« 8月の予定など | トップページ

2017年8月 3日 (木)

姿勢。。。

古典の演奏では、特に姿勢は大事です。
もちろん、洋楽でもコラボでも大事は大事、なのですが、ここでは古典のお話です。

姿勢がよくないですよ、とご注意申し上げると、譜面がよく見えて、なおかつ背筋が伸ばせる位置をさぐって、机に対して斜めに座る人がいますが、これは格好良くないですね。

自分が机にまっすぐに向いて、楽譜のほうを見やすい位置に置く習慣をつけましょう。

姿勢が悪いと呼吸にむらができたり、指に力が入りすぎて手移りがおかしくなったりします。気をつけましょう。

また、息を張るときに4拍目でアクセントをつけるかのようにがーんと息をいれてしまうのも格好が良くありません。

屋外で1管ずつ、、、といった場での演奏の際には、少しは強めに息をいれるかもしれませんが、、、やりすぎないように気をつけています。

ある一点で急激に息をいれる(あるいは吸い込む)のは、やはり品がない演奏になります。

安定感のある息の張りで、合奏をサポートしながら、出るとこは出ていくのが、古典での笙の役割です。


|

« 8月の予定など | トップページ

笙・・・演奏に関して」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536090/65615361

この記事へのトラックバック一覧です: 姿勢。。。:

« 8月の予定など | トップページ