« 気が抜けない | トップページ | 音律のこと(3) 注意!笙に関する音律の話です。 »

2013年2月28日 (木)

音律のこと(2)

ピュタゴラス音律、って名前だけ知っていてもだめで(笑)。

以外と、マルチテンペラメントのチューナーで基音430にして、「PG」表示にして、使っている「だけ」の人もいるようで、びっくり∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

また、ピュタゴラス音律だと3度音程はぼろぼろ、かと思っていたのですが、そうでもないみたいですね。。。

ただ、笙の調律法だと、結構「いけてる」3度は、也とか毛にリードをつけたときのほうができやすいようで。。。

「ウルフ」が出る位置を変えて調律してみたら、どうなるのだろうか!!!

今日はチューナーのメーカーのコルグさんにまで電話をかけて質問してしまいました。

一応、雅楽の笙の演奏をしているものですが、と断ったものの、、、名前を言うのを忘れました(問い合わせで、名前を言わない人を嫌うわたしなのに、、、とほ)。

電話に出た人は、非常に丁寧に答えてくださり、しかも音律にかなり詳しい人で(当然か)、質問の意味も理解してくださいました。

大体は納得がいったところも多かったものの、解けなかったところ、そして新たな疑問点も。

どうせ、外で舞楽なんて吹いているときは、そんなにピッチなんて関係ないんじゃない?というおおらかな人もいらっしゃるかもしれません。

ただ、ピュタゴラス音律って、言ってみれば、一番、「原始的」な調律法。

だからこそ、ぴったりあわせられるはずだし、何より、昔の雅楽の録音を聴いていると、笙の音がぴたーっと、少しもピッチがうねらず、もうぴたーっと聴こえてくるのが、すごい!と思えて。。。

要は、きれいに聴こえれば、よいのです。
チューナーぴたっりだと、返っておかしくなることもあります。

と、簡単に書きますが。。。

まずは青石をするところから、というのが笙のつらいところであります(´・ω・`)



« 気が抜けない | トップページ | 音律のこと(3) 注意!笙に関する音律の話です。 »

笙・・・楽器に関して」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音律のこと(2):

« 気が抜けない | トップページ | 音律のこと(3) 注意!笙に関する音律の話です。 »