« 世界は「情」でできている? | トップページ | 也と毛 »

2009年10月28日 (水)

アミュゼ柏「手賀沼を渡る一陣の風」1「月の光」

今回のコンサートは、わたしの父の写真をスクリーンに使いつつ、全コンサートを5つの章に分けて演奏します。

スクリーンがちょっと、小さくて可愛すぎるのですが・・・

各章は「色」で構成し、色と装束や雅楽のお話などしてみようと思っています。

「月の光」は最終章の「白」の章に入れる予定です。
まだ、アレンジが終わらない・・・(汗)のですが、今回は笙2管と、ハープで、全曲をお届けいたします。

中途半端な形ながら、今回ハープを弾いてくださる佐々木冬彦さんとあわせたのですが、、、わたし(笙)と、歌い方がぜんぜん違うのですね。。。

ハープは発音したのと同時に音が減衰していく楽器です。

一音一音、その消えていく音をいとおしむかのような佐々木さんのハープ。
いくらでも長音がひっぱれる笙とは、やはり感じ方、違います。

アルペジオの部分は、本当にきれいです。
おそらく、ドビュッシーもハープをイメージして、この部分を書いたのでは・・・と思います。

笙はとにかく音域の狭さ、音数の少なさが厳しい楽器です。
ただ、制約のなかで動いていくことも、ちょっとおもしろくなってきました。
今回はなにしろ、助管(?)で、中村華子さんという、強い味方もいますし。

当初はピアノにも入っていただく予定でしたが、実際に試していただいて、むずかしいということで、やめました。
確かに、各楽器の「役割分担」が非常に難しくなり、わたしにはとてもまとめきれそうにありませんでした。。。残念!でもためさせていただけただけでも、ありがたかったです。。。とにかく、まだ聴いたことのない音を聴いてみたい、という気持ちもあるので。

不思議な雰囲気の「月の光」が出来上がりそうです。。。

恐ろしくスケジュールが遅れていて皆様にはご迷惑をかけどおし・・・
よろしくお願いいたします。。。

*なお、「月の光」は佐々木冬彦さんのCDにハープのソロで入っています。
逸品です。

http://www5d.biglobe.ne.jp/~fuyuhiko/cd.html

佐々木さんはこれまで3枚、CDを出されていますが、「月の光」は1st アルバムに入っています。
でも、どの盤も、それぞれの魅力があり、お勧めいたします。

●11月14日(土)
 伊藤えり笙コンサート

 「手賀沼をわたる一陣の風~笙による新しい世界」手賀沼の美しい自然の写真を背景に、笙とピアノ、ハープ、横笛、篳篥が奏でる音風景。
 古典雅楽と現代の作品が交錯する新しい世界。

1114
 ■アミュゼ柏・クリスタルホール

 ■3時開演(開場2半時)
 ■曲目 盤渉調調子、
       青海波、
       For solo voice-ひとりごとのように(CD「祈りの海へ・・・」から)、
       はじめてみる雪(「祈りの海へ・・・」から)
 ■出演 伊藤えり(笙、竽、企画・構成)
      
高橋全(ピアノ)、
      
中村仁美(篳篥)、
             
佐々木冬彦(ハープ)、 
           
太田豊(笛、その他)、
              中村華子(笙)
  ■チケット 一般 3000円 高校生以下 2000円 (全席指定)

  ■チケットの予約&お問い合わせ 

   柏市教育委員会文化課チケットガイド
     TEL&FAX 04-7191-8484 
     TEL 04-7191-7403(午前9時~午後5時、土日祭日を除く)
*未就学児童入場不可。
  ■主催・柏市教育委員会


« 世界は「情」でできている? | トップページ | 也と毛 »

笙・・・楽器に関して」カテゴリの記事

日々ログ」カテゴリの記事