« 過去の、記憶の再生 | トップページ | 本日より東京教室です »

2014年2月17日 (月)

楽器の不思議

この話は以前にも書いたかもしれませんが。

同時期に樹脂管(通称、プラ管)の笙を購入されたおふたりがいました。
一人は普通に熱心な人、もうお一人はとりわけ熱心な人で、お稽古に通ってくれていました。

1年後ぐらいから、でしょうか。
ほとんど差がないと思っていた2管でしたが、音が変わってきたのです。

より練習している人の管のほうが(青石が落ちてきている、などのことは別にして)、響きがはっきりしてきたのです。

ご本人が楽器に馴染んできたから、、、ということももちろんあると思いますが、わたしが吹いてみても、二管の音、なんとなく違ってきていました。

スピーカーでもヘッドフォンでも、「エイジング」といって、わざと何百時間と音を鳴らしっぱなしにして音を良くすることがあるようです。

人と一緒に楽器も成長してくれる、なんて、なんともありがたいお話です。


« 過去の、記憶の再生 | トップページ | 本日より東京教室です »

笙・・・楽器に関して」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楽器の不思議:

« 過去の、記憶の再生 | トップページ | 本日より東京教室です »