« 挫折?(笑) | トップページ | あの〜、 »

2011年4月11日 (月)

自分たちの空気と水、そして土

これで、リンク貼れるのかしら。ツイッターの世界はよくわからないので。。。

http://plixi.com/p/90984728

何度も、書こうかどうしようか迷っていました。
1度削除しましたが、やはり。。。

自分たちの空気と水に放射性物質が流れてくる恐れがあるのに、関心がない人が多いのは不思議です。
どの情報ソースが信頼できるのか、ということだけは、それぞれが押さえておいてください。。。(このブログを信頼して、ください、とはもちろんいいませんよ〜)。

1号炉の、温度と圧力が、微細ながら上昇を続けています。
つまり制御ができていない、ということです。
普通に、常識的に考えると、これは再爆発の可能性が高いということです。

炉の温度と圧力に関して、別の形のデータ(数値を3月12日から掲載した表)も見ましたが、温度と圧力の上昇は、数日前の大きな地震の結果ではなく、その前から制御できていませんでした(地震のあと、温度は急上昇しましたが)。

政府は即、データを出しません。
「混乱を避ける」ため、ですが、最初の爆発のときのことを思い返しても、そのために返って被害が大きくなっています。

情報があったかなかったか、で生死が分かれることもあります。
(津波が、いい例でした)。

再度の爆発があったら、どうするか、それぞれが自分がいる場所から、考えておいたほうがよさそうです。
飛散情報(予測)は、ドイツとノルウェーの気象台が出しています。
日本の気象庁は表に出さない方針、だそうです(・・・混乱を避けるためって、、、花粉症レベルの危険性の話ではないのですが、、、)。

風向きと雨には、どうかご注意ください。
風向きによっては、距離はあまり関係がなさそうです。


« 挫折?(笑) | トップページ | あの〜、 »

日々ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 挫折?(笑) | トップページ | あの〜、 »