« 也と毛 | トップページ | めちゃくちゃ忙しいです。。。(アミュゼ柏コンサート2、その他) »

2009年10月30日 (金)

八幡さんの管

京都の八幡さんの管をお持ちで、かつ八幡さんのリードがついていて、調律でお困りのかたは、八幡さんご本人か、わたしにご相談ください。

一般に行われている調律方法とは違う方法で調律しないと、リードが鳴ってきません。

(ただ、非常に手間がかかる方法なので、時間のあるときでないとお受けできませんが)。

八幡さんの楽器は組みもきれいで、音も自己主張をしない音ながらまとまりがよく、奥ゆかしい品のよさを感じます。
延の管絃吹などではずいぶん助けられてきました。

ただ、残念なことに後継者がいらっしゃいません。
わたしの管も長年吹いてきて、数枚、小じたが鳴らなくなってきているので、取り替えていただきたいのですが、八幡さんご自身がお忙しいため、そのままになってしまっています。

後継者不足と材料の確保は、慢性的に日本文化維持の問題となっています。

そういった観点から、伊勢神宮の「ご遷宮」のシステムを考えてみると、本当によく考えられていると思います。

20年ごとに遷宮することで、職人さんたちの技が、必ず伝承されていくのですから。

昔、昭和天皇が崩御されたときに、大葬の礼や大嘗祭などを執り行うにあたり、古式を体験している楽師がいなくて、困っている、というお話を故・多忠麿先生が話しておられました。
文書(もんじょ)だけでは、残せないこと、たくさんあります。
音楽での「譜面」もそうですね。譜面はあっても、実際にどのように演奏されていたのか、歌われていたのか、わからない。。。

伝承で中心になるのは「人の技」で、譜面や記録では、実はないのです。。。

わずか100年に満たない年月でも、こういったことが起こりえます。

1200年以上、、、伝承されてきている音楽、わたしの好きな東大寺修二会もそうですが、やはりその貴重さを思わずにはいられません。

まずは、伝統芸能をもっと「元気に」することが、大切ですね。

今、淀川の葦(篳篥のリードに最適とされる)を保護するために、何万という署名が集まっていますが、雅楽から環境問題が語られるのは、とても自然なことと思います。

音楽や文化と政治は、昔は切っても切れなかったのですしね。


« 也と毛 | トップページ | めちゃくちゃ忙しいです。。。(アミュゼ柏コンサート2、その他) »

笙・・・楽器に関して」カテゴリの記事