カテゴリー「Concerts (演奏会などの情報)」の記事

2019年3月25日 (月)

4月以降のコンサートの予定

おかげさまで、少しずつ元気を取り戻しています。


現在決まっている予定です。


2019年4月13日(土)16:30 開場 / 17:00 開演


内田輝 × baobab「road」奈良公演@sonihouse


ゲスト:伊藤えり(笙奏者)
*今のところ、1、2曲のみ、ゲストで演奏させていただく予定です。


¥3,500(ドリンク付き)
*高校生以下¥1,500(ドリンク付き)



ご予約は「road予約」をタイトルに、「お名前・人数・電話番号」をメール(info@sonihouse.net)にてご連絡ください。



 



 



 



 




 



 


View this post on Instagram

 


開催までちょうど三週間。奈良在住の笙奏者、伊藤えりさんのゲスト出演が決定しました。 シルクロードの終着点と言われるここ奈良で、各地の古楽器が融合し、独特の世界観を作り出します。貴重な機会を是非。 *** 内田輝 × baobab「road」奈良公演@sonihouse ゲスト:伊藤えり(笙奏者) 2019年4月13日(土)16:30 開場 / 17:00 開演 ¥3,500(ドリンク付き)*高校生以下¥1,500(ドリンク付き) ご予約は「road予約」をタイトルに、「お名前・人数・電話番号」をメール(info@sonihouse.net)にてご連絡ください。 #内田輝 #akirauchida #baobab #伊藤えり #clavichord #笙 #sonihouse #古楽器


sonihouseさん(@sonihouse_nara)がシェアした投稿 -


 



6月8日(土)和編鐘+笙 cocert


京都・法然院 16時半会場・17時開演


ゆきね(有機音)(和編鐘)


ちよね(千代音) (和編鐘・打楽器)

伊藤えり (笙)

曲目:組曲 「水の祈り」


枕草子より 春はあけぼの
      夏は夜



前売り:一般3,000円 ペア券5,000円


当日券;一般3,500円 


<お申し込み・お問い合わせ>


有機音工房 yukine6939@yahoo.co.jp


主催:有機音工房


協力:法然院


後援;公益社団法人日本演奏家連盟

*写真など詳細、後日アップさせていただきます。





 

| コメント (0)

2019年1月31日 (木)

2月3日「浄土の雅楽」

「浄土の雅楽」レクチャーコンサート。
場所・大阪府堺市東区西野521 旭照寺(きょくしょうじ)
時間・14時から16時
演奏とレクチャー 伊藤えり
      篳篥・山上正尊 (旭照寺住職、大阪楽所)
      龍笛・阿満慎介 (本願寺式務部知堂)
入場無料。当日会場へ。
迦陵頻急、陪臚など仏教にゆかりが深い曲から、雅楽で一番有名な曲、越殿楽などを仏教関係の解説、映像とともに。
Facebookの画像が、今どうしても出てこないので、基本情報だけ。。。
どうぞよろしくお願いいたします。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月21日 (水)

1月12日、京都コンサートホールにて

こちらのコンサート、申し込み締め切りが結構近いようですので、急ぎ、告知。

笙の上田弘美さんとの共演となります。
笙の調子2曲ほか、佐藤岳晶さんの作品2曲に参加。
パイプオルガンとの演奏もあり、楽しみです。
無料の催しですが、締め切りは12月5日とのこと。

どうぞよろしくお願いいたします。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月18日 (日)

11月23日プラネタリウムコンサート

ただいま、絶賛仕込み中です!

Facebookのほうにも書きましたが、10年以上前から手がけ、一度は諦めていたことが少しずつ実現しています。
当時はできなかったことが、機材類の進歩で、いとも簡単にできるようになり、驚くと同時に感謝です💫
笙の響きを活かした演奏と作品をお届けできれば、と思います。
熟睡必須のコンサート!?
どうぞよろしくお願いいたします。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 5日 (金)

プラネタリムコンサートの宣伝用ムービーとCD雑感。。。

11月23日の城陽プラネタリムコンサートの宣伝用ムービーをプラネタリムさんがお作りくださいました。

昨年度のムジークフェストのリハーサル、本番時の写真などをもとに、素敵に構成してくださっています。。。

※↓そのままですと音量が「オフ」になっていて聞こえません。
フルスクリーン表示にして、×印がついたスピーカーのマークをクリックしてからお聴きください。

BGMはCD「祈りの海へ・・・」からです。
2009年にリリースした、わたしのデビューCD。

いろいろとわからないままに製作してしまったCDですが、江原啓之さんを朗読にお迎えして、本当に贅沢な内容で構成させていただきました。
(江原さん、今でも心から感謝しています!)

このCDで、当時の自分が、やれるだけのことはやっていると思います。

また、音楽の専門家でない方々も十二分に楽しめて、何度も何度も聴きたくなる音楽を笙で作りたい、という願いは叶っていると思います。
たくさんのかたから、「ipodに全部入れて、毎日聴いています」「夜、寝る前にかけます」など、大変嬉しいご感想をたくさんたくさん、いただきました。

でも、まだやり足りていないこともたくさんあったのです。
試行錯誤がずっと続いています。

あの時から。。。

現在(いま)も。。。

ちょうどリリースしてから10年になりますが、今、ようやくそういったことを実現できる準備が整ってきているように思います。

CD、という形に結実させるのかどうか、定かではありませんが、今から来年度以降、形にしていくつもりです。

ループマシンはその前哨戦。。。
ライブで楽しめるのと同時に作曲の補助ツールとしても使いこなしていきたいです。

ようやく、やりたかったことにこの10年でテクノロジーが追いついてきてくれている感じです。

10年も時間がかかってしまったのですが、、、10年は、必要だったように思います。

自分が「納得」するまでに必要だった時間です。

そぎ落としながら身につけていくことが同時に必要とされていくと思いますが。。。

自分としては何か、わくわくするものがあります。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月30日 (日)

コンサート情報いろいろ♪

明日から10月ですね!

コンサート情報がこのところなかなかまとめてアップできず、 楽しみにしてくださっている皆様、本当にごめんなさい。

フェイスブック上ではぼちぼちと出しているのですが。。。
(以下フェイスブックよりコピー)

↓もうすぐです!
2018年10月3日

「音楽舎まほら 手向山八幡宮奉納コンサート

開演 18:00〜 

場所:奈良県手向山八幡宮
入場:無料
出口煌玲 / 龍笛
高木了慧 / 篳篥
林哲至 / 笙
久保比呂誌 / 津軽三味線・KB
榊原明子 / E.Piano

【本年のゲスト】
伊藤えり / 笙  詳細は下記右側のfマークをクリックしてご覧ください。


2018 年 11 月 10 日(土) 19:00~
 
 伊藤えり(笙)
スキッパ・ハスッパ
(森川浩恵、森川訓恵 筝)

息のキャンバス
(国立国際美術館のアローラ&カルサディーナのパフォーマンス作品 Lifespan の上演で 出会ったメンバーで結成した、主に息音や口笛を使った演奏をするグループ)


予約 1500 円、
当日 2000 円 +オーダー

会場・シェ・ドゥーヴル (chef d'oeuvre)

大阪府大阪市西区阿波座 1-9-12 06-6533-0770 地下鉄四ツ橋線「本町駅」より徒歩 3 分

問合せ HGD02020@nifty.ne.jp   078-821-8331 (くらもと)


11月23日(祝)18:00開演
⭐️城陽プラネタリウムコンサート
「笙がいざなう星と眠りの世界」


↓詳細はこちらへ。。。

http://sho3ku.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/1123-cabc.html

 
11月25日(日)13時開演
 
NPO法人「まほろば円舞会」10周年記念
 
会場・なら100年会館大ホール特設ステージ
 
ピアニスト・作曲家の榊原明子さんと越殿楽のアレンジバージョンを演奏します。
舞は女人舞楽原笙会の生川純子さん。
舞台は子供から高齢者、そして障害者のかたがたの発表の場。
先日リハーサルがありましたが、わたしたちが参加させていただくのはストーリ仕立てのダンスの、最後のほうの部分です。
華やかな天平衣装が奈良らしい舞台となりそうです。

クラウドファンディングと公演詳細↓ 華やかな天平衣装が見応えありそう!!
https://readyfor.jp/projects/17815
 
2019年1月12日(土)
京都女子大学ニューイヤー・コンサート
京都コンサートホール大ホール

笙の上田弘美さんと共演させていただきます。
上田さんとはおそらく30年ぶりぐらいの共演?
パイプオルガンなどと共演の作品もあるそうです。
詳細は公開されましたら追って。


2019年2月3日(日)
大阪は堺市の旭照寺様のお招きでコンサートの予定。

龍笛・阿満慎介

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 5日 (水)

9月の予定

今月は、まず9月16日(日)、万寿ゴルフクラブにお招きいただきまして、演奏します。会員様向けのイベントですので、非公開です。

9月17日(祝)、薬師寺休ケ岡八幡宮様 子供相撲の御祭礼の式楽で演奏します。

翌週24日(月)は西宮妙寶寺様での法要楽の奏楽ですが、こちらも非公開。

東京笙教室は9日から12日まで。
(奈良、京都教室は満席、現在募集をストップしています)。
どうぞよろしくお願いいたします。


チケット受付始まりました。

 

今年の3月にやはりソロで演奏させていただきましたプラネタリムコンサート。

好評につき、再度城陽プラネタリム様からご依頼をいただき、11月に演奏します。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月25日 (土)

毎日新聞社「笙の響きと雅楽の愉しみ」は来年になりそうです

今日はJEUGIAミュージックサロンでおけいこでした。
明日は休ケ岡八幡宮さまでおけいこです。

年に1度から2度、必ず行なってきました、毎日新聞社京都支局での「笙の響きと雅楽の愉しみ」は昨年の8月で第8回目を迎えましたが、今年は年内の開催が難しそうです(開催できるとしても12月?)。
楽しみに毎回いらしてくださっているお客様、本当にごめんなさい。

その分、さらに内容を充実させて企画したいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月15日 (水)

⭐️11月23日、プラネタリウム再び!

城陽プラネタリウムコンサート。

今年の3月3日はおかげさまで好評のうちに無事にコンサートを終えることができました。
再度城陽プラネタリウムさんよりお声がけをいただき、ソロコンサートを行います。
毎年11月に行っている「熟睡プラ寝たリウム」という企画(笑)。
3月は、星に関わる古代史(キトラ古墳の映像や東大寺で発見された陰陽の剣の話など)と近代、現代の話をいったりきたり、ナレーションと音楽でつないでいきながら、星空を堪能する、というような、独自の構成でした。
宮沢賢治の銀河鉄道の夜の話あり、「ループ」マシンの話から円環する時間観の話など。
調子の演奏や即興、オリジナル曲をお届けしました。
今回はどのようなお話と音楽をもってこようかと現在思案中です。
あの手この手で、みなさんを熟睡へと誘います!?

日時・2018年11月23日(金・祝日)

     18時開演

場所・文化パルク城陽プラネタリウム

 熟睡プラ寝たリウム

「笙がいざなう星と眠りの世界」

 

入場料1000円

お申し込みは0774-55-7667(パルク城陽プラネタリウム)へ。

どうぞよろしくお願いいたします。

H30_11_23

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月16日 (月)

7月の2コンサートが終わり、、、

7月は両方ともいっぷう、毛色が変わったコンサートに参加させていただきました。

ひとつは、京都法然院様での内田輝さんのコンサート。
庭に面した窓を開け放ち、庭を背景として、暮れなずんでいく時間帯からスタート。

庭にはししおどし、ひぐらしの声、鳥の声。

濃厚な京都ならでは、の雰囲気のなか、静かに、余白をもって演奏される内田さんの音楽。クラヴィコードと笙、内田さんもおっしゃっていたように、歴史のある楽器どうしだから、とてもよく合うのかもしれません。

ぜひ、再演を、という声も高く、わたし自身も再演させていただきたいと思っています。

そして、先日土曜日(7月14日)の京都ゲーテインスティテュート・ヴィラ鴨川でのジモン・ルンメルさんのコンサート。当日は京都では38.5度の酷暑を記録、祇園祭も重なって、お客さまの入りは?と思っていましたが、最終的には100名ほどのかたがたにご来場いただけたそうです。

ジモンさんにお声がけいただいたのは2年前、神奈川県立音楽堂で佐々木冬彦さんの作品を演奏したときのこと。

知人のご紹介で、コンサート終了後にお目にかかったのですが、「笙のような楽器を自作したい」とのことで、(えー、大丈夫なのかな?)と思いました、正直なところ(笑)。

メールで何度もやりとりしながら、今年の4月、ゲーテのレジデントとして日本に来られたときにお目にかかり、リードオルガンのリードを100枚、持参されて、その調律法を見せていただいたとき、(これは何か面白いことになりそう!)と、思いました。

なぜかクラヴィコードを自作された内田さん、まったく新しい、笙から思いついた楽器を制作されたジモンさんとのコラボが続きましたが、音楽の根源って、こういうことなんだろうなあ。。。。と、感じ入っています。
ジモンさんは、シンセ音源のプログラミングのことなどもご存知なようなので、やろうと思えば、シンセ音源でも笙の音を作って、鳴らせるはず、なのです。

でも、それでも、自分の手で、楽器を作ってみたい。演奏してみたい。。。

その「思い」が実現していく過程をずっと見ていて、わたし自身、すごく刺激になりましたし、演奏したジモンさんの曲にも、まだまだ広がっていく可能性を感じました。

わたし自身が今、シンセサイザーをいじり始めていて、新しい音を模索中なので、共鳴できる部分もすごく大きかったです。

ただ、わたしの場合は、シンセの音そのものが目的、というわけでもなく。

作曲のツールとして、シンセやDTMが面白い、、、というところです。

その先に応用編が待っている!?  今、「初球編」というところでしょうか(笑)。


さて、今年の11月23日は、3月に続いて再度、京都城陽市のプラネタリウムでコンサートの予定です。

その前に、小さなライブを2、3回できないかと場所を探しています。。。

機材がある程度、会場にあり、気軽にライヴができる場所。。。と、いうとやはり奈良かしら。。。
恒例、毎日新聞社京都支局での、レクチャーコンサートシリーズ「笙の響きと雅楽の愉しみ」は、昨年は8月でしたが、今年はおそらく、やれるとして、12月、かと思います。

いよいよ9回目となります、こちらのシリーズ、やりたいテーマはまだまだありますので、どうか引き続き、「ご贔屓」に。。。。

8月は少しお休みをいただいて、東京教室の笙の生徒さんたち3名により発表会を広めの和室をお借りして行なう予定です。

笙だけの合奏、なかなか涼やかです。

詳細、後日告知しますのでどうぞよろしくお願いいたします。

| コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧