« 農地を | トップページ | 朝焼け »

2011年5月21日 (土)

奈良だより1 5月19日唐招提寺

Img_0419

立派です。暖かさのなかにも、揺るぎない厳格さを感じさせるお寺です。
ぽやっとした空間がない。。。隙がない、きっちりとした感じのお寺です。

ただ、暖かさと信仰の深さが感じられて。。。
すごく好きなお寺のひとつになりました。

Img_0422

金堂の講堂に挟まれるようにして。。。

舞台ができていました。。。

Img_0436_2








陪臚。

Img_0435











陪臚は装束が華やかでいいですね。

舞振りは東京の舞楽とはかなり異なっていました。

Img_0439







黄色い蛮絵装束。
登殿楽でした。

陪臚の前に振鉾があり、二節(高麗笛)からはじまったので、???と思ったのです。

右方の曲が2曲だったので、二節のみにされたのでしょう。

四臈の男の子が、かわいい。

Img_0440

頑張っていたのですが、、、途中、最後のほうで、わからなくなっちゃいました(笑)。大きくなったら、立派な舞人さんになることでしょう。

もしかしたら上臈のどちらかがお父さんだったりして? なんとものんびりしたムード。

ちなみに、これは法要のための舞楽ですから、講堂ではずっと法要が執り行われていました。

ときおり聴こえてくる声明や法具を使う音のなかでの舞楽。。。やはり感動的です。
声明だけでも、もうずっと聴いていたかった。

Img_0423_3

ハート型のうちわ。
著名人が揮毫したものは、蒔かないで飾ってあるようです。

wikiで調べてまた感動。そのままコピペしますが。。。

「唐招提寺を復興した覚盛上人を偲んで行われる行事。覚盛は殺生戒を守り、蚊も殺さなかったといわれ、その徳を偲んだ法華寺の尼僧がせめてうちわで蚊を払えるようにと霊前にうちわを供えたのが始まりといわれる。」

唐招提寺のうちわ、法華寺の尼僧さんからの「エール」だったんですね。
それが「ハート型」なんて。。。

ちなみに、うちわまきのうちわ拾いに参加するには、抽選券が必要でした!
わたしがいったときにはすでにその抽選券はなく。。。

さらに、「くじ引き」でいただいた、うちわを無料でいただける抽選にもはずれ。。。

結局1,000円でうちわを買ってきました。。。

厄を払える、魔法のうちわ。
大切にします。。。



« 農地を | トップページ | 朝焼け »

日々ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 農地を | トップページ | 朝焼け »