« 本日は唐招提寺様の | トップページ | 佐々木冬彦さんのCD »

2017年5月27日 (土)

つねに気配を読みつつ。。。

笙は、合奏の水先案内人、とか、船頭さんの役、などと言われていますが、たいていの部分は篳篥さんが主導権を握っています。

ですが、付け所直後の息の張りや手移りなどは、笙が重大責任を担っています。

前に書いた記事にも関連していますが、龍笛さんの音頭が、どのようなテンポで吹いているか、全員付いてすぐ、篳篥はどういう拍子でくるのか、感じた上で息を張って、手移りを示してあげてください。

ここでやりそこなうと、数行、合奏が安定しないことになります。

ただ、どんなにいい手移りをしても、篳篥さんが無視したらおしまいですが(笑)。


|

« 本日は唐招提寺様の | トップページ | 佐々木冬彦さんのCD »

笙・・・演奏に関して」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536090/65334068

この記事へのトラックバック一覧です: つねに気配を読みつつ。。。:

« 本日は唐招提寺様の | トップページ | 佐々木冬彦さんのCD »