2020年11月25日 (水)

わかる人にしかわからないと思うけれど。。。

少し、専門的なお話。

和楽器、雅楽器含め、生の音には、「制御できない、コントロールできない」面白さというものがありまして。

洋楽器のなかにもあるけれど、和楽器、雅楽器はそれが顕著。
でも、そういったものをできるだけコントロールして聴かせようとするのが今の音響技術(最近は意図的にその方向を目指さない人もいるけれど、まだまだ少数派らしい)。


わたしは、音が多少、暴れている感じが好き。

 

ライブ配信のなかには、多分、暴れるというか、暴走を恐れてきっちり管理されすぎているものもあるように思う。

いろいろ聴いているけれど、そういう音を聴くと少しがっかりする。
趣味の問題です。もちろん。。。

すごく難しいのだと思う。
ライブ配信と通常のPAや録音はまた違う、ということを10月31日の自分のライブ配信リハで思い知った。。。

わたしの無茶苦茶な要望にも答えくださった島田さん、再度感謝。


31日のライブ配信は編集、ミックス後、有料・無料(プラットフォームにより異なります)にて再度公開予定です。

年内公開予定です。

どうぞよろしくお願いいたします。


 

| コメント (0)

2020年11月 9日 (月)

体調に関して・・・

Facebookには書きましたが9月、藁をも掴む思いネットで見つけ、通い始めた治療院の治療がぴたりとはまったようで、ぐんぐんよくなっています。

今、出されていたサプリの大半がストップされたので(期間限定で飲みます)、不安だったのですが、調子はよいです。

ただ、「完治」「治った」というと、自分のなかではぴんと来ないものもあります。

体はいつも揺らいでいて、完成形の「治癒」ってありえないと考えています。

振り子のように前後左右に振れたり。

今は、「いいほう」に振れていく感じ。どう振れていくかは、今後次第。


半年ぐらい様子をみないと、本当はどうなるのか、わからない。

慎重にしながらも、先日は、2年ぶりに普通のパンを食べてみて、異常が出なかったので、ほっとしています。


すごい。。。パンが食べられたΣ(゚д゚;)

わたしが受けている治療法↓

フィシオエネジェティック
https://www.physioenergetic.com/about

東京や大阪でもこの治療法を取り入れているところがあるようです。

わたしが今お世話になっているのは、

「そまと 自然療法院」
https://somato.biz/

「自然療法院」といっても、先生はものすごく勉強をされていて、日本でもごく一部の病院でしか知られていない病名や症状の話をしても(2年間、わたしも相当勉強しましたから・・・)すぐにご理解され、説明してくださるので、驚きました。

こちらではフィシオエネジェティックだけでなく、オステオパシーなどさまざまな治療法を組み合わせて、わたしの体にあったサプリやホメオパシーのレメディーなどを処方してくださいます。

具体的には、わたしの場合は胃腸内にはびこっていた「カンジダ真菌の除去」(これは病院の検査でも指摘されていました)が特に効果が大きかったように思います。

ただ、除去に使うサプリは、杓子定規に出されるのではなくて、丹念にわたしに合うものを調べて、処方(というのか)、1日何錠とか、何日間飲むか、なども検査をしてから決まります。

https://somato.biz/method/

千以上もあるというサンプルがまたすごい。。。

慢性疾患でお悩みのかたは一度受診されてもいいかも。。。

もちろん、合う合わないは個人差が大きいと思いますので自己判断で。







 

 

| コメント (0)

2020年11月 8日 (日)

Facebookの記事からのコピーです。

 フェイスブックの記事を普通に埋め込んでも、お読みいただけないかたがいらっしゃるみたいなので、そのままコピーします。

10月31日に、ご共演ださった岡部洋一さんの記事をシェアして、それに対して書いたものなので、後半に岡部さんの文章もコピーします。

岡部さんの記事の的確なことと、共演ミュージシャンへの慈愛に満ち溢れていることといったら!
慈愛ってちょっと大げさかもしれませんが、共演させていただいた側には、ずーんと響くものがあります。
(写真は、PCにダウンロードしてアップロードして、という手間が時間がかかりそうですので、省略!また映像編集などが終わって再度公開するときにどうぞよろしくお願いいたします)。

*******Facebookより*******11月8日付記事から

ちょうど1週間が過ぎました。

京都からの無観客ライブ配信。
この日のスペシャルなゲスト、岡部洋一さんがFacebookの記事で見事に、端的に、まとめてくださっているので、シェアします。
個人的には、ここ12年ほど、やりたくてもやれなかったこと(機材が当時はまだなかった、やりたかったけれど、共演者、共同作業者に伝わらなくて実現しなかった、わたしの経験値が低くて実現に至らなかった、などなどで)を総括的に盛り込むことができたライブでした。なんとか。ぎりぎりで。
思い起こせば、構想は、やっぱり12年ぐらい前から、あったのです。。。しつこいといえば、しつこいなあ、自分。
でも粘った甲斐あっての、今回のライブ。
例えば、笙にとってより好ましい響きの会場でのライブ多重録音、アンビエント系、エレクトロニカ系、カオス系(?)。パーカッシブな音とのコラボ、無国籍風、大陸風(特に今回は、決して和風にならないこと)、きわきわのところで雅楽的拍子感を活かすこと。
「どの程度」実現できたかはさておき、とりあえず全部盛り込むことができたのは、共演者のおふたりのお力と、音響の島田さんのおかげです。
ようやく、この響きが、得られた・・・と、いただいた音源を聴いて、ちょっと心がじわっとなりました。カオスの部分もありましたけれど(笑)、ああー、これが自分がずっと欲しかった音だ、と。もちろんまだまだ、改善の余地もあるのですが、間違いなくわたしの音だと言える音になりました。
今回、特筆すべきは、三浦元則さんの大篳篥での即興演奏。
なんというか、あのホールをうまく鳴らしながらループをうまく使われていて、至福の響きを実現されていました。
ヤン・ガルバレクのOfficium の世界にも似ていて。
ああ、でも中近東のモスクのなかで聴くお祈りの声も、こういった感じで響くのではないかと思ったりして。。。まさに無国籍。
これまで長いお付き合いながら、古典での三浦さんの演奏しか、ほとんど知らなかったので、かなりの衝撃でした。。。
(あとで、録画を観ていたら、わたしがMCで、三浦さんの即興演奏、ということをきっちり言っていなくて、、、わたしが作ったみたいな発言になっていて、滝汗・・・三浦さん、大変失礼しました!わたしが作ったのはベースになるいちトラックのみ、あとは三浦さんのループマシンを使っての完全即興です。)
3日間の映像公開を見逃したかたのためにも、当日録音した音をミックスしてさらに良い形でお届けする予定です。
音源だけにするか、さらに編集を加えた映像にミックスした音を加えての公開になるかどうかわかりませんが、一部有料、一部無料でお届けします。
映像がまた素晴らしかった。。。
オープニングがすごくよかったです!とご覧いただいていたかた数名からすぐにメールをいただいたのですが、演奏している本人はどうなっていたのか、わからなくて。。。
帰宅してから改めて確認し、「おおっ!」と思いました(笑)。
古木さん、牛久保さん、素敵に撮影してくださって、感謝です。
関わってくださった皆様、ありがとうございました。
伊藤の無茶振り、12年越しの夢の実現に応えてくださって、お疲れ様でした。。。
今後も、さらなる発展系を考えて、ライブを続けていきたいと思っています。

********Facebookより岡部さんの記事*********11月1日の記事から

本日は伊藤えり無観客配信@毎日新聞社京都支局ホール。
丸太町通にある新聞社の最上階、アーチ型のスペースは、京都東山を一望する絶景。
昨日は到着直後にダブルレインボーがお出迎え。
トンネルみたいな断面だから、音の響きも独特。しかもガラスのタイル、って言ってもわからないよね、写真のようなカンジのガラス面を背負っての演奏、そこに反射した音が背後から聴こえてきて、とても面白い音響空間だった。楽器によって反射度合いが違って、タブラはほんとに背後から聴こえてくるような音像。かといって位相がメチャクチャ、というのではなくて、生音でもモニターできる響きかた。
笙も篳篥もよく鳴る。とくに大篳篥、という4度低いピッチの楽器は、日本の楽器というより、シルクロードの始点から終点までの音楽要素を俯瞰しているような、グローバルな音色で、とても興味を引かれた。三浦さんの演奏も素晴らしかった!
雅楽というと装束つけて神前結婚のときに演奏されるヤツ、みたいな印象を持っているひとも多いかもしれないが、実際は1000年前の音楽が、きちんと体系付けられて、とってもモダンな旋法でもって雅やかに再現され続けている、世界的にも珍しい音楽だ。
リズム、というのとは違う次元の間の取り方、どうやってコラボしようか、なかなか難しい演奏になったが、とても楽しかった。
伊藤さんのループマシンを駆使した奏法も、笙のもつ倍音をより際立たせる、面白いものだったし、即興演奏なんだけどベッタリ音で埋まることもなく、終始風通しの良い音楽であった。勉強になった。
アーカイブ、明後日まで残るようです。投げ銭も、ぜひ!
演奏後はヤキニク甲、で美味しい焼肉。ワインも安い。

*******************************

| コメント (0)

2020年11月 4日 (水)

試金石

コロナ自粛期間以降、ミュージシャン含むクリエイティブ系の人たちがものすごくセンシティブになっているような気がする。
 
感覚がぴりりと立っているというか。
 
良くも悪くも。感度が良すぎると辛いし。
 
時に軋轢を生むかもしれないけれど、概ねいい方向に向かっているように思う。
 
自粛期間の世界的な緊張感のなかで、感覚が研ぎ澄まされたのでは?
 
試金石的な年、なのだろう。。。

世界的な規模で。

| コメント (0)

2020年11月 2日 (月)

無料公開は3日13時半まで!お見逃しなく!

文化庁 伝統文化継続支援事業の補助を受けてのライブ生配信。

 

無事に終了いたしました。

 

終えてからようやくYouTube全体を見ることができましたが、演奏もさることながら、映像も音響も素晴らしいです。


無料配信期間が明日3日の13時半までなので、少しでもご覧いただけたら、と思います。
長いですが、早送りしてでも。

わたし自身、ルーパーでのパフォーマンス、かなりやりきることができました。

 

三浦さんが出色の演奏をされています!

この人、こんなに「普通に」天才だったのか!Σ(゚д゚;)
さらっとやってのけられた、驚異的な即興演奏で、あとで映像で見直してみても鳥肌ものでした。

 

岡部さん、最高です!
どこをとってもすごかったのですが、特に後半のわたしの即興は、やはり岡部さんあっての演奏でした。
ご無理をお願いしてきていただいて、ほんとうによかったと思っています。

即興は時間制限がなければ、おそらく倍ぐらいの長さで演奏していたと思います。

できましたら、チャンネル登録、コメント、高評価などなど、どうぞよろしくお願いいたします。

もちろん投げ銭、ご寄付も。。。

ところで、配信の最後に、「皆様、ご視聴くださいまして、ありがとうございました」を言い忘れて、かなり暗くなっているわたしです🥵

他にもいろいろとトークに関しては、消し去りたい部分多数。。。嗚呼。
まだまだ修行が足りません。。。

 

| コメント (0)

2020年10月29日 (木)

初のYouTubeライブ配信 よろしくお願いいたします。

31日13時半開始。
どなたでも無料でご覧いただけます。

 

生配信中はチャット機能をオンにしておきますので、書き込み、メッセージなどは歓迎します!

 

休憩前でしたら出演者へのメッセージ、ご質問の書き込みに、お答えできるかもしれません。
(時間の許す範囲内で)。

 

また、応援のご寄付・投げ銭などもお願いいたします。
当企画は文化庁の伝統・文化継続支援事業の補助をいただいていますが、「助成」ではなくあくまで「補助」であるため、経費の一部は自己負担となっております。

みなさまからいただきまいしたご寄付は、今回のライブへのご支援として、ありがたく役立たせていただきます。

 

【ご寄付・投げ銭】
三菱UFJ銀行 普通口座 虎ノ門中央支店 5159578
イトウエリ
*虎ノ門支店もありますのでお間違えなきよう。。。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

| コメント (0)

2020年10月23日 (金)

京都3泊東京1泊

すでに日付変わりましたが

今日はこちらのコンサート↓

https://energyfield.org/biwakobiennale/event/concert/

よい感じでリハーサルが終わり、ちょっとほっとしました。

初めてのセッションはやはり緊張します。

そんな緊張を解きほぐしてくれるような優しい響き。

皆さまのご来場、お待ちいたします。。。

 

京都3泊のあとは東京1泊。

体がもつのかな〜。

 

と自分でも心配なので、ホテルでプチ・自炊。

電気コンロ(調理用)、小鍋に包丁、野菜に塩、柑橘系。

とりあえず、一定量の野菜を食べていれば、調子がよいみたい、わたしの体。

 

9月から通い始めた治療院の療法がすごく体に合っているようで、胃腸の調子がだいぶよくなっています。

でも、気をぬくと一気にがくんと落ちるので。

用心しながら演奏を続けています。

 

 

| コメント (0)

2020年10月13日 (火)

転機ーこの頃思うこと

2018年暮れに病気をしてから、人生の大きな転機に入ったことは薄々感じていたけれど


この頃思うことは、やはり笙の音をもっと様々なかたちでたくさんの人に聴いていただきたいということ


10年と少し前までは、わかる人にだけ、限られた層にだけ届けばいいと、無意識裡に思っていて、


仕事の世界ではほとんど宗教関係や皇室関係(宮内庁楽部の先生方)、あるいはアカデミックな世界の人たちとだけ、関わっていたけれど



もっと広くーー



何かこう



「囲い込んで」しまうことなしに



教養とか信仰とかの一部ではなしに(それが悪いという訳では決してなく)



「わたしは」純粋に音として表現したいと思い始めて



今に至っている



でもそれはすぐにはできなくて



気がつけば10数年が思ったよりも早く過ぎ



ぶれていた部分もあったりして



去年、今年あたりからその道にもう一度戻ろうとしています




10月31日のライブはその端緒となります

 

わたしが雅楽を始めた30数年前よりは時代はよくなってきていると思う

 

流れを信じ、自分を信じて

 

しかし、まあ、データが勝手に壊れてしまう(まあ、マシンは勝手に壊れるもので、それを「勝手に」と感じるのはわたしの主観ですが、笑、でも、ようやく解決方法が見つかった!)ルーパーを相手に悪戦苦闘(^_^;)



道は平坦ではありません。。。

| コメント (0)

2020年10月12日 (月)

10月!

今月はなんでこんなにお仕事が・・・というくらいにお仕事が集中しています。

9月中、体調が絶不調な時期があり、さまざまなことがずれ込んでしまい、ますます現在、多忙に。
今月、2件、泣く泣く大きなお仕事をお断りしました。

無理無理に詰めれば入れられたかも・・・ただ、もう総崩れになるよりは、と思い、体のほうの大事をとりました。

申し訳ありません、、、としか言えません。本当にごめんなさい。

体調は先月から新しい治療を始め、なんとか持ち直しています。


そのなかで、本当に、無事に終えられたお仕事が10月3日の二条城での演奏。

(素敵な写真がFacebookでたくさんあがっているのですが・・・後日、まとめてアップします(^_^;))

世界遺産で、音楽で単独、というのは初めてのこと、荷物を宅急便で送る訳にもいかず、、、まず、お仕事前に奈良→京都・二条城まで送り届けてくださった、城陽プラネタリムの馬場さん、帰りに撤収と運搬をお手伝いくださった、関西の笙のお稽古の生徒の皆さん。。。

ありがとうございました。皆さんの支えがあって、無事に公演も終えることができました。


Tarinainanikaさんたちとの共演は、緊張感のなかにも様々な発見があり、次に続く、

Biwakoビエンナーレ 10月23、24日の彦根市・宗安寺での共演でも活かすことができそうです。
詳細はこちら↓
https://energyfield.org/biwakobiennale/event/concert/


初めて合わせさせていただくミュージシャン(エイコンヒビノさんAWAYAさん)の皆様とのコラボ、そして今回もTarinainanikaさん

こちらも3日に続き、BIWAKO ビエンナーレの一環で企画されたコンサートです。

 120012412_1259862667683508_7730078672190 119843947_3860802523933410_5173951237959  
チケットご入用のかたは、わたしのほうに直接ご連絡をいただいてもお分けできます。

限定であと9枚。

タイトルに「チケット希望」とお書きいただいて、

for_solo_voice@nifty.com

まで。

3,500円(前売り・当日)を3,000円でお分けできます。

今回はWith コロナ対策で席数もかなり限定されていますので、貴重な機会となります。
必ずご来場いただけるかたのお申し込みをお待ちいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。


こちらが終了したあとは、

10月31日、毎日新聞社京都支局での3年ぶりのコンサートです。

「雅楽器でライブ!with 岡部洋一(Perc.)」(仮題)と銘打って無観客ライブ配信の予定。
雅楽器、篳篥の三浦元則さんもお招きします。

配信は24時間限定でどなたでも見ることができ(ドネーションをよろしくお願いいたします)、後日編集の上、有料公開とさせていただく予定です。

詳細、もうしばしお待ちください。。。!


| コメント (0)

2020年9月21日 (月)

文化庁・文化芸術活動の継続支援事業 申請が認可されました。

ご報告が遅くなりましたが、「文化庁・文化芸術活動の継続支援事業」に個人で申請していました事業内容が無事に認可されました。
認可くださいました文化庁関係者の皆様、申請にご協力くださり、関わってくださった皆様、これからご参加いただく皆様、本当にありがとうございます。


こちらの補助によって、10月31日に京都にて無観客によるコンサートを行ないます。
(ライブ配信とするか、当日収録のみで後日配信となるかは、10月1日以降に決定します)。

日時:10月31日 14時開演?(未定)

出演:岡部洋一(パーカッション)、三浦元則(篳篥)、伊藤えり(笙、ループマシン)

会場:毎日新聞社京都支局7階ホール


詳細・全貌は少しずつ、じわじわ、アップロードしていきます。

ときどきはYouTubeによる経過報告・・・の映像などもお届けする予定です。

いきなり、笙とパーカッションと篳篥とループマシンでコンサート、などと言っても訳がわからないですものね(笑)。

正直なところ、ライブの生中継や、お稽古や講座などでskype、zoomなどの活用は新型コロナウイルス感染拡大以前から、非常に関心を持っていました。

そして、「それ」自体が目的ではなく、それを活用することによって、これまでやりたい、と思っていたさまざまなことがやれそう・・・という、新たな可能性の糸口に気づき、今回の申請につながりました。

やりたかったたくさんのことをいっぱい詰め込みたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。





| コメント (0)

«ライブ配信やらYouTubeやら 10月31日のコンサート!