« コンサート徒然、、、 | トップページ | コンサート徒然・・・(3) »

2009年11月17日 (火)

コンサート徒然(2)

楽しかった!の一言につきますが、この楽しさはお客様にも伝わったようです。

「月の光」もよかったみたいですね。。。嬉しいです。この曲もとても苦労しました。でも、思い切って気持ちよく(いさぎよく)当日は吹けました。佐々木さんのハープのエレガントだっこと!技量や表現力だけでなく、音楽観そのものがとても高い人だと思います。。。

ハープのような楽器との共演のなかで、笙をいかに歌わせるか。とても刺激的で影響を受けました。佐々木さんの音は一絃一絃が深く歌っています。つるっとした笙の音で、どう受けるか。。。でも、佐々木さんの場合は、委ねたほうがうまくいくことが多いようです。

月の光、これはもう少し、作りこみをしたいです。。。

今回、ピアノの高橋さんにもっと弾いていただけなかったのが、とても残念でした。
いろいろな形でご提案させていただいたのですが、コンセプトや気持ちを、うまくお伝えすることができなくて、残念でなりません。

新しい作品では、今回は「去年を待ちながら」のみのご参加となりましたが、それでも「去年を待ちながら」は高橋さんのピアノが加わることで、さらに楽しい作品となりました。

笛の太田さんにも、大変にご苦労をおかけしましたが、長保楽、聞きほれました。「去年を・・・」でもわたしのぐしゃぐしゃの譜面、かつ「音域」ということをまったく理解していない指示にも答えてくださり・・・(汗)、感謝です!それをこなしてしまうのですから、やはりすごい。

中村華子さん、前日の深夜に香川から帰ってこられたというのに、朝早い入りで、終日つき合わせてしまって、本当にすみません。
でも譜面も当日だったというのに(大汗!)、ぴたりとつけてくださり、さすがです。

中村仁美さん、いつもながら、安定して着々とお仕事をこなしてくださり、やはり頼もしいです。。。一緒に吹きながら、(ああ、この人は本当に、すごい)と思わされる箇所がたくさんありました。

皆様、譜面その他、遅れに遅れてゴメンナサイ。。。

「ご利用は、計画的に」ではなく「コンサートは、計画的に」ですね、はい。


« コンサート徒然、、、 | トップページ | コンサート徒然・・・(3) »

日々ログ」カテゴリの記事