« 若い人は勘がよい、でも、 | トップページ | 10月19日 コンサート会場 »

2013年8月26日 (月)

楽器はご縁

某所で、まったく偶然に、小さな本煤の笙に出会いました。

楽師の先生が切られたリードがついていて、お値段はわたしが想像した額の半額。

わたしがお金があったら、買いたいぐらいの楽器だったのですが、ちょうど生徒さんの楽器を探していたこともあって、そのかたにご紹介したところ、大変に気にいられ、ご購入、ということに相成りました。

その後、メールをいただいたのですが、よい笙が手に入った感激とともに、その笙に入っていた絵柄とのご縁のことを書き綴ってくださいました。

わたしもなんだか鳥肌がたつような思いがしました。

不思議と、楽器はきちんと行くべきところ、納まるべきところに納まるようです。


« 若い人は勘がよい、でも、 | トップページ | 10月19日 コンサート会場 »

笙・・・楽器に関して」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楽器はご縁:

« 若い人は勘がよい、でも、 | トップページ | 10月19日 コンサート会場 »