« キーワード(メモ) | トップページ | またひとつ、、、 »

2010年11月14日 (日)

厚みのあるリードは、、、

たいがい、安定していて、しかも、扱いやすいです。

かたや、薄くて腰がないリードですと、軽く鳴りますが、ピッチが安定しないこともあります。。。

ただ、厚みのあるリードは、現代曲のときに困ります。

ピアニシモが非常に難しい。。。

ただ、これも、リードの切り方とか、材質とか、ふねの形とか、いろいろなことの影響を受けるので、一概には言えず。。。

そういうことを考えだすと、何管も楽器が欲しくなりますね

美学にこだわりだすと、キリがありません。。。


« キーワード(メモ) | トップページ | またひとつ、、、 »

笙・・・楽器に関して」カテゴリの記事