« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月25日 (火)

10月22日、正倉院展開幕!!!(Facebookより転記)

Facebookは随時更新しているのですが、、、
写真はアップできませんが、文章のみ、コピペ。

10月22日の記事より

`````````````````````````````
いろいろな用事が押せ押せになり、もっと早い時間に出る予定でしたが、5時ギリギリで正倉院展着。

本日初日。

おかげで今日は伺う予定だった京都のコンサートをひとつキャンセル。。。
ゴメンナサイ、上畑さん、中村さん。。。

でも今日、正倉院展に行けないと、東京にまたしばらく出てしまうので。。。また3日での公開講座の準備のためもあって、とにかく急ぎ、奈良博へ。

今回、初めて実物の正倉院の「仮斑竹の笙と竽」を拝見しましたが、こんなきれいな笙は、見たことがない、というくらいの「もの凄い」ものでした(笙と竽はあと、「呉竹の笙と竽」というものがそれぞれ2管ずつあります)。

「正倉院の笙だから」「御物だから」ということを差し引いて考えたとしても、、、、

笙として、竽として、素晴らしくきれいな管です。

古い管はいろいろと見てきていますが、奈良朝〜平安時代ぐらいまでの笙は、だいたい匏が比較的小さめで、竹がすらりと長く、大変に女性的な感じがします。スリムで、きれいなのです。

それなのに、弱い感じがまったくしない。

5時ごろはちょうどご来場者も少なく、、、

遠くから見つけて、思わず「ああ!」と思い、かけ寄りそうなったぐらいの、存在感。。。

おそらく室町ぐらいから竹も太いものを使うようになり、江戸期あたりになるとむっちりとした、大ぶりの笙になってきます。

やはり武家の社会になって、「音量」が求められるようになったのでしょうか? 
かたや、正倉院の竽も笙も、とても華奢な感じです。
そして、信じられないくらいの竹の艶!

今まで写真でしたか見たことがありませんでしたが、近くで見て、ますます、その艶に驚きました。

笙に関しては「これ、平成作の笙とちゃうの?」と言って通り過ぎた人がいて、思わず笑ってしまいましたが、古管というのは、だいたい竹の乾燥が進み、割れたり欠けたり折れたりしているのに。。。

1300年近く前の竹が。。。
いったいどういうことなんだろう。。。

笙は、わずかに竹組みの歪みが始まっているようでしたが、竽のほうはほとんど歪みも、隙間もほとんどありません。

経年変化で17本の竹の組みも、ずれたりねじれたりしてくることが多いのですが。

あの竹をあのように組み合わせ、その形を維持するのは、大変な技術の結果なんです。。。
(*目録を見ていたら、竽の竹は二本が後補だそう)

細かく拝見しているうちに、楽器に演奏しやすいようにと、さまざまな工夫がしてあることがわかり、やはり実演で使われていた楽器なのでしょう。
匏の小ささから、演奏していたのは女性ではないか、、、とも思います。

遠く1300年も前の笙の演奏者と、ガラス越しに少し「対話」ができたような気がしました。

こんにちは。
わたしは平成の笙の奏者です。。。
どんな曲を演奏されていたのですか。。。?

この、奈良の地でどのような人生を送られたのですか。
今、日本の雅楽で伝承されている笙が、「この笙」とその周辺の時代の笙あたりから始まっているのかと思うと、「笙のご先祖様」に出会った気分です。

しかもまだ生き生きとしたご先祖様に。
ああ〜、きれいだったな。。。

感動で、もう涙腺がゆるみっぱなしです。

そのせいか?風邪を引いてしまいました(笑)。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年10月22日 (土)

息は張ったら、こまめに落として!

ブログ、なかなか更新できなくてすみません。

このところ指導していて気になる点です。
息は張るほうにばかり注意しないで、
「手移りの際にかならず落としましょう」
張りっぱなしというのは、いわば、「アクセル踏みっぱなし」の状態。
手移りのときに必ず、軽く「ブレーキ」をかけましょう。
雅楽、特に管絃では、急激な音の変化や動作を嫌います。
手移りはただでさえ「音が変わるところ」ですからそこで音を絞らないと。
次の気替えも同様です。
於世吹きになるとかなり忙しくなります(笑)。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年10月11日 (火)

昨日帰国!

昨日、4泊5日の済州島での公演を終えて、無事に奈良に戻りました。
いや〜、荷物が重い重いと思っていましたが、帰国して計ってみたらキャリーバッグ16キロ、リュック7キロ!

合計23キロ、、、

自分の体重の2分の1よりも重い荷物を背負っての移動でした。

現地で参加させていただいた音楽祭やら何やらのこと、書きたいのですが、まずは今月の東京、京都、奈良の笙教室の予定をまだ立てていないので、これから生徒さんたちにメールをお送りします。。。

生徒の皆様、遅くなってごめんなさい。

ご返信よろしくお願いいたします。。。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年10月 3日 (月)

6日から韓国行ってきまーす♪そして、、、11月3日

怒涛の日々はまだまだ続きます。

情報が現在、どこにでも出ていませんが(笑)、韓国は済州島で演奏してまいります。
明日は終日リハーサルです。
そして11月3日、正倉院関係の公開講座で演奏とレクチャーをさせていただきます。
詳細↓
限定80名ですが学生さんもすでに多くいらっしゃる予定とか。。。
お申し込みはお早めに。。。
どうぞよろしくお願いいたします。。。
(詳細を書く時間がとれなくて、すみません。。。)

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年10月 2日 (日)

10月も2日となり。。。

9月末から非常に濃い時間のなかを過ごしていました。

ブログを更新する時間もないまま、10月に突入。
昨日神奈川県立音楽堂での演奏を終えて、奈良に戻ったのは11時過ぎでした。
なんだか3ヶ月分の仕事を1週間でこなしたような集中度と疲労です(笑)。
今回は特にまさに「対極」のようなお仕事がふたつ。。。モンストグランプリでの演奏と、繊細で静謐な佐々木冬彦さんの作品の演奏。
どちらもともに大変やりがいがあり、また非常に楽しいお仕事でした。
その感想もまとめたいのですが、後日。。。
Facebookのほうは随時更新しています。
笙の教室のことでお詫び申し上げます。
秋から生徒さんの募集を再開するつもりでしたが、今期もいっぱいいっぱいです。
東京、関西ともに現在募集をストップしています。
現在の生徒さんの人数のまま、春ごろに空席がありましたら募集を再開いたします。
その分、youtubeなどで楽器の取り扱いなどについてご説明できたら、と思います。
6日から韓国・済州島に演奏に行きます。
あさってはそのリハーサル。。。まだ譜面もできていないそうです。。。orz....

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »