カテゴリー「Concerts (演奏会などの情報)」の記事

2017年9月11日 (月)

来年の企画ですが⭐️

Facebookからの貼り付けでごめんなさい。 先日、お打ち合わせに行ってきました⭐️ ⭐️プラネタリウムでコンサートをします⭐️

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月 8日 (金)

秋の予定

さっくりですが。。。

⭐️「なら国民文化祭」の一環で、出演します。榊原明子さん作曲の作品のなかで笙を演奏します。

Image




















ピアノと能の響演 重衡
【日時】10月14日(土)11:00開演(10:30開場)
【会場】奈良春日野国際フォーラム甍~I・RA・KA~ 能楽ホール
( 奈良市春日野町101 )
【出演】 大槻文蔵(観世流シテ方・人間国宝)
             久田舜一郎(小鼓)
             榊原明子(ピアノ・作曲)
             水谷川優子(チェロ)
             伊藤えり(笙)
【参加料】500円 ※自由席・当日清算とさせて頂きます。
              ご入場のご予約は下記まで。
              pianodenara@gmail.com (ピアノで奈良を奏でる会)

⭐️10月22日(日)腎生会 全国大会 
父が大変お世話になっています、「椎貝クリニック」の「腎生会」主催の年に一度の全国大会。椎貝先生は腎臓治療では、世界レベルの治療を独自の検査方法で行なっておられる先生です。
会のなかで、途中20分程度ですが、ファゴット奏者の太田晶久さんと演奏させていただきます(サティーのジムノペディー)。太田さんとピアノの竹花和恵さんとの共演も。
【時間】12時半開場。演奏は14時半頃の予定。
【会場】取手ウェルネスプラザ 取手市新町2-25 (取手駅徒歩3分)
  *入場無料。当日直接会場へ。

⭐️11月8日(水)国際ゾンタ 京都ゾンタクラブ チャリティーバザーでの演奏(京都ロイヤルホテル) 
⭐️11月25日(土)大阪にて、コンサートの予定

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年8月23日 (水)

序吹きの魅力

このところ序吹きをずっと吹いています。

フリーリズム、拍節がない曲、というと、ぴんとこないかもしれませんが、序破急の、最初の部分、つまり長い長い組曲の「語り出し」という感じです。

演劇で言えば、主人公の独白、とでもいいましょうか。

春鶯囀遊声は、やはりすごいですね。

篳篥の旋律を何度も何度も聴いていると、自分が水墨画の大河を船でゆったりと渡っているような気分になります。
やはり「遊ぶ声」なんですよね。

そして、船に美しい妃を従えて、春の岸辺の花をともに愛でている王族の気分になります。

そういう曲です(こちらは26日のみの演奏)。
26日にご来場されるかたはその雰囲気をご堪能ください。

拍節の拘束を受けないので、旋律がとても自由。
この旋律を作った人はやはり天才というよりは、もはや神の領域の人?
この自由な旋律が、春鶯囀一具のなかでどんどん成長して、形をなしていくのです。

蘇莫者は笙の譜面の方にいくつも破綻があるのがやや残念ですが(このことについては会場でお話したいと思いますし、いずれ文章にできれば、と思います)、やはりこれは、どう考えても日本で作曲された音楽ではないと思います。

教訓抄などにある太子伝説は、やはり後付けなのでしょう。
ただ、かなり早い時期にこういった位置付けの曲とされ、伝承されてきたのでしょう。

荒々しい感じなのに、堂々とした品格があります。
さすがは燕楽といえど唐の宮廷の音楽です。

今回は龍笛も、太皷もないのがやや残念ですが、26日、27日のコンサート両日で演奏します。

http://sho3ku.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/8-c963.html

どうぞよろしくお願いいたします。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年7月31日 (月)

お待たせしました「vol.8 笙の響きと雅楽の愉しみ」!!!

8月26日(土)17時開演。今回は序吹きがテーマです。

篳篥の三浦元則さんと。どうぞよろしくお願いいたします!

12_3

22_3

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年7月26日 (水)

8月27日のコンサート。三浦元則さんと。(1)

8月のコンサート。
昨年、奈良に新しくオープンしました「おがたま」さんにて。
http://ogatama-nara.com/about/
まだ木の香りも漂う、清楚な空間です。

前日の京都の演目とは少し異なり、「奈良と雅楽」についてのお話と演奏が中心となりそうです。

三浦さんは現在東京藝術大学の雅楽専攻科の非常勤講師を務められています。
昨年の1月に久々に奈良の今井町でご一緒に演奏をさせていただく機会がありました。以来、またどこかでご一緒させていただきたいと思っていました。

今回は陪臚破、急(舞楽吹き)など、林邑楽系の曲数曲と前日の京都でも演奏する予定の蘇莫者序と破などをお届けします(曲目は変更することもございますが、ご了承ください)。どうぞよろしくお願いいたします。

毎日新聞社京都支局でのコンサートのチラシはまだ製作中です💦
8月26日(土)ですのでそちらのほうもどうぞよろしくお願いいたします。

Aieyiuyiurej

(チラシ裏面)

Aieyiuyiaiej_2


| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年7月 9日 (日)

8月27日(日)奈良にてコンサート。

8月26日(土)京都でのコンサートに続いて、27日(日)昨年オープンしました奈良きたまちでのイベントスペース「おがたま」さんでもコンサート、企画します。
夕方16時からの予定。こちらも篳篥の三浦元則さんと。
夏休みですが、予定を空けておいてくださいね〜。

詳細は、企画を詰めながらじわじわ小出しにしていきます(笑)。
どうぞよろしくお願いいたします。

手前のギャラリーには、白磁の器が展示されています。
とても落ち着くスペースです。

「おがたま」
http://ogatama-nara.com/rental-space/

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年7月 4日 (火)

第8回伊藤えりレクチャーコンサート「笙の響きと雅楽の愉しみ」

7月ですね!(汗)

6月の活動と今年度上半期の活動をまとめようと思っていたのですが、その前に。。。

毎日新聞社京都支局での「笙の響きと雅楽の愉しみ」vol.8、一年ぶりに開催です。

今回は8月26日(土)、篳篥奏者の三浦元則さんをお迎えして「序吹き」をテーマに演奏します。後半にはオリジナルの新曲も数曲、笙と篳篥でお届けする予定です。

詳細決まり次第、順次アップしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします!

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年6月 9日 (金)

告知が遅れておりますが、、、

明日、10時から東大寺大仏殿にて。


その日の夜には(実際には日付をまたいで、11日になりますが)、、、
関西でしかご覧いただけないようですが。。。


どうぞよろしくお願いいたします。

今月の東京教室は15日から20日までです。
昨晩、ようやく全員のスケジュール調整が終わりました(^◇^;)

そして、この湿気でリードがなかなか乾かないーー(^◇^;)
ただ、リードは早く乾かしては、本当はよくないです。

コンロのそばとかにおいておくと早く乾きますが、定着はよくない。
剥落しやすいです。

ただ、冬場、気温が低すぎて、3時間、4時間と乾かないのも困りますね。

昔、本当に不具合に耐えきれず、ドライヤーの風を当ててみたことがありましたが、見事に失敗しました。風で、水滴のなかの石の粉も動いてしまうんです。

毎度毎度のばたばたです。。。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年6月 7日 (水)

佐々木冬彦さんのCD(2)

本日正式発売です。
Amazonからもお買い求めいただけるようになりました。

↓click!
「愛について」

今後、わたしのコンサートやライブ会場などでも販売させていただく予定です。

Facebook イベントサイト

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年6月 5日 (月)

佐々木冬彦さんのCD

告知したいことが、てんこ盛りです(笑)。まずは。。。

初演時より関わらせていただいています、作曲家・ハーピストの佐々木冬彦さんのCD「愛について」が6月7日に発売となります。
↓収録時のブログ記事
わたしの手元にはもうすでに数十枚、届いています。
笙で参加させていただいているのは「その橋は天へと続く」1曲のみですが、全曲、響きも、あふれる佐々木さんの想いも、素晴らしい1枚です。
↓初演時のブログ
詳しいご紹介は少しずつ書いていきたいと思いますが、CDが届き、ライナーノーツを拝見して、初めて、佐々木さんがとても困難な状況のなか、このCDを制作されたことを知りました。
「愛について」、思い出して、、、「愛」を感じてほしい1枚です。
6月7日以降はAmazonや大手CDショップでもお取り扱いがあるそうです。
また佐々木冬彦さんのHPから直接のご購入もできるそうですので、CDのページができましたら、リンクさせていただきます。
今後、わたしのコンサート会場や笙のお稽古場などでも販売します。
*こちらのCDは、わたしからの「発送による販売」はしておりません。
発送ご希望のかたは、Amazonなどにて、お買い求めください。
どうぞよろしくお願いいたします。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧