« 言霊というのは、、、 | トップページ | 今週は、、、 »

2010年10月23日 (土)

明日は。。。

本法寺様報恩講での奏楽です。

奈良での体験を活かして、音を鳴らしたい、、、と思います。

(お檀家の皆様のための法要ですので、一般のかたはご来場いただけませんので、ご注意ください)。

昨日は楽部の秋の演奏会がありました。
皇居は金曜日は大手門からしか入れないため、苦労します(楽部まで、ちょっと距離があるのです)。

思えば、芸大に入学して、一番初めの授業というのが、たまたまわたしの場合は「日本音楽史」でした。

そのときにまず、「皆さん、この演奏会を聴いてきてください」と、先生(蒲生美津子先生)がチケットをくださったのが、春の楽部の演奏会でした。
日本音楽史の根底にある「雅楽」の実物をまず体験させる、というのが先生の狙いだったのでしょう。

芝先生、宮田まゆみ先生の「雅楽」の授業を履修するちょっと前のこと。

生まれて初めて、皇居に足を踏み入れ、大手門からの長い道のりを(まだ着かないのかな〜)と思いながら楽部まで歩いていったのを覚えています。

あの一歩から、わたしの人生はまったく違ったものになってしまったように思います。



昨日、楽部の演奏会にお誘いしたかたは、雅楽はまったく初めてで、何を聴いても珍しいような雰囲気でした。

「雅楽初体験」のかたのご感想を伺うのは、こちらも勉強になり、また新鮮です。

20数年前のわたしとも重なり、、、なんとも意義深い1日、でした。

催馬楽は久々です。
更衣でした。

右舞は登殿楽で、左が賀殿の破と急だったのに対してやや軽く、ちょっと残念でした。。。
なぜ、出手をやらなかったのかな?
七拍子は(当然ですが!)、入れていましたが。。。

6回公演は先生方も大変なご負担かと思います。。。
明日で最終日ですね、ご無事に終えられることをお祈りしています。。。




« 言霊というのは、、、 | トップページ | 今週は、、、 »

日々ログ」カテゴリの記事