« すごくいい音の楽器! | トップページ | 「ピュタゴラス律」の話 »

2013年9月30日 (月)

「笙の響きと雅楽の愉しみ」次回、12月7日に決定です。

第1回「笙の響きと雅楽の愉しみ」レクチャーコンサートは10月19日。

第2回の日程が決まりました。
12月7日、会場は同じく毎日新聞社京都支局7階ホール。

第2回は、共演者をお迎えします。
この会場との出会いのご縁を作ってくださった、リードオルガン奏者の大森幹子先生。

第1回目は「ピュタゴラス音律」のお話が中心となりますが、笙の、雅楽のなかでの音の役割、響きの秘密(必聴!)などなど、多分他では聴けないお話をたくさんいたします。

陪臚の笙の独奏、続いて、「合奏ではどうなっているのか?」ということで、竜笛と陪臚の合奏もお聴かせします。

普段、篳篥の音にかきけされてしまう?、といいますか、和音なので、合奏の「背景」に回ってしまう、笙の音の役割をぜひ、「耳で」確認されてみてください。

よろしくお願いいたします。

入場ご希望のかたは →  for_solo_voice@nifty.com (伊藤)まで。


ご来場者の氏名(2名以上の場合は、全員のお名前をフルネームでお願いします)をご記入の上、必ずPCからのメールが届く設定になっているメールから、ご連絡ください。

特に携帯のメールは、最初からPCからのメールが届かない設定になっていることも多いので、ご注意ください!

よろしくお願いいたします。





« すごくいい音の楽器! | トップページ | 「ピュタゴラス律」の話 »

Concerts (演奏会などの情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「笙の響きと雅楽の愉しみ」次回、12月7日に決定です。:

« すごくいい音の楽器! | トップページ | 「ピュタゴラス律」の話 »