« 万の仏の願よりも | トップページ | 傷から生まれくるもの2 »

2009年8月20日 (木)

傷から生まれくるもの1

先日、お坊さんとお話をしていて、沈香(香木)のお話になり、500グラムで30万、というお値段を聞いて、ひゃー、と思いましたが。。。。100グラム6万。沈香としてはたいしたことないほう?

とにかく、もう取れないらしいですね。白檀(サンダルウッド)とともに。

以下、御香屋さんで聞いた話です。
沈香の元になる木そのものは、あちこちに生えているのだそうです。

それがなぜこれほどまでに高価に?
実は沈香の元になる木は傷がついて、それが土中で変化したものでないと、沈香にならないのです。

傷ついた木は自分を守ろうとして樹液を出します。

その樹液が土中の成分とうまい具合で結びつけば、良質の沈香になるという。。。

傷つかない、健康な木は、沈香にならないのです。。。

あー、それにしても高いなあ、沈香。。。
伽羅、白檀とともに、とっても魅力的な香りです。。。

とっても心が慰められるのですが。。。
好きだったお線香型の御香も、数年前からお値段がはねあがり、手が出ません。

薫明堂の御香、結構好きだったのに。。。


« 万の仏の願よりも | トップページ | 傷から生まれくるもの2 »

日々ログ」カテゴリの記事

essay」カテゴリの記事