« コンサート徒然(2) | トップページ | 音を観て、、、世界が、観える。 »

2009年11月17日 (火)

コンサート徒然・・・(3)

いろいろな予感がすべて実現したコンサートでした(わたしの準備が遅れまくることも含め・・・汗)。

音の導きは大きいです。音の予感からすべてをつないでいったコンサート。

大きな夢をまどろむことは、現実を変えることにつながっていきます。。。

演奏終了後、ご挨拶のためにロビーに立った途端、たくさんの皆様に囲まれて激励の言葉やら、楽しかったです、清められました、これからもがんばってね、とお声がけいただいていたとき・・・知人でさえも、最初、誰が誰やら、わかりませんでした。

ええと誰だろう誰だろう、、、思い出すまでに数十秒もかかるんです。

ああ、終わったんだ、終わったんだ・・・お礼を、みなさまにお礼を・・・と思いながら、気が遠のきそうになりました。

数週間前に偶然、ライブで聴いたペルトの「鏡の中の鏡」。
佐々木さんのCDの「月の光」が偶然にも、D major だったこと。
偶然のようで、「魂がしかけた」「音の導き」のようにも感じられて。

わたしは本当に、、、音から遠のいて、数十年を過ごしていました。

わたしは、自分の音から逃げていたのです。

今、逃げるのを止めたとき、、、ようやく回路がつながって、音から世界が開かれていきます。。。

本当に、手を伸ばせばそこにあった。。。数ヶ月前に読んだ、高木正勝さんのエッセイを思い出しつつ、ありがとう、という言葉がこだまのように、心に響きわたっていきます。。。


« コンサート徒然(2) | トップページ | 音を観て、、、世界が、観える。 »

日々ログ」カテゴリの記事