« 傷から生まれくるもの1 | トップページ | 新情報 11月14日コンサートの詳細追加。 »

2009年8月20日 (木)

傷から生まれくるもの2

虐げられてきた民族の音楽は、
どうしてこんなに美しいのでしょう。

アイルランドの音楽しかり、韓国の音楽しかり、黒人霊歌しかり・・・

苦しくて苦しくて、もうどうしようもないときに歌が、音楽が生まれてくる。。。

沈香のお話を聞いて、苦しくなりました。
でも、傷は、やがて昇華され、人の心をなぐさめて、煙となって天に消えていく。

音も、同じ・・・


« 傷から生まれくるもの1 | トップページ | 新情報 11月14日コンサートの詳細追加。 »

日々ログ」カテゴリの記事

essay」カテゴリの記事