« 交通情報はこちらを | トップページ | 東京文化会館の避難で学んだこと(1) »

2011年3月15日 (火)

原発の情報

「雨に当たらないように」というチェーンメールがたくさん出回っていて、それがチェーンメールであるから、信憑性が薄い、と考えるかたも多いようですが。

どの情報を信じるかはその人次第。
チェーンメールであっても、正しい情報が迅速に世を飛び交っていることだってあり得る訳です。ここ数年、クーデターやら何やらで盛んに活躍しているのはtwitterです。

例えばお医者様であって、チェルノブイリにも実際に関わってこられた、鎌田實さんのブログにも

「そして、わかめやとろろ昆布をお菓子のように皆でたべてはどうかと話した。放射能を含んだホットパーティクルを吸い込むと体内被爆するので、できたらマス クをつけてほしい。今夜もしかしたら雨が降るかもしれないので、雨にあたらないこと。空中にある放射能が雨で濃縮して落ちてくるので、最初の雨が一番危険 である。その雨にうたれないことが大事と伝えた。」

と、あります。これをどう解釈するかは、人それぞれ。

大げさ、と思う人と、真剣に取り組む人と。

ただ、これは退避勧告圏内にいる人に向けてのアドバイスです。

わたし自身は、他の情報と合わせ読んで、東京にいてもマスクと雨に当たらない、という注意はここ1週間、もしくはそれ以上、必要かと思います。

皆様、どうか賢明なご判断を。


« 交通情報はこちらを | トップページ | 東京文化会館の避難で学んだこと(1) »