2022年6月17日 (金)

ふと思う・・・即興の魅力について

明日は、、、休ケ岡八幡宮さまで「Sleep Slept Slept」眠れるコンサート。

森川訓恵、森川浩恵、伊藤えりの3名の即興演奏。

訓恵さんの十七絃に浩恵さんのお箏・・・が奈良で聴けるなんて、とてもラッキーだと思います。


即興の魅力・・・わたしの場合は、演奏をする上で「考えなくなる」こと。

「考える余裕がない」といいますか(笑)。


考えているのですが、感覚だけで、だんだんと動けるようになります。

ただ、頭は使わないようで、全身全霊を使う感じなので、疲れます。

前回のおがたまさんでの「ぷらっとライブ」は翌日10時間眠りました(笑)。30分、3回公演。のんびりやっているようで結構、ハード。


考える余地もない即興、、、それが即興の魅力ではありますが、実はなかなかその「境地」には入っていけないものです。

人によっては「ゾーン」なんて言い方をするのかなあ。


自覚なく入っていることもあれば、意識しつつそちらに持っていって、入ることもあるようです。


これは場数をこなしたほうがいいなあ、、、と思い、この数ヶ月、いろいろと始めたところです。おがたまさんでの演奏は、月1から2ヶ月に1回ペースで続けたいと思っています。


古典の雅楽の演奏の場合は、「理性」の世界。


常にコントロールしているうちに、理性が覚めていく感じ。研ぎ澄まされる感じ。陶酔、というよりはやはりはっきり理性やら自覚があるなかで、「覚醒」している感じ。

これも実はなかなかその感じには至れなくて(笑)。



譜面がある洋楽の演奏などは、、、困ったことに演奏ができるようになると、わたしの脳は「遊びにいってしまう」ことが多くなるのです。

決まったことを決まったように繰り返すのが苦手、なタイプです。もちろん、決まり切ったことをどんどんブラッシュアップしていくことが大切なのですが、、、そこでわたしは「こう奏でようか、こう歌おうか」と考えてしまう。

「考える」ことと、即興などで「変化」させていくことは違うのかな。。。

何かを付け加えたり、改変したり、パラフレーズしたりしたくなる。。。

「思いついて」(ひらめき?インスピレーション)、それを音にしていく作業は、「考えてひねり出す」のとは、どうも違うようです。


楽譜があっても、初見で演奏すると、かなりよい感じで演奏できることが多いのは、そのせいかもしれません。

さて、明日はどうなりますか。。。

限定20席。残席あります!


| コメント (0)

2022年6月14日 (火)

前後しますが・・・ぷらっとライブvol.2のご案内を先に

Phonto-12

 

(週末に、「休ケ岡八幡宮 りんりん♪学び舎」にて、「Sleep Slept Slept」ライブがありますが、Facebookで告知済みです。。。ブログでは先に、こちらのライブのご案内を・・・)


ぷらっとライブ vol.2
伊藤えり笙ソロ+Loop machine

【日時】6月26日(日)
1st stage 13:30-14:25(30分) 即興中心(のんびり)
2nd stage 14:15-14:45(30分) 今回も調子の演奏が主になります。
3rd stage 15:30-16:00(30分) 即興中心(ややアグレッシブ)
(各回1,000円)

【会場】おがたま(奈良市鍋屋町3)近鉄奈良駅から徒歩6、7分
各回、限定20名

今回も、ソロです。

ですが先々、どなたかとの共演も考えています。
と、いいますか、絶対やりたいです😼

それまでは、孤独にループ修行・・・

ワン・ステージ30分。

ぷらっとご来場されて、30分間ワン・ステージ、笙の響きを体感。

あるいは2ステージ、あるいは3ステージ続けてお聴きいただいても。

1st ステージはゆるやか、かつ不定形な「序」のイメージの即興

2nd ステージは雅楽古典曲「調子」をそのまま演奏したり、少しアレンジを加えたり(「破」のイメージ)。

3rd ステージは「急」

(この構成は前回と変わらず。)

前にもアップしましたが、前回の動画↓

https://youtu.be/W_TnL7PjyX8



会場の「おがたま」さん、ご来場いただいた方に大変好評です!

雰囲気の良さは抜群です。

近鉄奈良駅からも近い。

大切にされている小さなお庭には、お社。

なにかこう、奈良らしい、清い感じ⭐️があります。

前回は、とりあえずワンステージ、駆けつけてくださった方、ゆったり奈良を散策されてから2ステージ、楽しんでくっださったかた、いろいろでした。

直近のご案内にも関わらず、ありがとうございました。

今回も、どうか気軽にお楽しみください。

*当日、会場内は飲食不可です。
2ステージ以上、お聴きいただけるかたは、2nd と3rd ステージ間の45分、外でお茶を飲むも、会場でのんびりされるも、自由です。
*前回は1st と2ndの間も45分、空いていましたが、今回は15分と、短くしました。1stと2nd、続けて聴きやすくなります。

コンサートのお申し込みは、for_solo_voice@nifty.com (伊藤)まで。

お名前と、どの回を参加ご希望かをお書きの上(1stか2ndか3rdか)ご連絡ください。
必ずPCからのご返信を受信でいるメールでお申し込みください。

お支払いは当日会場にて。
もちろん当日ワン・ステージ聴かれたあと、追加でお申し込みをいただくこともできます。

ただ、当日、20名を超える場合はご入場をお断りすることもありますので、その際はご了承ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

| コメント (0)

2022年6月 3日 (金)

怒涛の5月となっていた・・・!Σ(゚д゚;)

6月もすでに3日・・・

5月の初旬のことがもう何ヶ月も前のことのようです。

気がついたら、どうして、なんで、ゆっくりのんびり生きようと思っていたのに、とても忙しい月になっていました。

ひとつひとつの体験が重くて、しかも楽しくて

しかも充実❤️

どれもが超・長文になりそうな出来事ばかりで。。。

でも、とりあえずは先へ、前へ進みます(笑)。

本当に関わってくださった皆様、ごめんなさい。そして貴重な機会をありがとうございます!



起こったことをざっと書き出しますと、

5月ゴールデンウィーク中はリトリートで初めての熊野へ!

長年憧れていた土地でしたが、とうとう夢がかなった!という感じです。

印象的だったのが、


地元の人しかご存じないとう、小さな滝の前で皆で歌っているときに、ふっとひとり高音で即興で歌い始めました・・・まさに即興ですが・・・

喉が開いた感じです。

あ、こちらのほうが心地よい・・・と思って、ひとりだけ関係ない副旋律を歌ってしまいました。。。

不思議な経験でした。

 

そしてその帰りがけに突然「ギアが入った」感じになって、ヴァージョンアップしたのです、わたし(笑)。(目撃情報あり?えりさんが、いきないバージョンアップした〜!!!とのこと、笑)

いえ、冗談ではなく。


やっぱり不思議な霊気漂う空間です。

まあ、、、自然が豊かなところはだいたいそうですよね。

都会のなかで、失ってしまっている気の補充をいただいている、というか。

思えば結構な強行軍でしたが、2泊3日、それほど疲れませんした。

病が回復してきているのを感じました。。。



奈良に戻ってきてすぐに神戸で

新しいユニット「スリープ・スレプト・スレプト」のコンサート。
箏奏者の森川訓恵、森川浩恵姉妹とのゆったりまったり、のんびりタイム。
浩恵嬢とは、ループでのコラボもこれで2回目?機材が2ランクぐらいバージョンアップしてのお手合わせ。

ご来場の皆様もゆっくりおやすみいただけたようで、何よりでした

翌週が、「休ケ岡八幡宮 りんりん♪まなび舎 第1回 蘇った江戸時代の蒔絵 小西寧子さんをお招きして」開催となりました。

笙の蒔絵の修理のお話でしたが、、、小西さんのお仕事の貴重さが、どれくらい伝わったのでしょうか。。。

一度、文章にまとめたいと思っています。

続いて東京笙教室。

奈良に戻ってきて、数年振りで奈良・おがたまでの「ぷらっと・ライブvol.1」。
ループマシンを使ってのソロライブ。
笙とピアノ、シンセ音でいろいろやりましたが・・・・

実は翌日10時間ぐらい眠りました(笑)。
疲労が半端なかったのです。

今回はひたすら演奏に集中・没頭していましたので。。。

ただ(トータル1時間半でしたが)、自分的にダメダメな部分も多くあったものの、はっきりとした手応えが感じられた部分も出来上がりました。

来月もループ修行・笙修行・ピアノ修行は続きます。

すべて写真もあげられなくてごめんなさい!
最後のおがたまでのライブから1分切り取り。
YouTube映像です↓

https://youtu.be/W_TnL7PjyX8

あまり更新しないのも申し訳ないので(笑)。

ざざっと5月の動向をアップして、6月に突入です。。。


| コメント (0)

2022年5月20日 (金)

5月29日、ライブのご案内!

(Facebookからの転記です!)

Phonto-8

最近特に「直近すぎる告知」で有名?な伊藤です(^◇^;)




日曜日は・・・
「ぷらっとライブ vol.1」伊藤えり笙ソロ+Loop machine

【日時】5月29日(日)
1回目 13:00- (30分) 即興中心(のんびり)
2回目   14:15-(30分) 調子の演奏が主になります。
3回目 15:30- (30分)即興中心(ややアグレッシブな内容・・・を目指します)
(各回1,000円)

【会場】おがたま(奈良市鍋屋町3)近鉄奈良駅から徒歩6、7分


各回、限定20名

ワン・ステージ30分。

ぷらっとご来場されて、30分間、笙の響きを体感。

あるいは2ステージ、あるいは3ステージ続けてお聴きいただいても。

全体で「序・破・急」のイメージ。

1st ステージはゆるやか、かつ不定形な「序」のイメージの即興
2nd ステージは雅楽古典曲「調子」をそのまま演奏したり、少しアレンジを加えたり(「破」のイメージ)。
3rd ステージは「急」。ややアグレッシブに攻めた即興。

調子だけお聴きになりたいかたは2ndがおすすめです。

会場の「おがたま」さんは、2017年に一度、古典のコンサートを開催させていただきました。
当時、まだオープンしたてで、お庭には小さなおがたまの木が植えられていました。

先日、下見に伺ったときに大きな木になっていました。。。

ああ、もう5年も月日が過ぎたのか・・・と感慨深く思いました。

繊細な倍音を拾ってくれる、会場です。

ありがたいです。

生ピアノもあります。
もちろん使わせていただきます。

「ぷらっとライブ」シリーズは、イメージ的には昨年の「プラネタリーライブ 宇宙の音楽」@城陽プラネタリウム の延長線上にある企画です(今回は映像はありませんのでご了承ください)。

完全即興に加え、当日演奏した曲も数曲、再構成、進化させてお届けする予定です。

5月最後の日曜日は、ゆるっと倍音浴、いかがでしょう?

*当日、会場内は飲食不可です。2ステージ以上、お聴きいただけるかたは、ステージ間の45分、外でお茶を飲むも、会場でのんびりされるも、自由です。

お申し込みは、for_solo_voice@nifty.com (伊藤)まで。
お名前と、どの回を参加ご希望かをお書きの上(1stか2ndか3rdか)ご連絡ください。

必ずPCからのご返信を受信でいるメールでお申し込みください。

お支払いは当日会場にて。

もちろん当日ワン・ステージ聴かれたあと、追加でお申し込みをいただくこともできます。

ただ、当日、20名を超える場合はご入場をお断りすることもありますので、その際はご了承ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

| コメント (0)

2022年5月13日 (金)

5月15日 蘇った江戸時代の笙の蒔絵

今回小西寧子さんに修復していただいた笙には

「薗土佐守太秦廣幾造之」と銘が入っています。
明和年間の薗廣幾作。

古い笙には、もう使えなくなってしまっているものも結構あります。

「ここの、この部分の状態さえ良ければ!」というものも結構見てきました。。。
一応煤竹のはず、なのに数十年で竹組みがわずかに崩れ、根接ぎに隙間ができていた管も見たことがあります。
おそらく煤竹が硬いため、逆にきっちり組みきれなかったのかなあ、、、と推察しました。

ですが、このかたは白竹の楽器はかなりよいものも後年、作られています。


今回、写真だけですが、ご覧いただく笙は約200年以上前ですから、相当管理がよかったのだと思います。

銘は、実は後から入れることもできるので、当てにならないのですが(箱書きなども同じ)、この笙は本当に、名管だと思います。

音色も、個人的に大変好み、です。
もちろん、演奏会などで思い切り演奏できるような笙ではありませんが。

生徒さんの楽器とはいえ・・・今回、小西さんのおかげでよい修理が施され、本当によかった、とつくづく感じます。

笙の修理は依頼者の思った通りにいかないことも多々あり、、、

 

・・・続きは、あさって休ケ岡八幡宮様にて。
(残席、数隻ございます)。

https://sho3ku.cocolog-nifty.com/blog/2022/05/post-6231d8.html

小西さんをご紹介している記事をみつけました。

https://www.yomiuri.co.jp/local/nara/feature/CO049691/20210926-OYTAT50039/

当日は、小西さんご自身の作品も数点、ご持参いただけることになりました!

その触感もぜひ体験していただきたい、とのこと。。。

大変、贅沢な会になりそうです。

Img_1454

| コメント (0)

2022年5月10日 (火)

告知が遅れまくっております!(^◇^;) 次回は5月15日(日)

ごめんなさい、5月7日、森川訓恵さん、浩恵さん姉妹とのユニークなコラボ、「Sleep Slept Slept」の告知、ブログではしていませんでしたね!

最近Facebook頼みになりがちです。。。

 

次なるイベントは、漆の専門家でいらっしゃる小西寧子さんを奈良・西ノ京は休ケ岡八幡宮にお迎えしてお話を伺います。

 

チラシ表面 ↓
ダウンロード - e5b08fe8a5bfe5afa7e5ad90e38195e38293e38381e383a9e382b720pdfe6b1bae5ae9ae7a8bf.pdf


チラシ裏面 ↓

ダウンロード - e5b08fe8a5bfe5afa7e5ad90e38195e38293e38381e383a9e382b7e38080e8a38fe99da220pdfe6b1bae5ae9ae7a8bf.pdf


詳細、もう一度アップできると思いますが、まずは上記をダウンロードの上、ご覧いただけましたら、と思っています。


月末にもう1カ所、奈良でソロライブ、


Sleep Slept Slept は来月、休ケ岡様でも演奏します。
6月18日(土)、ご本殿前にて短いご奉納演奏のあと、座小屋にて。。。
ゆっくりお休みください。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

| コメント (0)

2022年4月25日 (月)

なんとなくVlog♫

 


なんとなく、の雰囲気でVlogを始めてみました。

インスタだとご覧いただけない人も多いですし。。。

奈良、ファンのかたにも、、、現地映像がお届けできましたら(もちろん、京都とか大阪とか、東京とか・・・あちこちで撮ると思いますが)。

Videoのブログです。

アップロード後、概要欄にごちゃごちゃとエッセイ風のことを書き込むかもしれませんので、ちょくちょく見ていただけると嬉しいです。
(って、文章を??😅ビデオのブログでしょ!?って突っ込まないで 笑)

チャンネル登録と👍 高評価ボタン、励みになりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

| コメント (0)

2022年4月15日 (金)

今年は様々な行事が復活するといいですね。

こちら、わたしが関わっている行事ではありませんが。。。(映像のなかで雅楽が流れていますが)。

何か、映像の「菩薩が3年ぶりに来迎橋を渡る」というタイトルに、なんだか思わず涙ぐみそうになり。。。

 

 

国内・国外、いろいろありますが、、、今年は明るいニュースが増えますように!
演奏会を延期、中止してきた雅楽団体も今年は復活できますように!

 

 

| コメント (0)

2022年4月10日 (日)

プラネタリーライブにかける想い

プラネタリー=「惑星の」という意味があります。

 

プラネタリー・ヘルスという概念があると知って、公演のタイトルを決める際に、そこから引っ張ってきました。

 

2018年から腸を患っていて、いくら病院で検査を受けても、また治療を受けても良くなりませんでした。というか、病院での治療はむしろ悪化させてしまうことが多く・・・結局、劇的に快方に向かわせてくれているのは、食事療法、アーユルヴェーダ、オステオパシー、ファスティングでした。

 

治癒への過程で、様々な本も読みまくり、さまざまな治療も体験しましたが、大量に下血した「原因」を考えていくとき、、、

 

体内の重金属の汚染度の検査で、水銀やアルミなどの汚染度がかなり高い、という事実、お医者様のお話では、「日本人だと、汚染された近海の魚を食べるので仕方がない、でも最も汚染されている世代は10代以下の子供たち」(!!!)という事実!や、農薬や普通に飲む痛み止めの薬が腸内を荒らしているという事実を自分の体で感じることとなりました。

 

プラネタリーヘルス、よくよく調べてみると、少し底が浅い概念ではありましたが(笑)、個々人の健康も、地球規模での「健康、健全」を考えていかないと、守ることはできない、ということです。。。

 

地球規模の、例えば異常気象や化学物質、薬品の汚染から、わたしたちは逃れられない。

 

東京の、しかも大好きな文京区に住んでいて、それでも何か息苦しいものを感じて、最後の10年間は(なんとか、山手線の外側に出たい!)と思い始めたのは、本能だったのかもしれません。

 

わたしは子供の頃からSFを読み慣れていたので、「人類の極端な減少、あるいは絶滅」といったことがかなりリアルに頭の中に思い描けます。
いわゆるディストピア。

 

そちらの方向に、もう人類は舵を切らないだろう・・・とは思いますが、可能性ゼロとも思えません。。。

 

プラネタリーライブで、星の寿命、恒星や地球が終焉を迎えるとき、、、という描写をするのは、それはもう、100%、必ずやってくるものだからです。

 

他の星から地球を眺めるイメージ。

 

なぜかこれは強く、子供の頃から持ち続けているイメージです。

 

そして、(そのとき、そこに人は住んでいるのだろうか?)という疑問。

 

その視点から、人の歴史を思ったり、他の星への移住ということも考えてみたり。。。火星などへの移住が、ここ数年でがぜん、現実味を帯びてきた、ということも見逃せません。

 

笙や雅楽の音に光や天空だけでなく、宇宙を感じるのは、なぜなのでしょうね。

笙や雅楽や仏教が日本に入ってきた頃の人たちのほうが、より自然や天の働き、宇宙の働き、仕組みを「脳」ではなく「体感」で感じていたのでは、と思えてならないのです。


わたしは、病を得たことで、、、自分の体と外部との繋がりをより、強く感じるようになりました。


食べること=思えば、まさに世界との繋がりかたのひとつなのですよね。。。


地球から生まれ、地球のひとつひとつの細胞のようなわたしたち。。。地球を汚染しすぎてしまったら、もちろんそこからは逃れられない。。。

 

プラネタリーライブの最終エピソードは「大気圏外から」としましたが、まさに大気圏外で観る光・・・のような音を追いかけているのかもしれません。


クラシックとか雅楽とか古典とか、モンゴルの民謡とか、エレクトリックとか、アンビエントとか、もうジャンルを問わず・・・光と闇のせめぎ合い、森羅万象のような音世界。

この先、どのような音を奏でるのか、、、

本人にもわかりませんwww

| コメント (0)

2022年4月 6日 (水)

どう、このカッコよさ!(笑)宇宙です!(江藤ごなお編集バージョン)

昨年10月28日城陽プラネタリム@京都府城陽市で行われた、「プラネタリーライブ」のダイジェスト映像、新バージョンです。

昨年公開しました旧バージョンはごなおさんからいただいた映像を元に、主にわたしが編集を行っていますが、こちらは江藤ごなおさんによる本格的な編集です。
※オープニングの音楽は、わたしの作品ではありませんのでご了承ください!

どう、このカッコ良いこと!(編集が!映像が!)

かなりSFっぽい映像も入れてほしい。ループマシンの映像もいれてほしい。すこし、ディストピア的映像の雰囲気も出してほしい(エピソード3など)。などなどの要望を短時間でさくっと飲み込んでくださり、できあがったのがこちらの映像です。

わたしのほうの作業の遅れで、アップロードまでにだいぶ時間がかかってしまいましたが・・・個人的にかなり気に入っている曲もあるので、それを作り込んだ、あるいは布石にした即興ライブなどもまた行いたいと思っています。

まずはご覧ください。。。そして、よかったらチャンネル登録も是非お願いいたします♪



 

 

 

| コメント (0)

«大洞院春コン&ギャラリー Ten→Sen(ギャラリーテンセン)コンサート、無事に終わりました