« 昨日は初稽古でした | トップページ | 2月3日「浄土の雅楽」 »

2019年1月30日 (水)

京都Hyggeでのゆやさんとのコンサート

1月26日のコンサート、無事終了しました。

手風琴(コンサーティーナ)、歌、朗読のゆやさんの企画にお招きいただいて、今年初のコンサート。
病後、ずいぶんお仕事をキャンセルしてしまい、たくさんの方々にご迷惑をおかけしてきましたが、今回ようやく!

50946126_1244625125702940_3691444_4

会場は京都の雰囲気ありあり♪のHyggeさん。
光がぱああ〜ん♪
(お写真by Sachiさん♪   Thanks!)

49283471_405862823489771_13600168_2

この素敵な場所でなんどかコンサートをされているゆやさんの企画。
ソフトな声とヨーロピアンなオリジナル曲、既存曲を織り交ぜて独自の世界を展開。
コンサーティーナと笙の相性はもちろんよく。。。
繊細な感じで、音を当てさせていただきました。
雪にもかかわらず、ご来場くださったたくさんのお客様。ファンが多いのですね!
すごく楽しいコンサートだったのですが、、、
翌日、わたしは再び下血(;ω;)。
ああ。。。
食事療法、油断していたのです。
数日前から(厳しくしていたのが、ゆるんできたな、、、)という自覚はありました。
生活が元に戻り始めた途端、ですから。。。
あー、これは原因、間違いなさそう。食事プラス生活。

食い改めよ!ってこと(笑)。
近くの大病院に行ってみたのですが、、、

この手の病気はなすすべがないのです。
手術するわけにもいかない。薬で止めるわけにもいかない。
絶食して、血が止まるのを待つしか。。。

しかも出血しているそのタイミングで内視鏡なりなんなりしないと、すぐに出血場所は塞がってしまうそうです。

(これは、体のシステム、すごいな、とびっくりしましたが)

来月、神戸で今まで受けたことがない検査を受ける予定ですので食事療法、徹底したいと思います。
*何をやるにしても、病院の検査は必ず受けましょう! 
自己流健康法だけだはあとあと後悔することになります!
ただ、不思議なのですが。
救急車で運ばれたときの下血のときもそうでしたが、終わったあとはお腹が本当にすっきりして、暖かくなります。わたしは筋金入りの冷え性、お腹はひんやり冷たいことが多いのです。。。
頭も軽くなって、体調が前よりもよくなる感じがします。
そして、下血の前って、やたら食べたくなる。
毒素たまってきたなー、と思えるのに、食べたい。
そして非常に疲れ、何をしても疲れがとれない。。。
そして下血(排毒?)が終わってすっきりしたあとは。

食べたくない?
当然、と思われるかもしれませんが、、、調子がいい感じで、かつ「そんなにたくさん、食べたくない」。
食べられない、とは別なのです。
食欲は軽くあるのですが、コントロールができる食欲。

そして、食べなくても疲れない。。。
仕事がスムーズ、効率がいい。

運動も楽々、できるし。。。
体が適量を知らせてくれている?

体のなかで増えた雑菌類が餌を欲しがり、食欲が暴走するのかも。

Σ(゚д゚;)

わたし、雑菌にのっとられている!!!?

Σ(゚д゚;)
(と、いっても、それも、「わたし」ではありますが、笑)

腸内菌叢と性格の関係は、バッチレメディーのバッチさんが80年ほど前に指摘していますが。
ここ数年、腸内フローラとか言われ、ようやく一般科学の常識に定着してきています。
低フォドマップ、高フォドマップの話は、かなり治療に役に立ちそうです。

Siboも、あー、あり得る。。。。という感じ。
体感でぴんとくることは、その人にしかわかりませんが、どの病院に行っても、どんな代替医療でもわからなかったことが、だんだん、解明されてきたような。

あくまで「伊藤えり」という人、身体について、当てはまるなあ、、、ということですが。
ありがたいことに、この治療法が体にあっていれば、6週間から8週間後には、下血などもおこらず、また食べられないもののなかでも食べられるようになるものも出てくるそう。
ただ、この方法にもデメリットがあり、他にもぴんとくる療法が見つかったので、折中で試してみます。
なんというか、諦め感のなかの、ゆるい決意。
春が待ち通しいです。


« 昨日は初稽古でした | トップページ | 2月3日「浄土の雅楽」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都Hyggeでのゆやさんとのコンサート:

« 昨日は初稽古でした | トップページ | 2月3日「浄土の雅楽」 »