« あさってから東京です。 | トップページ | »

2017年4月18日 (火)

笙のお手入れーー油分について(1)

笙に油分を与えるかどうか、ご質問をいただきました。
数回に分けてご回答させていただきます。

まず、楽部の先生方がよくされているのが顔の油(笑)。

えーっと思われるかもしれませんが、少なくとも多忠麿先生、多忠輝先生が実際に顔をごしごしと楽器に押し当てられているお姿を「目撃」していますので、間違ったやり方ではないと思います(現在、お若い先生方がされているかどうかは、定かではありませんが)。

わたしも学生時代、ノーメークの状態で(化粧品類は訳のわからない薬品が入っているため、とりあえずNG)顔をこすりつけてみましたが、たいへんいいツヤになりました。

ですが、長期的にみて、顔の油は人間という「動物の油」でもあるわけです。
その人の体調次第では、酸化してきたときに、徐々に臭ったりして(!?)と思います。わたしもやはり皮脂を塗るのはだんだんと抵抗が出てきて、やめてしまいました。

次にいいと言われているのが、椿の油。
ですがこれも品質を選んだほうがいいと思います。(続く)。


|

« あさってから東京です。 | トップページ | »

笙・・・演奏に関して」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536090/65166322

この記事へのトラックバック一覧です: 笙のお手入れーー油分について(1):

« あさってから東京です。 | トップページ | »