カテゴリー「備忘録」の記事

2018年5月26日 (土)

結構反応があった記事。。。

Facebookに書いた記事をそのままコピペしますね。
意外とたくさんのかたがコメントを書き込んでくださいましたので。。。

*************************
楽器は音量ではなくて、響きが大切です。

特に雅楽のような、間合いが長い音楽は、響きが豊かでなく、音量だけの演奏だと、面白味が半減します。

かたや絃楽器は、ボロンボロンと、へんな残響の演奏が増えてきた? 

特に楽琵琶は、平家琵琶や薩摩琵琶とは違うのだから、端正に枯れたような音であってほしい。。。語りや歌とともに使う楽器とは、やはり求められるものが違うと思います。

楽器のせいなのか、演奏のせいなのか、はたまた絃のせいなのか、わかりませんが。。。

年寄りのたわごと?😉かもしれませんが、ダメ元で、時々こういうことをぼやいてみようかな。。。とも思います。

追記. でも舞楽では音量がないと寂しいですね。特に屋外での舞楽。
芯のある遠音がする音で、やはり大人数での舞楽がいいなあ、と思います。。。
*****************************

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年4月 5日 (木)

上達の秘訣は、

ある種の、「素直さ」。
前にも書いていると思いますが、改めて。
すこーんと、唱歌が、雅楽的な雰囲気のまま、歌えるようになる人、何人かいます。
指導を始めた最初の頃、唱歌を歌ってから「音名」を説明してしまっていたことがあります。
でもそうすると洋楽の素養がある人は、それで「解釈」して歌ってきてしまうのですよね。
平均律より広い音程や狭い音程、微妙なすり上げ、などなどがわからなくなってしまうのです。
そう気がついてから音名は説明しないで、「とにかく唱歌の録音をよく聴いて、そっくりに歌えるように」と指導するようになりました。
音名の説明は後回し。
昔の雅楽の教え方は、譜面なし、録音もなし、質問は禁止、ひたすら口伝え、というのはそういうことなんです。
ただ、これがプラスに働くのは、子供のときに習える人。
大人にはこの方法が難しい場合が多いです。「先入観」みたいな「ガラクタ」が頭を占めている人ほど、すこーんと入らない。。。
ここのところは残酷なぐらいに、成果に出ます。。。
子供のような好奇心と興味を持って、お稽古に来られる人は、成果が出やすいです。
年齢とか、教養、まったく関係ないところが面白い。
音楽は、ほんと、マニュアルじゃないんです。。。
マニュアルから入ってしまうと、一生、本物に近づけないこと、多々あります。。。
↓4月10日追記。周りに上手な人がいれば、まったく問題ないというお話です。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年11月24日 (金)

固定観念。。。

形あるものを作ろうとすると、ほぼ、つまらないものになる

予想できない領域に足を踏み込まないと、形にはならない

形になった途端、崩れていくようなものでないと、面白くない。

この矛盾。

その、ちょうどあいまあたりを睨みながら。

わかる人だけに、わかっていただければ、もう恩の字。


明日のコンサートは、楽しみです♪

唐突ににわとりさんのお写真♪

いえ、もうすぐ酉年も終わりだな、と思って(笑)。

Img_0200

| コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017年1月 8日 (日)

薬もワクチンもいらないんじゃないかしら・・・

備忘録程度に書いておきます。。。

昨年の暮れに、父が高熱を出しました。
12月30日の朝5時ごろ、妹から電話telephone
8度7分ほどの熱を出しているとのこと。

何しろ、父は4年前に心筋梗塞で心臓の一番太い血管がだめになり、あわやというところをカテーテルを通して一命を取り留め。。。

そのときの手術の影響もあって腎臓は現在透析寸前、正常な機能の3分の1しか働いていません。

その後も2回、もうだめかも、、、という感じで、救急車で運ばれています。
一度などは顔がどんどんどす黒くなって、病院側も、これは、、、と思ったそうです。旅行先の山形で倒れちゃって、家族全員、飛行機で駆けつけました。。。

。。。と、いう人なので、今かかっている2つの病院のうち、薬を出したがるお医者様のほうからは「絶対にインフルエンザワクチンを打ってくださいね!!」ときつく言われています。

うちは本人と家族で相談の上、これを無視。。。coldsweats01

4人家族でインフルエンザのワクチンを打った人はひとりもいず、インフルエンザにかかったことがある人も、またひとりもいないのです。。。必要ないよね。。。という感じです。

打って具合が悪くなった、という高齢者の話もちょくちょく、しょちゅう、聞きますし。やめておきましょう、と。。。

でも、今回は熱が8.7℃。。。

妹も考えてしまったようで、「どうしよう、どこの病院に行こう?」と相談の電話。迷いましたが、暮れの30日だけれども緊急なので、これまでの投薬を劇的に、ばっさり減らしてくださった、今の主治医の先生に相談してみたら、、、ということになりました。

先生は腎臓に特化した病院の院長なので、多分「どこの」病院がよいか、指示してくださるだろう。。。と思っていたのです。下手な病院にいっても年末で若いインターンしかいなくて、いきなり注射などを打たれても怖いですし。

ところが、先生からはなんと、「病院には行く必要なし。薬も必要なし。よく休ませてください」との指示のみだったとのこと!

えっ!!!sign02

大丈夫なんだ!!!

その一言でどれだけほっとしたか。。。happy01
幸い、高熱とはいえ、父本人も病院にはいかなくて大丈夫だから、と言っているとのこと。ここ数年でわかったのですが父の「大丈夫」はかなり信頼できるのです。

わたしも1日から浜松入りなので、心配は心配だったのですが、毎月父の状態を、かなり細かくチェックしてくださっている先生なので、信用することにしました。

そして翌日はいったん、7度台に下がったそうです。

ところが、31日夜に熱は再び上がってしまい、とうとう9度台に!!!

ええええっ!!9度!sign02
それは、きつい。。。

本当に、大丈夫かなあ。。。coldsweats02

さすがに心配になりました。

1月1日が命日になっちゃったら。。。
しゃれにならないよ、お父さん。。。weep
毎年、あけましておめでとうございまーすup、父の命日ですーdown、なんて。。。

と、自分で自分を奮い立たせるためにギャグを言いcoldsweats01(不安になりすぎないためにも)、本人も大丈夫だと言っているし、熱も上がったり下がったりしているので、徐々に下がるだろうと判断。

そして2日に仕事を終えて、帰ったときには、、、

すでに平熱に近くなり、ベッドから起き上がって階下に降りてきてテレビをみながら、「はい、おめでとう」といってくれた父の姿がありました。。。

前述の通り、身体的には父の体はかなりぼろぼろなのですけれど。。。
薬をひとつも飲まずに、4日ぐらいで回復の兆し。

昨日7日には、もうお酒も飲み始めている、とは母の談(笑)。

人間の体って強いです。

素人判断が危険な場合もありますし、薬やワクチンのすべてが悪いとも思えませんが、8割から9割がたは、いらないのではないかと思います。

昨日は七草でしたが、体によい野草や野菜をとったり、冬至にゆず湯にはいったり、体を温めるショウガを入れた甘酒(酒カスや麹もとても体にいい)を飲んだり、そういったことだけでも軽い風邪なら大抵が抜けていきます。

父は本当に運が強いのです。

8度、9度の熱を出すと、体のなかのかなりの菌が死滅するといいますし、9度台の熱が出ると、がん細胞も死滅する、という説もあります。

がんの自然治癒例を集めた本を読んだことがありますが、そのうちのいくつかに共通していたのは、「寛解、あるいは治癒する直前に、9度以上の高熱を出す」というものでした。

もしかしら父も年末から「体内の大掃除」をしていたのかもしれません。薬なども飲まずに。。。

わたしは自分がずっと子宮筋腫や内膜症で苦しんでいたので、西洋医学だけでなく、いわゆる代替医療や食事療法も随分体験し、勉強もしました。

西洋医学否定派ではありませんが、自然療法でないと治らなかった人たちの実例も随分知っています。

気軽に飲んでいる風邪薬で、体内の細菌叢ががらりと変わってしまうこともあるそうなので、できる限り、薬は最小限に控えたほうがよさそうです。

皆さまもどうか、手軽な民間療法を取り入れながら、寒い冬を乗り切りましょう♪

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年12月 5日 (月)

経験を壊せるか

あるジャンルで長年の経験がある人のことを「ベテラン」といいます。

ある意味頼もしいのですが、ベテランのなかでも「固定観念」を崩せる人とそうでない人がいるようです。

演奏者でも作曲家でもエンジニアさんでも職人さんでも作家さんでも。。。

経験は「自信」につながっていることも多いので、そこをわたしは揺るがそうとすることも多く、「それ、無理です」とか「いやー、ダメでしょう」と言われることも多いのですが。

もちろん、経験にお頼りすることは多々あります。

だれだって「今日が生まれて初めてなんです!よろしくお願いします!」なんて、外科手術の前に担当医に言われたくないですよね!(笑、というか、怖)。

今書いているのは、その種の「経験」、とは少し違うのかな。
現実の認識の仕方?うーん。。。ある意味、「思い込み」を形成しているもの。。。ときに「偏見」ときに「固定観念」。。。

でも「ありえない」を現実にしていくのが、わたしは楽しいので。

常にデフォルト設定に戻れるのは、わたしの強みかもしれません。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年6月28日 (火)

ハラで考えない。。。

ハラ(腹)は、考えないで感じるもの、だとふと思った。

ハラで考え出すと、いわゆる「ハラの探り合い」になったりとか、

ハラで考え出すと、だんだんお腹が冷えて、胃がおかしくなったりとか、きりきりしたりとか、

本来、直感を働かすことができる場所なのに、

ここで「考え出す」と

音楽にも力が入らなくなるんだねえ。。。

お腹がすいたら

ご飯を食べればいいし

喉が渇いたら

お酒を飲めばいい(あ、違うか?、、、(◎_◎;)

歌いたくなったら歌を歌い

吹きたくなったら笙を吹く

夜空を見上げて星の多さに感動

数時間後には朝日をありがたく拝む

星が一個しか見えない!と嘆く人なし

泣くも笑うも

楽しい人生

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年3月29日 (火)

笙のお稽古備忘録

手移り。

すべて一緒ではないのです。

篳篥の旋律を活かすために、拍子通りに動かないといけないところ、少し重ために動くところがあります。

これは篳篥の旋律を覚えていないとできないことです。

初心者のかたは、ちょっと慣れてくると、すべての手移りのタイミングを少しずつ拍子からずらせばいいと勘違いされるようですが、ぴったり動かないと篳篥の旋律を邪魔したり、遅れてしまったり、ということになります。

少し前の演奏では、手移りをうんと待つところと、そうでないところのメリハリが非常にはっきりしていました。

最近は全体がもったりした感じになりつつあるように思います。

さっと移るて移りのあと、うんと粘る手移りをすると、次からテンポが遅くなってしまう篳篥や龍笛のかたもいらっしゃいますが、それは、「聴き過ぎ」、フレーズ間の間合いを持たせているだけであって、テンポを遅くしてほしい、ということではないのです。

このあたりの駆け引き、なかなかむずかしいのですが、うまくいくと楽しくなってきます。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年12月17日 (木)

今年は特にこの台詞が響く


今年もだんだん残り少なくなりますが、国内だけでなく世界情勢でもいろいろなことがありました。

ふと拾ったこの映画のエンディング。。。

あの有名な音楽とともに、じわじわと、響きます。。。


| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年7月19日 (日)

常に、基本は、ソロ

アンサンブルでも、基本はソロです。

ひとりで演奏する土台ができていないと、デュオもアンサンブルも無理です。

大勢で吹く練習ばかりしていると、自分の演奏さえ、崩れてきてしまいます。

大きく出ちゃえば、生きることも一緒♪

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年6月11日 (木)

あれっ?

日本コロムビアからリリースされている、「源氏物語の音楽」という東京楽所のCDがあります。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005ENUZ/kotoriso-22

朗読と演奏が交互に入っていて、故・多忠麿先生が監修。
わたしも録音には参加させていただいていたのですが、この中に非常に珍しい「想夫恋」のトラックがありました。
先週のスタンフォードの講義の際に、やはりアメリカからいらしていたRose先生とおっしゃるかたが、源氏も相当に読み込んでいらっしゃるらしくて、「想夫恋」の録音があるのですか、、、と驚いておられました。
1枚プレゼントさせていただこうと思い、探したところ、ジャケットが変わった?
タイトルも「源氏物語の世界」です。
朗読と演奏のトラックが分かられるなど(以前は朗読と演奏がかぶりながら一つのトラックでした)、小さな変更はあるものの、同じもののようです。
しかも値段が1,000円も安い???
とりあえず1枚、取り寄せてみたのですが。。。
えっ! な、、、、、ない!?

「想夫恋」1曲だけがカットされているのです!!!
長い演奏だから(約10分)カットされたのかもしれませんが、信じられない思いです。

相府連(明治選定譜の漢字表記)は演奏会でもほぼ、やりませんから、貴重な音源です。

図書館などでこのCDがあったら、今のうちに聞いておいてください。。。
それにしても、どうして。。。

CD不況で3,000円以上のCDは売れないと判断、一番長い曲をカットしたのでしょうか?
非常に珍しい録音なのに?
また、構成・監修は著名な国語学者の故・金田一春彦さんです。
音楽監修が多忠麿先生ですから、おそらく妥協のないお考えの上にこのCDを製作・構成されたはず、です。
後世の人の考えで、1曲、外してしまうのは、なんとなく片手落ちというか。。。
でも、このCD不況で、せめて廃盤にならなかったことを喜ぶべきなのでしょうか。

追記:アマゾンでは在庫切れ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000JVS3HM/kotoriso-22

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧