« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月28日 (火)

ハラで考えない。。。

ハラ(腹)は、考えないで感じるもの、だとふと思った。

ハラで考え出すと、いわゆる「ハラの探り合い」になったりとか、

ハラで考え出すと、だんだんお腹が冷えて、胃がおかしくなったりとか、きりきりしたりとか、

本来、直感を働かすことができる場所なのに、

ここで「考え出す」と

音楽にも力が入らなくなるんだねえ。。。

お腹がすいたら

ご飯を食べればいいし

喉が渇いたら

お酒を飲めばいい(あ、違うか?、、、(◎_◎;)

歌いたくなったら歌を歌い

吹きたくなったら笙を吹く

夜空を見上げて星の多さに感動

数時間後には朝日をありがたく拝む

星が一個しか見えない!と嘆く人なし

泣くも笑うも

楽しい人生

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年6月27日 (月)

無事終わりました〜!楽しかった〜!

奈良・ムジークフェスト初参戦!

6月25日、「夏色〜笙とピアノで奏でる初夏の響き〜」無事に終わりました。

5月の森川浩恵さんとのコンサートも終わって数日は「コンサート・ロス」(?)になるくらい、楽しかったのですが、今回もまた楽しいコンサートになりました。

ピアノの榊原明子さんは今年の始め、わたしをネットで見つけてくださって、お声がけくださり、今回の共演で2回目となりますが、とにかく楽しく、また雰囲気の良いコンサートでした。

榊原さんのピアノは、見た目そのまま、、、というか、ふんわりと優しくて聴きやすい曲が多く、でも表現したい方向性がはっきりとおありなので(それがまたわたしと好みと共通しているおことが多く!heart04)、笙は、なんだか、誘われるままに吹けてしまうのです。。。

ジムノペディーは久々にやりましたが、これまたよい感じでした。。。

蘇州夜曲は当日いろいろ変更があって、うわっ、これ、できません!と言ってしまったのですが、やってみたら、すんなりできたcoldsweats01

これ、わたしの悪いクセだなあ、、、と気がつきました。

いつも「できないことは早めにきっぱりお断りしないと。。。」と思っているのですが(笙は出せない音が多いこともあって)、「できること」を断ってしまって、どうする、自分〜!?

アッコさん、ご容赦! 結構、「あ、それ、無理です、できないです」と言っていたような気がする。。。(滝汗です。。。)。

これからは、とりえず、「やってみます」で、できなかったら「ごめんなさい」と言えるようになりたい。。。

それにしても蘇州夜曲でアッコさんが使う和音は、もうわたしの好きな響きばかり♪
音の好みが本当に似ています。

榊原さんの笙とピアノの新曲も、とっても素直で聴きやすく、さらさらとさわやかでした。
これはまた発展させたいです。そもそもコンサートの「夏色」という言葉も榊原さんの案で、コンサート全体がどんぴしゃり、の内容となりました。

調子ソロはもちろん黄鐘調(夏に奏される調)。

作家のよしもとばななさんが「読みやすい文章だから、誰でも簡単に書けると思ったら、大間違いです」といった趣旨のことをデビュー間もない頃におっしゃっていたような気がしますが、そんなことを思い出しました。

「磨きのかかったわかりやすさ」とか、「平易さ」というのは、なかなかできそうでできないのですよ〜。

会場の雰囲気も大変よく、川西文化会館の皆様だけでなく、地元のボランティアのかたがたが設営してくださったそうで、とにかく暖かなお支えをたくさんいただきながら、終えられた舞台でした。

そしてわたしにとって何よりありがたかったのが、会場の音響とPAさんのバランスの良さですnote

どんな場所でも演奏させていただくのはありがたいです。
でも音響がいいとお客様に伝えたい音が伝わるだけでなく、自分でもモチベーションがさらにあがります!

さて、当日の写真は、またまたばたばた、、、で撮れませんでしたがsweat01

なんらかの形でアップできると思いますので、また後日。。。

アッコさん、素敵な企画にお招きくださって、ありがとうございました。
お互い慌ただしく仕事をしていますが、またお時間のあるときにゆっくり奈良のお酒でも飲みましょbottle

川西文化会館のスタッフの皆様、ボランティアの皆様、本当にお世話さまでした。
ありがとうございました。

翌日は京都で合奏会の指導。

こちらも黄鐘調で夏らしく。。。できたかな?!

本日、ようやく一息。。。cat

前にも書きましたが、本当に5、6月と怒濤の数カ月。

少しゆるゆるしてから、また夏秋の計画を練りたいと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年6月23日 (木)

耳の変化

まったく紆余曲折な人生で、大学に入る前はフランス音楽と現代音楽と民族音楽に興味があって、大学に入って初めて雅楽に触れ、数年後から考える間もなく、国立劇場などの舞台にも立たせていただけるようになり。

コンテンポラリーの曲も演奏させていただいたりしていたものの、古典のほうが、がぜん新鮮で面白くなってしまって、次第に現代音楽や民族音楽から遠のき。
その後ちょっとしたきっかけがあって、他ジャンルの音楽とのコラボがあり、いろいろ自分でやってみているうちに、古典の聴こえ方がまた違ってきたことに気がついた。
管絃が、より立体的に、鮮やかに聴こえてきた!! これは結構、鮮烈な体験でした。
共鳴音やら倍音やらを意識して聴くようになってきていたから、ということもその一因かもしれません。ただ、いろいろな場で、いろいろな人や楽器と出会って、体験や経験値が広がったことから、本当に自分の意識が変わったことが大きいように思います。

耳は、意識しないで「閉じたり開いたり」しています。都会の雑踏のなかで歩きながら、隣の人の話を聞くことができるのは、他の雑音と感じるものを意識しないでシャットアウトしているから。
聴覚は、知らず知らずのうちに何かを選択している。
聴覚が広がることで意識も変わるし、意識が変わることで(多数の経験値を積み重ねることで)意識も変わる。

笙の音色にも敏感になり、こだわるようになりました。
これまでいろいろなかたにリードを制作していただいて、いろいろに試しています。
最近、「伊藤さんの笙の音色はすごくいいです」と言っていただけると嬉しくなります。

逆に笙の音なんてみんな一緒でしょ? 
みたいな人に出会うとがっくり。。。Orz...
最近つとに感じているのが、「雅楽の間は、倍音が支えている」ということ。
減衰していく音を支えているも倍音、唐楽に関しては、間合いのホールドは、笙の独壇場ですから(笑)。
と、難しいことを書いてしまいましたが(笑、また機会があればしっかり書いてみたいのですが)、あさっては川西文化会館コスモスホールで、ピアニストの榊原明子さんとのコンサート。

こちらは、ほんわか、楽しいムードのコンサートになりそうです♪
どうぞよろしくお願いいたします。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年6月20日 (月)

梅雨を吹き飛ばそう!? 25日のコンサート

https://www.facebook.com/profile.php?id=1248211722

25日のコンサートのチラシのイメージは、まさに内容そのまんま?!

さわやかな榊原明子さんの新曲やジムノペディーアレンジ。

梅雨のうっとうしさをしばしお忘れください。

(梅雨がないと、水がめが干上がってしまうので、梅雨そのものは吹き飛ばせません、笑)

二人の歌もあります!

どうぞよろしくお願いいたします。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

数日前から、、、

大阪、京都、と日参で移動。

昨日は奈良でお稽古。

本日は京都。

もうすぐ川西文化会館コスモスホールで、榊原明子さんとのコンサート。

奈良のムジークフェストはわたしが奈良に引っ越してきた翌年に始まりました。

最初は小さな音楽祭でしたが、ここ5年で見る間に急成長。

先日も知人に公式ガイドBookのような小冊子をお渡ししましたら「え、毎日こんなにたくさんのコンサートが!」と驚かれていました。

唐招提寺や東大寺などのお寺も会場となり、雰囲気満点です。

今年お初でお声がけいただいて光栄です。

わたしたちのコンサートはほぼ満席のようですが、一席、二席ぐらいなら、まだ入れるのかも。。。

どうぞよろしくお願いいたします♪







| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年6月10日 (金)

怒濤の5月、6月&コンサートのご案内

なかなかブログ更新進まず。。。(◎_◎;)

韓国公演のご報告もしたいと思っていたのですが、写真のアップが上手くいかず、そうこうしているうちに森川浩恵さんとの「笙の響きと雅楽の愉しみ 第7回 Shou to Sou 〜笙と筝〜」本番!

とても楽しい公演となり、そのご報告も。。。と思いつつも東京笙教室でばたばたと1週間が過ぎ。。。(◎_◎;) (写真や公演のご報告はFacebookにはアップしました)。

考えてみたら、5月の半分は、奈良にいませんでした(笑)。

そして、本日、東京教室を終えて奈良に戻りました。。。
なんだか、すごく奈良が懐かしい(笑)。

さて、秋になりますが、下記の公演に参加します。
とり急ぎ、ご案内まで!

昨年、銀座のシャネル・ネクサスホール、京都の細見美術館に続き、佐々木冬彦さんの作品の再演で参加させていただきます。

*・゜゜・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:.。. .。.:*・゜゜・*
2016年10月01日(土) 15:00開演 (14:30開場)
音楽堂・伝統音楽シリーズ
ひびき、あたらし-雅楽
Performance of GAGAKU

東京楽所(管絃・舞楽)
伊藤えり(笙)
佐々木冬彦(箜篌・ハープ)
市坪俊彦(ヴィオラ)

管絃…「越天楽~残楽三返」
   佐々木冬彦:「その橋は天へと続く」
   山根明季子:「平成飾楽」(委嘱初演)
舞楽…「承和楽」
     「還城楽」

全席指定 一般4,500円、特別ペア(おふたりで)8,000円、学生(24歳以下)2,000円 

お問い合わせ 神奈川県立音楽堂業務課  045-263-2567(9:00~17:00 月曜休館)

(チケット予約は下記のリンクページへ)

神奈川県立音楽堂内HP 公演情報のページへ↓

http://www.kanagawa-ongakudo.com/detail?id=34265

主催 神奈川県立音楽堂[公益財団法人神奈川芸術文化財団]

*・゜゜・*:.。..。.:*・'*・゜゜・*:.。..。.:*・. .。.:*・゜゜・*

神奈川県立音楽堂は響きがよいことで有名なホール。

どうぞよろしくお願いいたします。

そして、今月は、奈良のムジークフェスト、デビュー❤

ピアニストの榊原明子さんとのコンサート。

こちらも大変楽しみです♪

*・゜゜・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゜・*

夏色~ピアノと笙で奏でる初夏の響き~

【日時】2016年6月25日(土)18:00~
【場所】川西文化会館 2階特設会場(奈良県磯城郡川西町結崎32-1)
【出演】榊原明子(ピアノ)、伊藤えり(笙)
【演目】笙とピアノによる「ジムノペディ」(サティ作曲、榊原明子・伊藤えり編曲)
    蘇州夜曲(西条八十作詞、服部良一作曲)
    月(榊原明子作曲)
【料金】前売500円/当日600円(コーヒーor紅茶付き)
【お問合せ・お申込み】川西文化会館(TEL:0742-44-2214)

*・゜゜・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゜・*

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »