« 東大寺修二会(4) | トップページ | 笙奏者の悩み! »

2010年3月 7日 (日)

笙奏者の悩み・・・?

冬は楽器が冷えているのでなかなか音鳴りがよくなりません。

最近は広いスペースを借りて練習しに行くのですが、時間を節約するために、「保温器」は使いたいのです。ふだんは楽器のためもあって、あまり利用しないのですが。

で、たとえば洋楽と古典の曲を練習するとして、

「笙2管」+「電気コンロ(会場にない場合)」+「延長コード」+「保温器」

この辺で、まず運ぶのに「体力」が要ります。

で、多重録音とかやりたい場合、

「録音機」+できたら「ノートパソコン(モバイルでないので、3キロ弱はある?)」+「ミニスピーカー」。

この辺で要「体力」+「気力」。

さらに譜面を整理していないと、大量の譜面。
さらに笙のピッチが不安定なら、「調律の道具」+「チューナー」。

もし、舞も練習したいし・・・と思うと、

「練習用絲鞋」+「ビデオカメラ」(エブリオ、軽くていいのですが・・・)。

この辺で「体力」+「気力」+「忍耐力」。
はあはあ。

・・・で、これらをどうまとめて、安全に持っていこう?と悩んでいるうちに、疲れてしまう。。。

おととし、CDの録音直前には、わたしはこれらに加えて「竽」を持っていったりしていたので、いったい、どうやって運んでいたのだろう???と思います。

あのときの怪力は並みではなかった!
必死でしたからね~。

車の運転はできないし。。。自転車で運んだりもしていますが、基本的にかなり、危ない。
わたしではなくて、楽器が(笑)。

広くて「三間四方」(雅楽の舞台の標準サイズ)がフルに取れる、とまではいかなくても、ある程度の音量で音出しができるところに引っ越したいです。

いっそ小田原あたりに行こうかしら。。。
暖かくて空気のきれいな場所、ご存知のかたはどうか、教えてください。。。


« 東大寺修二会(4) | トップページ | 笙奏者の悩み! »

日々ログ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笙奏者の悩み・・・?:

« 東大寺修二会(4) | トップページ | 笙奏者の悩み! »