« 奇跡! | トップページ | 奇跡3 »

2011年12月 8日 (木)

奇跡2

奇跡2
どうしても二月堂に行きたくなって、雨のなかを出かけていきました。
二月堂の裏道を回ると、なんだか雨だというのに、人が多い。。。

観光客にしては、おかしい。
それにこちらのほうは普段でも人が少ないのに。この寒い雨のなか。。。
何だろう。。。

なんと、発見されたばかりの遺跡の公開をしていました。
東大寺が創建された当時の遺跡と、瓦!
いったん博物館、美術館に入ってしまったら、ガラスケース越しにしか見られません。
それが、ごろんごろん、机の上に展示されていました。

本日限り。

数日前の新聞に、今回の発見と、今日の公開のことが出ていたのだそうです。
わたしはまったく知らず、偶然に通りかかってしまい、この貴重な公開に居合わせることができました。

正倉院展で展示されている品々と同じくらいに貴重な発掘物です。
それが、こんなに携帯で、至近距離で写真を撮らせていただけるくらいに近くで拝見することができました。

野外に小さなテントが張られ、わずかに数点だけ、でしたが、発掘された瓦、一番最初の大仏さん(大仏は何度か焼け落ちたりして、修復されています)を鋳造したときの(!)、銅のくずや粒なども、無造作に机の上に置かれていました。

写真の瓦の模様、ラインの高度で複雑な立体感、創建当時の瓦、とにかくすごいです。
他の時代の瓦も置いてあったのですが、ラインそのものが単純で同じ太さなんです。。。

平瓦で11万枚、丸瓦で確か2万枚(とおっしゃっていましたか、、、)、作られたのだそうです。。。

瓦なんて、ほとんど見えないのに。。。
この素晴らしい装飾って。。。

どうしてこんなに凝った、きれいなデザインを施して。。。


« 奇跡! | トップページ | 奇跡3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奇跡! | トップページ | 奇跡3 »