2020年1月13日 (月)

お稽古始め、あちこちで

東京笙教室お稽古始めを皮切りに

 

JEUGIAミュージックサロン京都駅

 

昨日は奈良 休ケ岡八幡宮笙教室

 

新年のご挨拶とともに初稽古 楽しく終えることができました

 

 

そして嬉しいことに昨晩

 

東京からのキャリーバッグを届けてくれたクロネコヤマトのお兄さんが

 

いきなりぴっと直立して

 

今日が伊藤さんのところの第一回目の配達です

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします

 

 

と、ご挨拶してくださった。。。

 

 

有り難い😭

 

感激😭

 

こちらこそ、ですーー!

 

思えば昨年の今頃、退院してきて

 

もうもう、歩けて

 

外の空気が吸えることだけでも

 

感謝していた

 

 

あの気持ち、思い出そう

| コメント (0)

2020年1月11日 (土)

今年は音をよく聴いて

今年のお稽古も少しずつ始まっています




笙という楽器は

 

篳篥や龍笛に比べて

 

簡単に音が出せてしまう

 

 

だからこそ逆に


ある程度吹けるようになっても

 

自分の音をしっかり聴かない人も多い




聴けない人も多い

 

 

手順とタイミングだけを覚えて


したり顔(?)




そんなだから合奏になると

 

他管を聴く余裕なんてもちろん

 

ない

 

洋楽器でいえばピアノと似ているかな



ピアノも

 

 

音大生レベルの人でも


無表情に

 

音に無関心な感じで テクニックのみで

 

弾く人はときどきいる



今年は笙の音を

 

響きを

 

もっと聴く練習もしていただこうと思っています!


もっと楽しく!が今年の目標

 

どうぞお楽しみに♫

| コメント (0)

2020年1月 3日 (金)

心身の調律は世界の調律

今年の三ヶ日は、昨年11月に父が急逝、母が怪我、入院、手術・・・ということもあって、

 

お正月もおめでたいことはせずに、

 

まずは無事に年を越せたことに感謝して

 

とにかく


三が日は録音関係の勉強に精を出し


明日からは楽器の調律にとりかかります



これから数年は

 

奏でること、作ることに専念します



そのことが



心と体の調和を図ることと

 

感得してから



なにかこう心底、わくわくするというか、
ふつふつと新しいエネルギーが湧いてきているように思います

 

 

「調子、神に通ずるなり」

 

後白河法皇のお言葉です



音を整えることは

 

生き方を整えていくことに似ています



鍼灸でいう虚と実のバランスは

 

音のバランスの取り方とも非常に似ている

 

と、長年感じていました




万象は繋がっていて



すべては単独では存在しない



しえない

 

 

 

 

わたしにとっては奏でることが

 

生きること



そこをおろそかにしてきたからバランスが崩れてしまった

 

英語でatune  myself to と言いますが、



その作業を数年かけて

 

行なっていきたい

 

 

遡ってみて

 

 

おそらく中学生のころにすでに失われた

 

 

自然体をとりもどす

 

 

 

 

 

自分にも

 

世界にも






奏でながら


歌いながら


作りながら



確認しながら

 

笑いながら


泣きながら


楽しみながら


苦しみながら




春までは、まだゆるりと過ごさせていただきます



おそらく奈良近隣のどこかで、ミニライブなどはするでしょう

告知はこちらのブログに

 

春以降、本格的に

 

 

また様々な形で音を奏でていきたいと思っています




秋以降のお仕事も

すでにいくつかいただいています


ありがたいです

 

どうかお楽しみに



本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

 

| コメント (0)

2019年12月31日 (火)

2019年12月31日

思えば、去年の今日あたりは


東京の某大学病院の病室で、


点滴を受けながら


まだ


1月に受けていたコンサートやレコーディングリハやライブになんとか出るつもりで


リハのときの音源を聴き、楽譜をまとめ、あちこちに連絡をとり、

必死で、ベッドの上で仕事をしていました。。。




そういう姿勢が 

 

生き方が

 

こんな病気を作ったことに、まだ気が付かず

 

片手でメールを打ったり

 

右手に点滴がきたときは



体の向きを変えて針が痛くないようにしながら


人に迷惑をかけないように



でも、それは自分のからだよりも

 

おそらく仕事上の自分の名前に

 

傷がつかないようにとか

 

見栄とか

 

欲とかそんなものを大切にし過ぎたのかもしれません。



今日は


午後は音楽三昧で

京都でゆっくりコーヒーを飲んで

 

 

帰宅してからまた来年の仕事のやりとり



疲れたら打ち切り




大きな鶏肉と

たっぷりの野菜を大きな鍋で煮て


根菜類は蒸してタッパーへ


鶏肉のスープは冷凍して冷蔵庫へ

深夜零時をまわっちゃったけど

 

幸せ




去年まだ元気だった父はもういない



母は病室





おそらくあの家はなくなるだろう


母はいつも無音で過ごすのが嫌いで

 

台所でいつもがんがんラジオをかける


うるさくて仕方がなかったのに



あのラジオの音が今はなつかしい



来年はどうなるんだろう?


病気の先行きはまだ見えない


でも体温は上がってきているし

なにより夜、よく眠れる

 

病気なんだけれど


ここ数年来で、一番体感が良い冬





不思議と不安はぜんぜんない



静かな2019年の暮れ

 

今日はとてもいい1日だった

 



また始めた多重録音の

 

続きを明日は作り続けよう

 

 

感謝! すべてに!

 

 

 

| コメント (0)

2019年12月27日 (金)

母は順調です

おかげさまで、母は術後も非常に調子がよいようです。

整形外科ではよい先生がそろっている病院に入れたのと、元々が丈夫なせいもあるのでしょう、お医者さまも驚きの回復力で、このまま順調にいけば早めにリハビリ専門の病院にうつることができそうです。

 

ご心配をおかけしました。

暮れとお正月は奈良で過ごします。


父の納骨もあって、また1月上旬には千葉に戻らないといけないので。

昨日、母の介護は妹に任せて、ようやく奈良に戻ってまいりました。

 



東京笙教室は、大変申し訳ありませんが、今月もお休み、でした。

生徒の皆さん、今年は本当にごめんなさい!(もう、こればかりです。。。)


1月は上旬に予定できそうですので、よろしくお願いいたします。

 

| コメント (0)

2019年12月17日 (火)

遊べや遊べ

昨日は鹿の舟にて、特別講座「花と仏像講座」の「春日若宮おん祭」の回、杉謙太郎さんの立華奉納で笙の演奏をさせていただきました。

写真がないのが本当に残念です。

↓ご参考までに。

https://guillemets.net/tag/%E6%9D%89%E8%AC%99%E5%A4%AA%E9%83%8E/



でも、考えようによっては、「ない」からいいのでしょう。

写真は写真。立華奉納は動的です。
でも、映像でもあの雰囲気は、特に再現が難しそう。


 

ろうそくの明かりだけで、花が立てられ、おひとりおひとりが手をついて拝見していく。。。


宗教的な、緊張感。。。




そんななかで笙を奏でました。


透き通った水面にそびえたつような古木、そしてもみじ。

 

とてつもなく宇宙と響きを感じさせるものでした。。。



いろいろとね。


器が、経文を入れたものが発掘されて、、、とか、台は⚪︎○寺の古材とか。


後付けで入ってくる「知識」もありましたけどね。


それは、

後付けで。



あの空間と杉さんの所作と。そのなかで音を遊ばせた、

 

その体験だけが貴重で。


後付けは、また別立ての知的な「遊び」だあな、、、と思いました。

 

 

神楽歌に


汝(まし)も神ぞや 遊べ遊べ
君も神ぞや 遊べ遊べ

と、あります。


おん祭もそうですが、「遊ぶ」の意味が現代語の遊ぶとかなり違うように感じます。

神様に「こちら側」にいらしていただいて、お遊びいただく。




現代語では「遊ぶ」って、たとえば、

「遊んでいないで、仕事、仕事!」とか?


いい意味ではないことも多いと思います。

でも、「遊び」って、人の本義、神の本義ではないでしょうか?

↓数日前にこんなことも書きましたが、

https://sho3ku.cocolog-nifty.com/blog/2019/12/post-aec220.html




「遊び」の高貴な意味を復権したいなあ。。。

なんて(笑)。






さて、昨日の演奏で関西圏でのお仕事は仕事納め。

実は、11月に父が急逝し、今月に入り、さまざまなことが少し落ち着いてきたかとおもいきや。。。


母が転んで大腿骨骨折。
昨日が手術でした。

幸い経過は良好とのこと。。。

明日、急ぎ千葉のほうに戻ります。。。


| コメント (0)

2019年12月12日 (木)

JEUGIAミュージックサロン京都駅 ひと枠空きました

*2019年12月現在

月1土曜日のJEUGIAミュージックサロン京都駅 初心者(個人指導)ひと枠空きました。

JR京都駅から徒歩数分、遠方から来られているかたもいらっしゃいます。

*満席の表示が出ているかもしれませんが12月で、1名、空きが出ました。

https://www.jeugia.co.jp/hall_7/course-detail_139.html

お問い合わせはJEUGIAミュージックサロンへ。

どうぞよろしくお願いいたします。

| コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

春日若宮おん祭をテーマとした講座の。。。

演奏に関しては、これが今年の仕事納めになるかな?

先月に続いて杉謙太郎さんの立華供養に付楽のような形で奏楽させていただきます。
「花と仏像」講座。今回は春日若宮おん祭がテーマだそう。


わたしのほうは、調子などを混じえつつ、即興演奏が主体になります。

杉さんはネット上に写真などをアップされないので、イメージがわかりにくいかもしれません。

探してみたのですが。。。。ひとつ、みつかりました。

↓こちらのような感じです(*注・かなり前のイベント記事です)

http://www.kuruminoki.co.jp/akishinonomori/event/2015/09/08-122145.html

媚びや過剰さがない世界観。


杉さんのお仕事では、コンサートやライブ、あるいはアートでの演奏よりは、法要楽や祭典楽にどちらかといえば近いようなイメージで演奏しています。

違いですか?


コンサートやライブでは、「自分を遊ぶ」感じ。。。

法要楽や祭典楽では、「その時間、その場、その機会」を遊ぶ感じ。。。

今の自分では、まだそれが精一杯。また今後は変わってくると思いますが。



え、わからない?(笑)


そういうかたは、ぜひお運びください(笑)。


ぴんと張り詰めた緊張感のなかでの演奏。



会場は鹿の舟・繭です。

*********(以下、くるみの木Facebook ご案内の記事よりコピー)*********

【鹿の舟 繭より】
2019年 特別講座「花と仏像」開催いたします。
.
「いけばな」が誕生する遥か昔から、日本には、季節の花をお供えすることで神仏と心を通わせ、祈りを捧げる供花(くげ)というものが存在しました。
.
それは、どのようにして「いけばな」となっていったのでしょうか。
.
この講座では、花と仏像について触れ、
人々が信仰として抱いた祈りについての考えを深めてまいりたいと思います。
.
12月 「春日若宮おん祭」
.
①午後の部「現地講座」
会場:春日大社境内・奈良国立博物館
.
奈良 古来より大切に受け継がれてきた「春日若宮おん祭」に触れ、
人々の祈りについての考えを、深めてまいりたいと思います。
.
②夕の部「立華奉納」
会場:[鹿の舟]繭 2階和室
.
花人 杉謙太郎氏、雅楽奏者 伊藤えり氏による
立華奉納を拝見します。
.
【開催概要】
日程/2019年12月16日(月)
定員/10名
講師/杉謙太郎(花人)
   境 祐希(奈良町「古白」主人)
.
①+② 終日参加
時間/13:00→20:00
受付・集合場所/春日大社一之鳥居前
金額/9,500円(税抜・拝観料別途)
※奈良国立博物館の拝観料が別途かかります。
※立華供養の会費も含まれます。
.
②のみ参加
時間/18:00→20:00
受付・集合場所/[鹿の舟]繭
金額/3,500円(税抜)
.
※春日大社境内を巡ります。履き慣れた靴でお越しください。
※荒天時、内容を変更する場合がございます。
.
※ご予約は繭まで 0742-94-3500 9:00→17:00 年中無休
***************************************


| コメント (0)

2019年12月 3日 (火)

父が他界しました。。。

書きたい記事の下書きが溜まっていたのですが。。。

先月18日、父が急逝してしまいました。
倒れてあっという間のことで、デイ・ケアの施設から連絡が入ったときには、「一度意識が戻った」ということだったので、淡い期待も抱いたのですが。。。

虫の知らせか、ああ、今回は厳しい、、、と感じました。
そして残念ながら、その知らせのほうが当たってしまいました。

父は退職後、写真の世界に没頭し、地元手賀沼の写真集も出版しています。
娘のわたしが言うのもなんですが、素晴らしい写真集だと思います。

そして、あれよという間に、有楽町のフォトギャラリーを借りて個展を開くまでに。。。
アマチュアでしたが、専門写真誌などで、数々の賞もいただいていたようです。

2009年、柏市からのご依頼をいただき、コンサートを開きました。
古典、オリジナルをとりまぜたコンサートで、ということでしたが、打ち合わせの段階で担当者から、「お父様の写真を背景に投影してみては?」というアイディアをいただきました。最終的にプロジェクター2台で父の写真を投影しながらのコンサートとなりました。

最初で、最後の父娘によるコラボでした。。。(YouTube内の写真も迦陵頻の映像の数枚以外は父の写真です)。
ブログ内ですと写真が見づらいと思いますので、YouTubeに入っていただいてから開くと、少し大きめの画像でご覧いただけると思います。

 

 

 

わたし自身が、雅楽のような難しい世界に入ってしまったので、父との意思の疎通が難しかった時期も長かったのですが、晩年は心から応援してくれているのが伝わってきて、どれだけ心強かったことか。。。

何十年も前のことですが、国立劇場で東京楽所による天皇皇后両陛下(現在の上皇様上皇后様)ご天覧の公演があり、笙で参加させていただいていました。

母と一緒に聴きにきてくれたのですが、父は、それはそれは感動したみたいで。。。

帰りに寄った赤坂のお寿司屋さんで、さんざん板前さんに自慢をするので、恥ずかしかったのですが、同時に、もちろん、嬉しくもありました。


やっと、少しは理解してもらえたのかな、、、と。


まだ、東儀秀樹さんさえ世に出ていなかった頃のこと、雅楽なんて、ほんとうに知られていない世界の芸能でしたから。。。


当時、父は、まだ会社務めを続けていて、役職にもついていたのに定年前に早めに辞めたいと言って、母を怒らせていました。
部下もいて、責任ある地位にいるのに、、、というのが母の見解。

それでも、わたしと同じで、ものを作ることに生きがいを感じる(と、いうか、やらずにはいられない)性分だった父は、写真のほうに早く着手したかったのでしょう。

また、辞めることで家族に迷惑をかけるようなことはないくらい、すでに父はしっかりと働いてくれていて、業績も出し、生活にもゆとりがありました。母の怒りぐらいで思いとどまる父ではありません。

ところが、今にも、もう明日にも辞める!、、、、というときに、この演奏会を聴いて、父の何かが変わったみたいでした。

あの時、、、父はお寿司屋さんに突然名刺を手渡し、「今度、この店を仕事で使うかもしれないから」と話し始めたのです。

わたしも母も「えっ??」と思いました。


えっ? 「仕事で」って?

辞めるというお話は???

どうしちゃったの???



そして実際、父はあと数年、仕事を続けました。
それもおそらく、自分のため、ではなく、家族のため、だったのだと思います。


でも、わたしが出演した演奏会がきっかけとなって。。。

無言の、父の、初めての「承認」でした。。。



二重にも三重にも嬉しかった、父との思い出です。。。


無口で表現下手な人で、わたしもその下手な言葉尻のほうを真に受けて、よく怒ったりしていたのですが、愛情をそういう形でしか表現できない人だったように思います。

 

 

あの世に行ってしまっても、応援してくれているのかなあ。。。このコンサートのときも、どんな気持ちで聴いていてくれたのかな。。。

 

10月上旬に、突然(会いに行かなくては!)、と思い立ち、千葉の家を訪れたのが最後となりました。
ここ数年はやや太り気味だったので、「少し運動してください」と、鎌田實先生の高齢者のための運動の本を手渡し、一緒に椅子を使って運動したり、わたしも欠かさず続けているリンパケアをしてあげたのが、まさかの最後となってしまいました。。。


パパ、長いあいだ、本当にありがとうございました。。。あちらの世界で、どうかゆっくりしてくださいね。。。

 

 

| コメント (2)

2019年11月11日 (月)

鹿の舟、くるみの木。。。

鹿の舟は、「くるみの木」のオーナー、石村由起子さんのプロデュースによる複合施設です。

奈良に越してくる前。

2009年に石村さんは「わたしは夢中で夢をみた」というご本を出版されています。
そしてわたしはこの本を「夢中で」読んでいました。

日本のカフェ文化の礎を築いた人たちの、重要なお一人であるのは間違いありませんが、芯の強い、奈良の女性が叶えた夢。


わたしが奈良へ移住してきたのは、さまざまな「引き金」がありますが、石村さんのご本も、確実にその引き金のひとつとなりました。

「いつも混んでいて入れない」「駅から遠い」ということもあって、車のないわたしはまだ一度も行ったことがないのですが、石村さんのカラーが活かされている「鹿の舟」さんとのお仕事、これもまたご縁のように感じます。





杉謙太郎さんとのお仕事は今年、今回で3回目です。

華道家、とお呼びしてよろしいのかどうか?多分違います(笑)。

アートのような生け花でなく、花の自然さを活かして、神仏に捧げるような感じのお花。


祈りの、花の所作。


華厳の華は、宇宙のマトリックス。。。


蓮の花弁はパラレルな宇宙の象徴。

 

笙の音は、どのように響いてくれるのだろうか。。。



今月に入ってからぎっくり腰を患い、ちょっと厳しい状況ですが💦、明日はなんとか乗り越えて演奏いたします!


*******************************************
11月 「正倉院宝物」


「現地講座」

奈良には、知られざる事物が多くあります。
古来より、奈良に伝来した正倉院宝物の技に思いをはせ、
天平文化についての理解を深めてまいります。

〇午前の部
会場:東大寺 境内
正倉院をはじめとする東大寺の境内を巡り、
東大寺と、創健者である聖武天皇の歴史について触れてまいります。

〇午後の部
会場:二月堂参籠所
塗師(ぬし)樽井宏幸氏によるお話しを伺います。
杉謙太郎氏による花生けと、伊藤えり氏による笙の演奏が行われます。

----------------------------------------------------------------------------------------------

日程/2019年11月12日(火)
一日参加/9:00→16:00
午後の部/12:00→16:00
定員/20名
講師/杉謙太郎(花人)
。。。境 祐希(奈良町「古白」主人)
受付・集合場所/東大寺南大門
金額/(一日)10,000円(税抜/昼食・諸経費・拝観料別途)
。。。(午後の部)7,000円(税抜/諸経費・拝観料別途)
持ち物/花鋏(必須)


----------------------------------------------------------------------------------------------

樽井 宏幸(たるい ひろゆき)氏
塗師(ぬし)
奈良の漆を扱う塗師の家に生まれ、父である春日大塗師職預、樽井禧酔氏に師事。
奈良の寺社仏閣の漆塗に従事し、数々の寺社仏閣の再建・修復に貢献してきた。
近年では手向山八幡宮、御鳳輦(ごほうれん)新調、興福寺中金堂にも携わる。

伊藤えり氏
雅楽・笙奏者、作曲家。
多忠麿、多忠輝、芝祐靖、松井北斗、宮田まゆみの各師に師事。
大学在学時より雅楽演奏団体「東京楽所」にて
国立劇場
などの舞台やレコーディングに参加。
2011年より東京からあこがれの地、奈良に移住。
コンサート、ライブなどでの演奏だけでなく

寺社仏閣での祭典、法要での演奏などにも携わる。
東京藝術大学音楽学部楽理科卒。

※年6回開催、最終回となります。
東大寺境内を巡ります。履き慣れた靴でお越しください。
※荒天時、内容を変更する場合がございます。

※ご予約は繭まで 0742-94-3500 9:00→17:00 年中無休

※通常の花のお稽古は、2019年11月13日(水)に開催いたします。
詳細は、こちらをご覧ください。


【キャンセルについて】
開催当日より1週間前からのキャンセルはお受けしておりません。
やむを得ずキャンセルをご希望される場合には、
お稽古代・花代を全額ご負担いただくことがございます。
ご了承くださいませ。

| コメント (0)

«楽器を楽器として成り立たせているのは