« 本日は、 | トップページ | 人間は、 »

2012年3月 7日 (水)

今日で上七日が

東大寺修二会。

本行は14日間にもわたる長い長い行ですが、今日で前半、上七日が終了します。
本日は小観音さんの出御の日です。

先日、京都でのお稽古のあと、軽食をとって駆け足で東大寺に行って参りました。
「実忠忌」の開始時間に余裕で間に合うかと思いましたが、近鉄奈良駅から、東大寺二月堂、やはり遠いです。

小走りに走っても40分 
外陣に居場所を求めて座ったときには汗が吹き出てきて、思わずコートを脱ぎました。

気温はかなりこの季節にしては暖かく、雨もそれほど気にならず、鬼神をも蹴散らすような朗々たる声明の音、法具の音、法螺貝の音に、浸るようにして、しばし聴き入りました。

久しぶりの、油が燃える臭い。。。

とろとろと、時が流れていく。。。

この、「とろとろとした」時間を感じられるだけでも、どれだけ幸せかわかりません。

わずか1時間で、失礼しましたが、澄み切った空気を深く深く呼吸しました。

20代のとき、もっとも深く影響を受けたのは、この修二会と、アンドレイ・タルコフスキーの映画ですが、タルコフスキーの映画と、どこかで修二会はつながっているように思うのです。

火と水の、秘技。原初的な、超越的な(あるいは、超越的であろうとする)時間。

タルコフスキーさんに、見せてあげたかった、と心底思っています。




« 本日は、 | トップページ | 人間は、 »

日々ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日は、 | トップページ | 人間は、 »