« you tube 映像を作ってみました。 | トップページ | 2万4000年後のわたしたちの子孫と地球へ »

2011年5月 6日 (金)

東電、その他の電力会社が

今の事故を少しでも早く収束するためなら、また今後起こりうる事故を食い止めるためなら、国民に負担のつけが回ってきても仕方がないと思います(それには、もちろん国民を納得させることができる、良心的かつ詳細な説明の努力が必要)。

関東大震災後、防災を中心としたすばらしい都市づくりの構想があったのにも関わらず、それは「予算」を理由に潰されてしまいました。

今、東電、そしてその他の電力会社が「予算がない」ことを理由に、中途半端な対応しかできなくなったら、大変なことになります。東電の責任を追求している場合ではありません。。。

東電も役員報酬をすべてカットするくらいの気持ちで、全国民の力を借りてもいいと思います。(もちろん、本当は、「私財を投げ打って〜!」と言いたいです、はい。でも人を責めても始まらないですから。。。)

わたしたちすべてが、電力の恩恵は受けていて、今も受けているのですから。
電力の値上げも、今の状況下では仕方ないのかもしれませんが、上げた分の使途は必ず明確にしてくださいねっ!


« you tube 映像を作ってみました。 | トップページ | 2万4000年後のわたしたちの子孫と地球へ »

日々ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« you tube 映像を作ってみました。 | トップページ | 2万4000年後のわたしたちの子孫と地球へ »