« 近況あれこれ | トップページ | さて、 »

2014年7月 1日 (火)

コンサートのご感想をいただきました。

過去の京都・レクチャーコンサートにご来場いただいたかたから、再度のお申し込み&ご感想をいただきました。

ご本人のご許可をいただきましたので、ご掲載させていただきますね。

自分でも試行錯誤を繰り返しながら演奏していますので、このようなご感想はとても励みになります。

五線紙上では、きれいに響くはずのない音が、きれいに響くーーこのところ何人かのかたが、このことに気がついて、かなり正確に言い当ててくださっているで、嬉しい限りです。

音楽は、最終的には「自分がいいと思えば、いい」ものなのかもしれません

でも、一人でも、二人でも、同時代に感覚を共有できる人がいると、勇気100倍。

(そのことについて、シンディー・ローバーが、面白い話をしていて。。。また書く機会がありましたら、書きますね)。

**********************************

レクチャーコンサートvol.2の感想です。
(vol.3は都合がつかず欠席)

合奏ではなく
笙の音だけを生でじっくりと聴いたのは初めてでしたが
一番印象に残ったのは正調音階の和音の心地よさでした。
2度でぶつかる和音も
全く違和感なく心地よく聴こえる感覚は
他の和音楽器では体験したことのないもので、
これまで頭では分かっているつもりだった正調音階を
体感できた気がしました。

チューニング調整が大変だと思いますが
それだけの価値があるものですね。

また拝聴しに伺いますので
どうぞよろしくお願い致します。

********************************************

コンサート情報はこちら↓

★=★=★=★=★=★=★=★=★
Beyond boundaries (境界を越えて)
Reed organ, piano & Japanese sho

伊藤えり(笙)& 上畑正和(リードオルガン、ピアノ)

● 7月25日(金)
開場18:30 開演19:00
「笙とオルガン、ピアノとの出会い」
Sho meets reed organ and piano
ピアノやオルガン、雅楽器・笙とのユニークなコラボ。それぞれのソロ、即興演奏など
もあります。
洋楽、邦楽、ポップス、古典などのジャンルを越えた音楽をお楽しみください。
●会場:旧グッゲンハイム邸   
(神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17)
(JR / 山陽塩屋駅徒歩5分)
●入場料:一般3,000円 学生2,000円 小学生以下無料

●2014年7月26日(土)
開場:16:30 開演:17:00
レクチャーコンサート「笙の響きと雅楽の愉しみ vol.4 再びリードオルガンと」
笙とオルガンに関するレクチャーと演奏をお楽しみください。
何かとミステリアスなところが多い楽器、笙ですが、その構造などについて詳しく解説
いたします。
*こちらの会場ではピアノの演奏はございませんのでご注意ください。
●会場:毎日新聞社京都支局7階ホール(京都市上京区河原町通丸太町上る西入錦砂町2
85)
京阪鴨東線 神宮丸太町駅1番出口 西へ徒歩5分
市営地下鉄烏丸線 丸太町駅1番出口 東へ徒歩10分
市営地下鉄東西線 京都市役所前駅 北へ徒歩10分

●入場料:一般 前売2,500円(当日3,000円) 学生 2,000円(当日も同じ) 小学生以
下無料

●両コンサートともお申込み・お問い合わせは
tel:(080)6551-1376 (伊藤)
mail: for_solo_voice@nifty.com (伊藤)
*学生さんは当日、学生証などをお持ちください。
*必ずご氏名を明記の上、パソコンからのメールが受信可能なアドレスをご連絡くださ
い。
☆=★=☆=★=☆=★=☆

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 


« 近況あれこれ | トップページ | さて、 »

Concerts (演奏会などの情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンサートのご感想をいただきました。:

« 近況あれこれ | トップページ | さて、 »