« 鶴岡八幡宮 御神楽 (2)馬場光子先生講演 | トップページ | 明日は国技館です・・・ »

2009年12月20日 (日)

大「変」な世の中(芸術文化活動は仕分けられてしまいました)。

これはひどいです。

http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/h-kekka/pdf/nov11kekka/3-4.pdf

友達からメールで回ってきたのですが、「国が子供のためだけに事業をするのは必然性にかける」とか。

えっ、子供をなめていない?(笑)。
いえいえ、まじめな話です。
将来は国を支える「人たち」です。

国だからこそやれる、「子供のための事業」をしてほしいです。

「子供に歌舞伎やオペラや雅楽など、贅沢、もってのほか」という「大人な」思考なのでしょうか?

そのほか、気になることは多々ありますが・・・

ここで削られた予算、どこにいくのでしょうね?

大いに「変な」国になりそうです。。。


« 鶴岡八幡宮 御神楽 (2)馬場光子先生講演 | トップページ | 明日は国技館です・・・ »

日々ログ」カテゴリの記事

essay」カテゴリの記事