« 古典から新しい響きへ (2) | トップページ | 笙の不思議(2)-松脂と蜜蝋 »

2009年5月 4日 (月)

笙の不思議(1)-孔雀石 その2

さて、孔雀石(マラカイト)を金属のリード片に塗る理由は前に書きましたが、笙の音のなかに石の粉がすれる音が入っている・・・と書いたら、(うそーっ)と思う人も多いでしょう。

これは、演奏者のなかにも気がついている人は少ないでしょうし、調律をされているかたがたでもあまりご存じないことだと思います。

洗い替え(青石=孔雀石の粉の塗り替え作業)をして、数十日経つと、石の粉の色が変わってきます。金属(砂張、という金属)とおそらく微妙な酸化反応など起こして、粉が定着してくるのでしょう。そしてそのころ、微細ながら「音色」も変わるんです。

これ、本当に、気がついている人は少ないです。このころようやく青石は安定します。

怠惰ですみません、少しずつ、青石やらリードの写真をとって、アップしていきますね。

お楽しみに☆


« 古典から新しい響きへ (2) | トップページ | 笙の不思議(2)-松脂と蜜蝋 »

笙・・・楽器に関して」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笙の不思議(1)-孔雀石 その2:

« 古典から新しい響きへ (2) | トップページ | 笙の不思議(2)-松脂と蜜蝋 »