました。
担当のお医者様からで、「自分はもうどこも悪くないから、帰りたい、なぜ拘束するのか」と騒ぎ出したとのこと。

お父さん、無茶を言わないでください


即妹と病院に向かい(わたし達はここ数日、病院の近くにホテルをとって待機していました)、お願いだから、しっかり治してから戻ってきて〜、ということを切々と父に訴えました。
ただ、昨日はICUからすでに一般病棟に移ることができ、想像もしなかったくらいに回復が早く、ほっとしています。
今日はJEUGIAミュージックサロン、また週末から東京教室ですが、幸い変更なくお稽古できそうです。
父の無事を祈っていてくださった皆様、ご心配をおかけしました。
本当に、ありがとうございました。

さて、お待たせしていました第6回「笙の響きと雅楽の愉しみ」レクチャーコンサートは7月25日に決まりました(於・毎日新聞社京都支局)。
時間は未定ですが、決まり次第アップさせていただきます。
今回は「仏教と雅楽」(仮題)をテーマとしてお話と演奏(龍笛1管と笙)をお聴きいただく予定です。
5回が終わってからだいぶお待たせしてしまいましたが、さらにパワーアップしてお届けいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。


« なんと、緊急で山形に来ております! | トップページ | ちょっとしたコンサート »

日々ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨晩、奈良に戻りました。:

« なんと、緊急で山形に来ております! | トップページ | ちょっとしたコンサート »