« 駅なかで | トップページ | 映画「紫」を観てきました。 »

2012年2月12日 (日)

春鶯囀

2月22日、「春鶯囀壱具」のCDが過去のレコードのリマスタリングで発売となるようです。
大いに期待しています。

わたしが大阪楽所に入会を決めた理由のひとつが、今年の演奏会で春鶯囀壱具を演奏する、と伺ったから、です。。。

大曲壱具を通しで演奏する機会は、民間の人間にも、そして楽師の先生でも、そうそうありません。おそらく一生に一度、ということがほとんどだと思います。

今度発売となる、紫絃会の演奏によるCDの原盤(LP)は、芸大の音研センターで何度も聴いていました。カセットテープにダビングしたものは手元にあります。

この演奏は、とにかくすごいのです。

何度聴いても、感動があります。

演奏者が、深く感動しながら、このレコーディングに関わっていることが、音から伝わってくきます。

今は、もう誰も、こんな演奏はできないと思います。

「力量」の問題だけでなく、

時代の勢い、雅楽がずっと不遇だった時代に、大変な技量をお持ちの先生方が、なんとかこの素晴らしい音の世界を世に伝えようとしていた勢いも、写し取られているのではないか、と思います。

アナログ音源をデジタル化することで、魅力が半減しないといいのですが。。。
でも、こんな演奏があったことを後世に伝えられる意義は大きいです。

楽しみにしています。

3月1日の京王プラザホテルでは、この春鶯囀のなかから2曲、遊声と入破を演奏させていただきます。。。

大阪楽所演奏会は6月2日(土)。
大阪国立文楽劇場にて。
なんと、この舞台では舞も壱具で舞われます!

必見・必聴です。
どうぞよろしくお願いいたします!


« 駅なかで | トップページ | 映画「紫」を観てきました。 »

Concerts (演奏会などの情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 駅なかで | トップページ | 映画「紫」を観てきました。 »