« 11月9日(土) | トップページ | きみきみっ! »

2013年11月 3日 (日)

12月7日(土)再び京都でコンサート

京都毎日新聞社7階ホールでのコンサート。
第2回目となります。

29

リードオルガンの大森幹子先生をゲストにお迎えして。

今回は笙の内部の構造などもお見せしながら、笙の合竹(和音)とフランスの近代音楽との類似点などを詳しくご紹介します。

構造上はまったくの「近い親戚筋」にあたる、リードオルガンの音と聴き比べていただくことで、またいろいろな発見があるかと思います。

「地球上にまだこんな物が遺っていたのか」とは、フランスの大ピアニスト、A. コルトーの言葉。今から60年ほど前に、コルトーを驚嘆させた音楽を、日本人の大半がまだ知りません。

Photo

コルトーさんには、笙のソロもお聴きいただきたかったな、と思います。
























チケットのお申し込みは

 for_solo_voice@nifty.com

まで。必ず、PCからのメールが届くメールアドレスで、ご連絡ください。

よろしくお願いいたします。


« 11月9日(土) | トップページ | きみきみっ! »

Concerts (演奏会などの情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月7日(土)再び京都でコンサート:

« 11月9日(土) | トップページ | きみきみっ! »