« 耳の変化 | トップページ | ハラで考えない。。。 »

2016年6月27日 (月)

無事終わりました〜!楽しかった〜!

奈良・ムジークフェスト初参戦!

6月25日、「夏色〜笙とピアノで奏でる初夏の響き〜」無事に終わりました。

5月の森川浩恵さんとのコンサートも終わって数日は「コンサート・ロス」(?)になるくらい、楽しかったのですが、今回もまた楽しいコンサートになりました。

ピアノの榊原明子さんは今年の始め、わたしをネットで見つけてくださって、お声がけくださり、今回の共演で2回目となりますが、とにかく楽しく、また雰囲気の良いコンサートでした。

榊原さんのピアノは、見た目そのまま、、、というか、ふんわりと優しくて聴きやすい曲が多く、でも表現したい方向性がはっきりとおありなので(それがまたわたしと好みと共通しているおことが多く!)、笙は、なんだか、誘われるままに吹けてしまうのです。。。

ジムノペディーは久々にやりましたが、これまたよい感じでした。。。

蘇州夜曲は当日いろいろ変更があって、うわっ、これ、できません!と言ってしまったのですが、やってみたら、すんなりできた

これ、わたしの悪いクセだなあ、、、と気がつきました。

いつも「できないことは早めにきっぱりお断りしないと。。。」と思っているのですが(笙は出せない音が多いこともあって)、「できること」を断ってしまって、どうする、自分〜!?

アッコさん、ご容赦! 結構、「あ、それ、無理です、できないです」と言っていたような気がする。。。(滝汗です。。。)。

これからは、とりえず、「やってみます」で、できなかったら「ごめんなさい」と言えるようになりたい。。。

それにしても蘇州夜曲でアッコさんが使う和音は、もうわたしの好きな響きばかり♪
音の好みが本当に似ています。

榊原さんの笙とピアノの新曲も、とっても素直で聴きやすく、さらさらとさわやかでした。
これはまた発展させたいです。そもそもコンサートの「夏色」という言葉も榊原さんの案で、コンサート全体がどんぴしゃり、の内容となりました。

調子ソロはもちろん黄鐘調(夏に奏される調)。

作家のよしもとばななさんが「読みやすい文章だから、誰でも簡単に書けると思ったら、大間違いです」といった趣旨のことをデビュー間もない頃におっしゃっていたような気がしますが、そんなことを思い出しました。

「磨きのかかったわかりやすさ」とか、「平易さ」というのは、なかなかできそうでできないのですよ〜。

会場の雰囲気も大変よく、川西文化会館の皆様だけでなく、地元のボランティアのかたがたが設営してくださったそうで、とにかく暖かなお支えをたくさんいただきながら、終えられた舞台でした。

そしてわたしにとって何よりありがたかったのが、会場の音響とPAさんのバランスの良さです

どんな場所でも演奏させていただくのはありがたいです。
でも音響がいいとお客様に伝えたい音が伝わるだけでなく、自分でもモチベーションがさらにあがります!

さて、当日の写真は、またまたばたばた、、、で撮れませんでしたが

なんらかの形でアップできると思いますので、また後日。。。

アッコさん、素敵な企画にお招きくださって、ありがとうございました。
お互い慌ただしく仕事をしていますが、またお時間のあるときにゆっくり奈良のお酒でも飲みましょ

川西文化会館のスタッフの皆様、ボランティアの皆様、本当にお世話さまでした。
ありがとうございました。

翌日は京都で合奏会の指導。

こちらも黄鐘調で夏らしく。。。できたかな?!

本日、ようやく一息。。。

前にも書きましたが、本当に5、6月と怒濤の数カ月。

少しゆるゆるしてから、また夏秋の計画を練りたいと思います。


« 耳の変化 | トップページ | ハラで考えない。。。 »

日々ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無事終わりました〜!楽しかった〜!:

« 耳の変化 | トップページ | ハラで考えない。。。 »