2022年10月 3日 (月)

10月9日は奈良おがたまにてぷらっとライブvol.3

*文字情報だけでごめんなさい!
写真などがアップロードできない状態になっています。。。Niftyのエラーのようですが、急ぎ、文字情報だけでもアップします。

日曜日は、どうぞよろしくお願いいたします!

10月9日(日)
奈良で奏でる「ぷらっとライブ」vol.3

伊藤えりソロ・笙、竽、ライブルーピングによる演奏

<時間>
1st stage: 13:30-14:00
2nd stage: 14:45-15:15
3rd stage: 15:30-16:00
*内容は3回とも異なります。
各回30分 1,000円(限定20名)

<会場>

おがたま・音 
近鉄奈良駅1番出口徒歩5分
奈良市鍋屋町3
*会場には駐車場がございません。近隣のコインパーキングをご利用ください(前の道路は一方通行ですので、ご注意ください)。
お問い合わせ・ご予約は・・・
for_solo_voice@nifty.com (伊藤)
まで。


Loopmachine (RC505、RC505mKII)などを使った伊藤えりソロライブ。
「笙の響きを愉しむ実験ライブ」、今回は3回目です。
1ステージの演奏時間を短くしていますので、「ぷらっと」聴きやすい構成です。
1ステージをぷらっと楽しまれても、お気にめされましたら、休憩をはさんで2ステージ、3ステージでも。。。

昨年の「プラネタリー・ライブ」(@城陽プラネタリウム)の延長線上にある、実験的で宇宙的な音世界を目指しています。
笙の倍音の響きに助けられながら・・・

今回はこちらでは初めて、正倉院の復元楽器「竽」(う)も使用します。
どうぞお楽しみに。

*ご参考までに・・・vol.1の演奏から

 

 




| コメント (0)

2022年9月24日 (土)

お稽古動画作っています

Vlog、更新しました

楽器の扱いについてのお稽古動画を制作中です。こちらは多分有料視聴になると思いますが、今後YouTubeで無料視聴できるものもアップしていきますので、どうぞチャンネル登録、よろしくお願いいたします(励みになります!)。
こちらの動画の概要欄で、今後の予定にも触れています(内容未定が多く、とりあえず日程だけでも😅)


| コメント (0)

2022年8月24日 (水)

Vlog更新しました

久々にVlog更新しました。

9月4日、どうぞよろしくお願いいたします。

ちなみに9月10日はsold outです。

 

| コメント (0)

2022年8月14日 (日)

9月のコンサートのご案内

ピアニストのかたがご病気ということで、急遽ご依頼をいただいた演奏会です@奈良

2022年9月4日(日)

「魔法の音楽会」

開場:13:30 開演14:00

@奈良100年会館小ホール

入場料前売り 一般3000円 学生1500円
当日 各プラス500円

出演:田島隆(タンバリン)、松本太郎(尺八)、伊藤えり(笙、ライブルーピング)


前売り予約は090-2592-9375(松本)へ。

わたしのほうでもご予約承ります。

for_solo_voice@nifty.com

へ。

今年の1月、ならまちセンターでご一緒させていただいていた、尺八の松本太郎さんのお声がけ。

実は、来年1月に、ならまちセンターで太郎さんと一緒にライブをするお話があり、そこからの流れです。

松本さんは生粋の奈良生まれ奈良育ち。
松本さんの曲に「水瓶座」という曲があるのですが、なぜか、とても奈良の大地、空気を感じました。


お声がけいただいて、本当に嬉しいです。


タンバリンの田島さんとはお初です。。。
ここ数年、パーカッション系のかたとのコラボが多いのですが、「タンバリン」奏者のかたは初めてです。
「魔法の」音楽会というタイトルにぐっときました(笑)。

個性と個性のぶつかり合い、いえ、融合になりそう?

「魔法の」日曜日になりそうです。。。


続いて、

今年の春に千葉県柏市大洞院、松戸市ギャラリーTen→Senで共演させていただきました、岩城さん、藤本さんチームのお仕事に友情出演@京都。


2022/9/10(土) 開演16:30

京都アートスペース二条城前・アルバ 
 

星の巡礼コンサート vol.7 十二星座の音楽と、いのちの時間の物語「バスに乗って」

京都市中京区油小路通二条上る薬屋町593番地 スガビルB1


チケット¥3,000
中学生以下¥1500
(お問い合わせ・090-8037-7437)


出演: さわきょうこ(お話)
岩城里江子(アコーディオン)
藤本亮平(マリンバ)
友情出演 伊藤えり(笙)

リハーサルが多分当日しかできないため、ちょっとどきどきしているのですが。。。

どうぞお楽しみに!

| コメント (0)

2022年8月 2日 (火)

8月!

こちら、更新できていなくて、本当にすみません。。。

8月生まれのわたしは体調は良好です。

8月、残念なことにひとつ、お仕事がコロナの影響で流れています。

「ぷらっとらいぶ」@おがたまは、7月はご来場のお客様も暑かろう、、、と思いお休みをいただいていますが、8月はリハだけを行なって9月に続行の予定。

9月はふたつ、コンサートの予定。

12月にひとつ、イベントで演奏の予定。

来年1月にやはりコンサートの予定。

今のところオール関西、ひとつは京都、他はすべて奈良、でございます♪

コロナ騒動もまだ落ち着かないようなので、ちょうどよいペースかと思います。


詳細、オープンになってからこちらでまた告知させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

あっっ、今気がついたのですがΣ(゚д゚;)

すでにオープンになっている京都のコンサートのみ、リンクを貼ろうと思っていたのですが、、、

ブログには書いていませんでしたね。

9月10日、春に共演しました岩城里江子さん(アコーディオン)と藤本亮平さん(パーカッション)のコンサートに「友情出演」で少しだけ、参加いたします。。。Facebookには掲載したのですが、こちらの掲載がまだでした(^◇^;)

会場は京都の小さなホールです。

まずはこちらをどうぞよろしくお願いいたします!

| コメント (0)

2022年6月17日 (金)

ふと思う・・・即興の魅力について

明日は、、、休ケ岡八幡宮さまで「Sleep Slept Slept」眠れるコンサート。

森川訓恵、森川浩恵、伊藤えりの3名の即興演奏。

訓恵さんの十七絃に浩恵さんのお箏・・・が奈良で聴けるなんて、とてもラッキーだと思います。


即興の魅力・・・わたしの場合は、演奏をする上で「考えなくなる」こと。

「考える余裕がない」といいますか(笑)。


考えているのですが、感覚だけで、だんだんと動けるようになります。

ただ、頭は使わないようで、全身全霊を使う感じなので、疲れます。

前回のおがたまさんでの「ぷらっとライブ」は翌日10時間眠りました(笑)。30分、3回公演。のんびりやっているようで結構、ハード。


考える余地もない即興、、、それが即興の魅力ではありますが、実はなかなかその「境地」には入っていけないものです。

人によっては「ゾーン」なんて言い方をするのかなあ。


自覚なく入っていることもあれば、意識しつつそちらに持っていって、入ることもあるようです。


これは場数をこなしたほうがいいなあ、、、と思い、この数ヶ月、いろいろと始めたところです。おがたまさんでの演奏は、月1から2ヶ月に1回ペースで続けたいと思っています。


古典の雅楽の演奏の場合は、「理性」の世界。


常にコントロールしているうちに、理性が覚めていく感じ。研ぎ澄まされる感じ。陶酔、というよりはやはりはっきり理性やら自覚があるなかで、「覚醒」している感じ。

これも実はなかなかその感じには至れなくて(笑)。



譜面がある洋楽の演奏などは、、、困ったことに演奏ができるようになると、わたしの脳は「遊びにいってしまう」ことが多くなるのです。

決まったことを決まったように繰り返すのが苦手、なタイプです。もちろん、決まり切ったことをどんどんブラッシュアップしていくことが大切なのですが、、、そこでわたしは「こう奏でようか、こう歌おうか」と考えてしまう。

「考える」ことと、即興などで「変化」させていくことは違うのかな。。。

何かを付け加えたり、改変したり、パラフレーズしたりしたくなる。。。

「思いついて」(ひらめき?インスピレーション)、それを音にしていく作業は、「考えてひねり出す」のとは、どうも違うようです。


楽譜があっても、初見で演奏すると、かなりよい感じで演奏できることが多いのは、そのせいかもしれません。

さて、明日はどうなりますか。。。

限定20席。残席あります!


| コメント (0)

2022年6月14日 (火)

前後しますが・・・ぷらっとライブvol.2のご案内を先に

Phonto-12

 

(週末に、「休ケ岡八幡宮 りんりん♪学び舎」にて、「Sleep Slept Slept」ライブがありますが、Facebookで告知済みです。。。ブログでは先に、こちらのライブのご案内を・・・)


ぷらっとライブ vol.2
伊藤えり笙ソロ+Loop machine

【日時】6月26日(日)
1st stage 13:30-14:25(30分) 即興中心(のんびり)
2nd stage 14:15-14:45(30分) 今回も調子の演奏が主になります。
3rd stage 15:30-16:00(30分) 即興中心(ややアグレッシブ)
(各回1,000円)

【会場】おがたま(奈良市鍋屋町3)近鉄奈良駅から徒歩6、7分
各回、限定20名

今回も、ソロです。

ですが先々、どなたかとの共演も考えています。
と、いいますか、絶対やりたいです😼

それまでは、孤独にループ修行・・・

ワン・ステージ30分。

ぷらっとご来場されて、30分間ワン・ステージ、笙の響きを体感。

あるいは2ステージ、あるいは3ステージ続けてお聴きいただいても。

1st ステージはゆるやか、かつ不定形な「序」のイメージの即興

2nd ステージは雅楽古典曲「調子」をそのまま演奏したり、少しアレンジを加えたり(「破」のイメージ)。

3rd ステージは「急」

(この構成は前回と変わらず。)

前にもアップしましたが、前回の動画↓

https://youtu.be/W_TnL7PjyX8



会場の「おがたま」さん、ご来場いただいた方に大変好評です!

雰囲気の良さは抜群です。

近鉄奈良駅からも近い。

大切にされている小さなお庭には、お社。

なにかこう、奈良らしい、清い感じ⭐️があります。

前回は、とりあえずワンステージ、駆けつけてくださった方、ゆったり奈良を散策されてから2ステージ、楽しんでくっださったかた、いろいろでした。

直近のご案内にも関わらず、ありがとうございました。

今回も、どうか気軽にお楽しみください。

*当日、会場内は飲食不可です。
2ステージ以上、お聴きいただけるかたは、2nd と3rd ステージ間の45分、外でお茶を飲むも、会場でのんびりされるも、自由です。
*前回は1st と2ndの間も45分、空いていましたが、今回は15分と、短くしました。1stと2nd、続けて聴きやすくなります。

コンサートのお申し込みは、for_solo_voice@nifty.com (伊藤)まで。

お名前と、どの回を参加ご希望かをお書きの上(1stか2ndか3rdか)ご連絡ください。
必ずPCからのご返信を受信でいるメールでお申し込みください。

お支払いは当日会場にて。
もちろん当日ワン・ステージ聴かれたあと、追加でお申し込みをいただくこともできます。

ただ、当日、20名を超える場合はご入場をお断りすることもありますので、その際はご了承ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

| コメント (0)

2022年6月 3日 (金)

怒涛の5月となっていた・・・!Σ(゚д゚;)

6月もすでに3日・・・

5月の初旬のことがもう何ヶ月も前のことのようです。

気がついたら、どうして、なんで、ゆっくりのんびり生きようと思っていたのに、とても忙しい月になっていました。

ひとつひとつの体験が重くて、しかも楽しくて

しかも充実❤️

どれもが超・長文になりそうな出来事ばかりで。。。

でも、とりあえずは先へ、前へ進みます(笑)。

本当に関わってくださった皆様、ごめんなさい。そして貴重な機会をありがとうございます!



起こったことをざっと書き出しますと、

5月ゴールデンウィーク中はリトリートで初めての熊野へ!

長年憧れていた土地でしたが、とうとう夢がかなった!という感じです。

印象的だったのが、


地元の人しかご存じないとう、小さな滝の前で皆で歌っているときに、ふっとひとり高音で即興で歌い始めました・・・まさに即興ですが・・・

喉が開いた感じです。

あ、こちらのほうが心地よい・・・と思って、ひとりだけ関係ない副旋律を歌ってしまいました。。。

不思議な経験でした。

 

そしてその帰りがけに突然「ギアが入った」感じになって、ヴァージョンアップしたのです、わたし(笑)。(目撃情報あり?えりさんが、いきないバージョンアップした〜!!!とのこと、笑)

いえ、冗談ではなく。


やっぱり不思議な霊気漂う空間です。

まあ、、、自然が豊かなところはだいたいそうですよね。

都会のなかで、失ってしまっている気の補充をいただいている、というか。

思えば結構な強行軍でしたが、2泊3日、それほど疲れませんした。

病が回復してきているのを感じました。。。



奈良に戻ってきてすぐに神戸で

新しいユニット「スリープ・スレプト・スレプト」のコンサート。
箏奏者の森川訓恵、森川浩恵姉妹とのゆったりまったり、のんびりタイム。
浩恵嬢とは、ループでのコラボもこれで2回目?機材が2ランクぐらいバージョンアップしてのお手合わせ。

ご来場の皆様もゆっくりおやすみいただけたようで、何よりでした

翌週が、「休ケ岡八幡宮 りんりん♪まなび舎 第1回 蘇った江戸時代の蒔絵 小西寧子さんをお招きして」開催となりました。

笙の蒔絵の修理のお話でしたが、、、小西さんのお仕事の貴重さが、どれくらい伝わったのでしょうか。。。

一度、文章にまとめたいと思っています。

続いて東京笙教室。

奈良に戻ってきて、数年振りで奈良・おがたまでの「ぷらっと・ライブvol.1」。
ループマシンを使ってのソロライブ。
笙とピアノ、シンセ音でいろいろやりましたが・・・・

実は翌日10時間ぐらい眠りました(笑)。
疲労が半端なかったのです。

今回はひたすら演奏に集中・没頭していましたので。。。

ただ(トータル1時間半でしたが)、自分的にダメダメな部分も多くあったものの、はっきりとした手応えが感じられた部分も出来上がりました。

来月もループ修行・笙修行・ピアノ修行は続きます。

すべて写真もあげられなくてごめんなさい!
最後のおがたまでのライブから1分切り取り。
YouTube映像です↓

https://youtu.be/W_TnL7PjyX8

あまり更新しないのも申し訳ないので(笑)。

ざざっと5月の動向をアップして、6月に突入です。。。


| コメント (0)

2022年5月20日 (金)

5月29日、ライブのご案内!

(Facebookからの転記です!)

Phonto-8

最近特に「直近すぎる告知」で有名?な伊藤です(^◇^;)




日曜日は・・・
「ぷらっとライブ vol.1」伊藤えり笙ソロ+Loop machine

【日時】5月29日(日)
1回目 13:00- (30分) 即興中心(のんびり)
2回目   14:15-(30分) 調子の演奏が主になります。
3回目 15:30- (30分)即興中心(ややアグレッシブな内容・・・を目指します)
(各回1,000円)

【会場】おがたま(奈良市鍋屋町3)近鉄奈良駅から徒歩6、7分


各回、限定20名

ワン・ステージ30分。

ぷらっとご来場されて、30分間、笙の響きを体感。

あるいは2ステージ、あるいは3ステージ続けてお聴きいただいても。

全体で「序・破・急」のイメージ。

1st ステージはゆるやか、かつ不定形な「序」のイメージの即興
2nd ステージは雅楽古典曲「調子」をそのまま演奏したり、少しアレンジを加えたり(「破」のイメージ)。
3rd ステージは「急」。ややアグレッシブに攻めた即興。

調子だけお聴きになりたいかたは2ndがおすすめです。

会場の「おがたま」さんは、2017年に一度、古典のコンサートを開催させていただきました。
当時、まだオープンしたてで、お庭には小さなおがたまの木が植えられていました。

先日、下見に伺ったときに大きな木になっていました。。。

ああ、もう5年も月日が過ぎたのか・・・と感慨深く思いました。

繊細な倍音を拾ってくれる、会場です。

ありがたいです。

生ピアノもあります。
もちろん使わせていただきます。

「ぷらっとライブ」シリーズは、イメージ的には昨年の「プラネタリーライブ 宇宙の音楽」@城陽プラネタリウム の延長線上にある企画です(今回は映像はありませんのでご了承ください)。

完全即興に加え、当日演奏した曲も数曲、再構成、進化させてお届けする予定です。

5月最後の日曜日は、ゆるっと倍音浴、いかがでしょう?

*当日、会場内は飲食不可です。2ステージ以上、お聴きいただけるかたは、ステージ間の45分、外でお茶を飲むも、会場でのんびりされるも、自由です。

お申し込みは、for_solo_voice@nifty.com (伊藤)まで。
お名前と、どの回を参加ご希望かをお書きの上(1stか2ndか3rdか)ご連絡ください。

必ずPCからのご返信を受信でいるメールでお申し込みください。

お支払いは当日会場にて。

もちろん当日ワン・ステージ聴かれたあと、追加でお申し込みをいただくこともできます。

ただ、当日、20名を超える場合はご入場をお断りすることもありますので、その際はご了承ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

| コメント (0)

2022年5月13日 (金)

5月15日 蘇った江戸時代の笙の蒔絵

今回小西寧子さんに修復していただいた笙には

「薗土佐守太秦廣幾造之」と銘が入っています。
明和年間の薗廣幾作。

古い笙には、もう使えなくなってしまっているものも結構あります。

「ここの、この部分の状態さえ良ければ!」というものも結構見てきました。。。
一応煤竹のはず、なのに数十年で竹組みがわずかに崩れ、根接ぎに隙間ができていた管も見たことがあります。
おそらく煤竹が硬いため、逆にきっちり組みきれなかったのかなあ、、、と推察しました。

ですが、このかたは白竹の楽器はかなりよいものも後年、作られています。


今回、写真だけですが、ご覧いただく笙は約200年以上前ですから、相当管理がよかったのだと思います。

銘は、実は後から入れることもできるので、当てにならないのですが(箱書きなども同じ)、この笙は本当に、名管だと思います。

音色も、個人的に大変好み、です。
もちろん、演奏会などで思い切り演奏できるような笙ではありませんが。

生徒さんの楽器とはいえ・・・今回、小西さんのおかげでよい修理が施され、本当によかった、とつくづく感じます。

笙の修理は依頼者の思った通りにいかないことも多々あり、、、

 

・・・続きは、あさって休ケ岡八幡宮様にて。
(残席、数隻ございます)。

https://sho3ku.cocolog-nifty.com/blog/2022/05/post-6231d8.html

小西さんをご紹介している記事をみつけました。

https://www.yomiuri.co.jp/local/nara/feature/CO049691/20210926-OYTAT50039/

当日は、小西さんご自身の作品も数点、ご持参いただけることになりました!

その触感もぜひ体験していただきたい、とのこと。。。

大変、贅沢な会になりそうです。

Img_1454

| コメント (0)

«告知が遅れまくっております!(^◇^;) 次回は5月15日(日)