« 12月7日コンサートのリハ終了 | トップページ | 2013年が過ぎていきます »

2013年12月 8日 (日)

無事終了

第2回、「笙の響きと雅楽の愉しみ 伊藤えりレクチャーコンサート」、無事に終了しました。

響き的に笙にぴったりなホールで、調子を演奏できるのは、無上の喜びです。

本当はコンサートホールとしての場所ではないのですが。

にも関わらず、会場を貸してくださっている毎日新聞社様、ありがたいです。。。

会場リハーサル中でも、オルガンの大森幹子先生と笙の息があってきて、思わず二人で「わー、きれい!」「きれいですね、楽しいですね♪」と言ってしまった瞬間がありました。

篳篥の大原孝宣さんとは、「それでは、これから越殿楽を」と笙を吹こうとして、わたしが盛んに温めていたのは、洋楽ピッチの笙。

古典ピッチの笙はすでに冷えきっていた。。。という失敗もありましたが、「では、越殿楽は第2部に」ということでなんとか乗り切りました。いつもはこのタイミングでこの笙を使うから、ここで温めて、というのは抜かりなく計算しているのですが。。。初めての失敗です。

トータルのプロデュースから、宣伝などをすべてひとりでやっているので、なかなか大変ですが、それでも今後の企画への新たな夢も湧いてきました。

今回は(ブログをずっとお読みくださっている皆様はご存知かと思いますが)、直前にわたしのメインPCがこわれ、しかも過去2ヶ月近くのデータが復旧できず、1回目のコンサートのときの記録がすべて吹き飛びました。

アンケートで、折角「今後の演奏会の案内希望」としてくださった皆様に連絡がとれず、申し訳ございませんでした。

直近のご案内にも関わらず、いらしてくださった皆様に感謝です。

また、午前中から会場設営、そして受付やCD販売などでご協力くださいました皆様、ありがとうございました。

支えてくださっている皆さまのお力なしには、コンサート、成立しませんから。。。

心から御礼を申し上げます。


« 12月7日コンサートのリハ終了 | トップページ | 2013年が過ぎていきます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無事終了:

« 12月7日コンサートのリハ終了 | トップページ | 2013年が過ぎていきます »