« 【業務連絡】わたしからのメールのご返信が届いていないかた | トップページ | 秋の予定 »

2017年8月30日 (水)

26、27日のコンサート、無事に終わりました

Facebookの転載でごめんなさい。 写真はFacebookをされていないかたにも、ご覧いただけるのかな?
本文は、一応以下にコピーして貼っておきますね。

おかげさまで、2日間のコンサート、無事に終了しました。
左上は毎日新聞社京都支局。
わたしは古典はいつもの装束、最後の新曲で赤のワンピースにお着替え。

篳篥の三浦元則さん、モンゴルの民謡歌手、伊藤麻衣子さんと。

今回、蘇莫者序の譜面を勉強しなおしてみて、序吹きは多少は演奏者の解釈が入ってもいいのでは、と思っています(もちろんメチャクチャなアレンジがゆるされる、という意味ではなく)。
「喜瑞」というCDがありますが(龍笛・芝祐靖先生、篳篥・東儀兼彦先生、笙・豊英秋先生)、こちらの笙は明治選定譜を後半はかなり変更して演奏されています。

でも、演奏法や唱歌が失われてしまった場合、「完全に譜面に従いつつ、つじつまを合わせる」か「譜面を少し変更して、全体の流れを整える」の二つのスタンスしかありませんし、どちらが「正しい」ということもなさそうな気がします。序に関しては笙の譜面はどの曲もなにかしらおかしいところがあり、例えば五常楽にしても胡飲酒にしても数カ所、楽譜を変えないと篳篥とまったく合わないところがあります。

思えば「音楽の記号化」に関しては世界的にはまあ、かなり成功していると思える「五線譜」の世界にしても、バッハだって、近代のドビュッシーだって「ヘンレ版」とか「ブゾーニ版」とか「安川加寿子版」とか、いろいろ解釈者によって異なった楽譜ができてくるわけですから。

譜面は二義的なものとされる、雅楽の世界ではむしろ当然のことと思います。
ましてや、明治の前までは3つの流派(三方楽所)があったのですから。
ただ、これは習うほうも、教えるほうも、苦労しますね(笑)。

それにしても、特に蘇莫者序は、笙のパートが譜面通りでは第4太皷あたりからやや、支離滅裂。。。学生時代に故・多忠麿先生に教えを請うたとき、「僕も習っていない」と仰られ、びっくりしたのですが、同じように蘇莫者音取を習おうとした方が、「楽部のなかでも話し合いを重ねているが、答えがまだ出ていないので、結論を待ってほしい」とお手紙をいただいたとのこと。

実際に篳篥と演奏させていただいて、その意味がようやくわかりました。今は、いくつかの結論が出た訳ですが、結論はひとつである必要がなく、特に序に関しては、ひとつに固定することもないのでは、と感じました。

1日目、京都ではなんと、最後にモンゴル民謡の伊藤麻衣子さんが1曲、オルティンドーをご披露くださいました。暮れなずむ京都の夜景をバックに、涙ぐむ思いでした。

最後の新曲では、ここ10年近くやりたかったことがようやく実現。習作ではありますが、今後さらにブラッシュアップできそう。

2日目、奈良のイベントスペース「おがたま」での演奏とお話。
昨年できたばかりの、木の香りが残る小さなスペースは、どこかしら清らかで、なごやかな雰囲気で演奏とお話をさせていただきました。

こちらのスペースは奥のほうに小さな庭とお祀りされた井戸があります。
そして入り口のおがたまの木は、昔から榊の木とともに魂の招来の木とされてきているのだそうです。とにかく気持ちよい空間でした。

こちらの場所をご紹介くださったのは仲川げん市長さん。

それにしても政治家さんは本当においそがしいのですね。
わたしのコンサートに30分ほどおられて、そのあとまた次の場所へとびゅーんと(笑)飛んでいかれました。。。

2コンサートとも自主企画でしたが、毎日新聞社京都支局様、おがたま様、ありがとうございました。仲川市長様、素敵なご縁をありがとうございます。

そしてお運びくださった皆様、ありがとうございました。

そして三浦元則さん、伊藤麻衣子さん、感謝です。
特に三浦さん、2日間お疲れさまでした!



|

« 【業務連絡】わたしからのメールのご返信が届いていないかた | トップページ | 秋の予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536090/65729232

この記事へのトラックバック一覧です: 26、27日のコンサート、無事に終わりました:

« 【業務連絡】わたしからのメールのご返信が届いていないかた | トップページ | 秋の予定 »