« こちらもアップ。。。盤渉調調子九句 | トップページ | 近鉄特急で移動中 »

2014年11月14日 (金)

昨晩、奈良に戻りました。

「心を亡くす」と書いて「忙しい」?

心があって、忙しいのが、一番です(笑)。

「暇」は、「隙」につながります。

今月は、芝先生のゲネプロに出てからその足で東京に行く予定でしたが、風邪気味でダウン。翌朝、東京のお稽古トップの生徒さんの予定に合わせて新幹線で東京へ。

滞在中に、6月に心筋梗塞で倒れた父の定期検診で病院の付き添い。
予定の時間に行っても、11人待ちですよ ( Д) ゚ ゚
薬の副作用なのか、父の記憶がだんだんとぼけてきて、減薬していただきたいのですが、そういった話やご相談は一切できない先生。

現在8種類の薬が出ていて、先日、さらに1種類の薬を追加されて、こちらはげんなり。。。

大量の薬の説明書きをよく読んでみましたら、なんと服用後に「車の運転をしないように」との但し書きがあるものが2種 ( Д) ゚ ゚

なんの注意も受けていませんでしたので、父は普通に車の運転をしています。
高齢者ですから、あれほど大量の薬の、細かい字の説明書きなんて読めません。。。

家族で、「転院も考えよう」、と話しています。

さて、10月の「笙の響きと雅楽の愉しみ」レクチャーコンサート。
第5回、無事に終了しました。

P1010249_3



















遠くは静岡や飛騨からもご来場いただいています。
わたしの生徒さんですが、3回連続で、長野からご来場いただいているかたも。

笙単独のコンサートはやはり珍しく、また、わたしの「普及に力をいれている」活動にも、興味を持ってくださっているかたがた多いことを実感しました。

来年度の構想をなんとなく、ですが練っています。
「普及」に関しては、今の勢いでは、難しいと感じています。

「普及」には「勢い」とか「タイミング」が必要です。
「想いの強さ」とか、そこから結びつく「ご縁」でしょうか。

いろいろなアイディアを取捨選択しながら、構想をまとめていこうと思います。

今後も他ジャンルとのコラボレーションと古典を2輪として、進んでいくつもりです。

その他、いろいろ企画しているのですが。。。
構想が遠大過ぎて、まだまだ公表には至れません。。。

正倉院展は、前日に講義を受けたこともあって、例年以上に、さらに熱い熱い思いで観覧。
今年は東京から出てきた、天倉さんというプロのドラマーさんと一緒に観ました。
天倉さんも、もうすっかりはまってましたね〜

↓写真は正倉院の「正倉」、つまり建物のほうです。長きにわたる修理を経て、今年の秋から見られるようになりました。中はもちろん、見ることはできませんが、前日の講義で写真はしっかり拝見 1300年も経っているヒノキの木材とは思えないくらい、木目がきれいなのだそうです!!

P1010275

奈良時代の人たちのインターナショナルな美意識、大好きです。
わたしたちが「和」と思っているものは、実は直近の「江戸時代の江戸文化」が圧倒的に多いのですが、そのずっと前の平安時代の文化の、礎(いしずえ)となったのが奈良の文化。

欧米文化が入ってきて150年。
その他の国の文化も混じり合ってアメリカ一国の「グローバリゼーション」にやられつつも「やりかえし」(笑)、様々に形が変わってきている日本文化。

そんななか、来月にはまた、NEXCO西日本の検討委員会が行われます。
高速道路の建設は、鵜殿のヨシ原を守りきれるのか?

まだ、なんの方策も見つかっておらず、検討委員会に出席するたびに、途方に暮れるばかりです。

そう、激動の世界情勢にあっては、雅楽も政治と無縁ではいられなくなってきました。
政治家が音楽家でもあった、平安時代ならいざ知らず、今の政治は経済(お金)一辺倒で動いているのは、○んぱつ事故の事後処理を見ても明らか。

考えてみれば、雅楽は特に、「自然環境」があっての伝統、音楽。
シンセやキーボードのように、人工の素材から音をつくる楽器ではありません。

「自然環境」が破壊され続ける今の世にあっては、弱体化していくのも無理ないと思います。。。

今後は自分の活動とともに、自然保護の運動なども平行してやっていきたいのです。。。

かと言って、今の世の中で「テクノロジー」を完全否定してしまうのも、アホなお話

前の世にはないものをつくり出せる可能性を生きていくのは、今を生きる人たちにしか、できないことですから!

東京滞在中に、駆け足で聴いてきた、マリオ・ブルネロのチェロコンサート。

17世紀の作品から現代曲まで幅広いレパートリーでの演奏でしたが、興味があったのはipadを使ったパフォーマンス。

実際に行ってみたら、iphoneだったのですが

でも、面白かったです

ただ、あのジャンルでしたら、やはりライブ系のミュージシャンのほうが、やっていることのクオリティーは、だんぜん高いと思いました(スミマセン、ブルネロさん! でも十分な機材もない、クラシック系の音楽ホールでしたしね)。

でも、チェロの演奏自体が「あのクオリティー」ですから、もちろんパフォーマンスとしてはすごかったです。

クラッシックやアカデミックなフィールドで活躍している音楽家も、だんだんとシンセやらエフェクターやら、自分の音楽の世界に導入してきていますね。

例えば、ネットなどで、ヨーロッパの大学教授でもあるフルート奏者がエフェクターをたくさん使って演奏している映像などもお見かけしました。

面白い時代だと思います。

さて、明日はJEUGIAミュージックサロン京都駅でお稽古、その後、和歌山の丹生都比売神社様にとびます。

和歌山一泊後、その足で、京都音輪会の練習に出られるかどうか。。。

お話をレクチャーコンサートシリーズ「笙の響きと雅楽の愉しみ」に戻しますが、第6回はおそらくこの勢いですと2月になると思います。次回はできれば仏教と雅楽の関連で何かお話と演奏ができれば、と思っています。

↓第5回は珍しくメガネをかけていました(笑)。

いつもコンサートのときに陰で支えてくださっている、生徒さんのひとり、堀さんと。
笙の勉強も着々と進んでいるかたで、1年ちょっとで青海波、調子なども吹けるようになってきました。今は、喜春楽に挑戦中!

P1010265

次回もどうぞよろしくお願いいたします。

official web site: http://www.eriito.com/


« こちらもアップ。。。盤渉調調子九句 | トップページ | 近鉄特急で移動中 »

日々ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨晩、奈良に戻りました。:

« こちらもアップ。。。盤渉調調子九句 | トップページ | 近鉄特急で移動中 »