« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月22日 (金)

Simon Rummel さんの微分音オルガンとのコラボ。

今年に入ってから手作りの音響世界を作り上げる人たちと仕事をすることが多くなりました。

12面体スピーカーのsonihouseさん。

マスプロダクションのスピーカーにはない音の響を作り出す鶴林万平さんのスピーカーには世界中にファンがいるようです。

自作のクラヴィコードで演奏、作曲をされる内田輝さん。

こんなかすかな、ひそやかな音「しか出せない」楽器をなぜ?とも考えてみました。

小さい音、弱い音。かすかな響き。

それを「しか出せない」と捉えるのか、そこから広がる世界を探求していくのか。

共演させていただいて、自分の世界観が少し変わりました。

そして、摩訶不思議としかいいようがない楽器を作り続ける、ジモン・ルンメルさん。

今の世の中では、少し変わった人たちかもしれませんが(わたしを含めcat )、唯一無二であることは、間違いありません。

さて、ジモンさんとのコンサート詳細。

7月14日(土)18時から、京都・ヴィラ鴨川(ゲーテインスティテュート)。

Simon さんの楽器製作もいよいよ佳境に入っています。
どんな音響世界が当日、実現するのでしょう!?

入場無料、申し込み不要。

とり急ぎ、リンクを貼り付けておきます!
https://www.goethe.de/ins/jp/ja/sta/kyo/ver.cfm?fuseaction=events.detail&event_id=21297849

どうぞよろしくお願いいたします。

関連のシンポジウムはこちら。↓

https://www.goethe.de/ins/jp/ja/sta/kyo/ver.cfm?fuseaction=events.detail&event_id=21288779

ジモン・ルンメルさんと作曲家の三輪眞弘さんとの対談があります(第1部のみ)。

7月7日15時より、同じくヴィラ鴨川にて。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月 8日 (金)

鹿児島での講演会の次も、お寺様での演奏。

鹿児島では古典の演奏会でしたが、今回はガラリと雰囲気が変わって、京都、法然院様でのコラボ。

5月の連休最後の日にsonihouseさんで共演させていただきましたが、内田輝さんの新作CDリリース記念の演奏会。
その京都公演のほうに参加させていただきます。
詳細は下記のインスタグラムの画像をクリックしてください。
または、リンクhttp://nightcruising.jp/silentprayer2018 へ。。
前売りチケット メール予約: ナイトクルージング @nightcruising_kyoto にて。  

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月 5日 (火)

無事に終わりました西本願寺鹿児島別院様での講演&演奏

Facebookに記事をアップしたのですが、ご覧になれないかたもいらっしゃるようですので、こちらにも。。。

ココログさん、どうしても写真の画質が落ちますが(^◇^;)お許しを。。。

(Facebookの記事のコピペ)

6月2日、西本願寺鹿児島別院様での演奏と講演、無事に終わりました。前半はお話を多めに、後半は演奏を中心にという構成で「仏教から生まれた華〜雅楽を楽しみませんか〜」というタイトルでお届けしました。

広く大きなご本堂、そして見事な荘厳(しょうごん)、雅楽はやはりこういった華やかさのなかから生まれたものです。

お話は、限られた時間内で1400年の時間を駆け抜ける感じでした。

前半、予想通り、お話が押してしまうことに。。。
これは、雅楽と仏教が流入してきたのが飛鳥、奈良時代ですから、わたしとしては、どうしたって力が入ります(笑)。

江戸時代の話は軽く触れて、明治、現代へと一気にジャンプしてしまいましたが、これはもともと時間の都合だけではしょったりしたわけではなく。。。

雅楽は本当に鎌倉、室町のあたりで、音楽的な発展、進化はストップしてしまい、江戸の頃には、「音楽的内容に限っていえば」特に「何もなかった」のですよね。。。

失われた伝承を再興したり、音律論の研究が進んだり、ということはありましたが、新しい曲が作曲されたり、楽器の編成などで改革がなされたり、などまったくなく、ひたすら律儀に古式を守り続けて、今にいたる、という。。。やはり世界的にみても、特異な芸能です。。。

篳篥の三浦さん、龍笛の伊崎さんの音色がご本堂にほどよく響き、その響きに笙も倍音がよくのって鳴ってくれて、まさに極楽浄土の世界でした。

ラスト2曲は、サプライズ(?)で準備した曲(「みなさんが知っている曲も演奏してください」という西本願寺様からのリクエストにお答えして)でしたが、こちらも評判がよく、とりあえずほっとしました。。。

後日、この企画にご縁を結んでくださった笙の生徒さんから

「関係者・参加者皆様大変に感動されていました。

私の知り合いの方は、聞いた音色をわすれないうちにと終わってからそのまま練習をされたそうです。

鹿児島においてこのような機会をもてたことは私にとっても大変ありがたいご縁でした」

とのメールをいただきました。

わたしにとっても、本当にありがたいご縁でした。

お招きくださいました、西本願寺鹿児島別院様、ありがとうございました。

三浦さん、伊崎さん、ありがとうございました。
お疲れ様でした。

朝。入り口の看板。本人自撮りが恥ずかしい(⌒-⌒; )。

大きなご本堂。篳篥は三浦元則さん(東京楽所)、龍笛は伊崎善之さん(伶楽舎)。

ご本堂向かって左は聖徳太子様ご尊像。

そして、鳳凰。

ご本堂向かって左側。

今回は三鼓は使いませんでしたが、、、よく使い込まれた皷類。

そして、帰りの飛行機の窓から。

今までに乗った飛行機のなかで一番小さなプロペラ機!!!

珍しく窓側の席、しかも「1A」でしたので、周囲を気にせず、ずっと窓から写真を撮ってしまいました。。。

いちおう、Facebookの記事のほうもコピペしました⇩。
右端のfマークをクリックしていただくと、 Facebookにとびます。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »