« 昨日、奈良に戻りました | トップページ | 橿原市今井町 »

2016年2月 1日 (月)

演奏会、楽しかったです!

30日の橿原市今井町 華甍での日本芸能探訪 第2回「雅楽〜篳篥・笙〜」、無事に終了しました。

篳篥の三浦元則さんとの演奏、共演は久々でしたが、とても安定していて魅力的な篳篥で、合わせるたびに、曲の新しい魅力が聴こえてきて、スリリングでした。

やはり古典の演奏は、こういった新鮮な感動が、本当に嬉しいです。

まあ、古典だけでなく、、、音楽はなんでもそうですが(笑)。

古典、古典と申しますが。。。

古いものには、しっかりと命を吹き込んであげないと、、、ただの「古いもの」で終わってしまう。。。

型だけの演奏だと、本当につまらなくなってしまいます。

確かな「今」の感覚を持ちながら、古典を演奏できる力強さは、どの古典のジャンルでも求められていると思いますし、そういった人たちが今、ご活躍されていると思います。

最後に薮内洋介さん(尺八)も加わって演奏した蘇莫者破も、初の試みながら、三浦さんの篳篥のリード、わたしの笙の間の手(?)で、面白いものになったと思います。

尺八で龍笛のパートって、、、実は内心、(大丈夫かな〜?)と思っていましたが(笑)、リハで何度かあわせているうちに笙の手移りも聴いてくださるようになり、そのあたりからだんだんと3人でのって演奏できるようになりました。

やはり、雅楽のゆらっとゆらぐ、ゆるむ拍子感、笙が支えていますね。


蘇莫者の尺八バージョン(尺八のソロバージョン)、実は多忠告(おおのただつぐ)さん(1876年〜1936年)というかたが最初に作られたそうです。

もちろん楽家のかたでありながら、なんと東洋音楽学校(のちの東京芸大)の教授にまでなられたかただそうです。

多家のかたは、多才なかたが多いですね。。。国際的に御活躍されているかたも多いと聞きます。やはりバッハの一族のように、そういったDNAってあるのでしょうね。

さて、演奏の内容もさることながら、薮内さんの、地元・橿原市でのご活動、大変ユニークで興味を持ちました。

わたしのような、「外部から奈良に惚れ込んで移住してきた」人間ではなく、奈良生まれ、奈良育ち。

地元の活性化のために、様々な試みを続けてこられています。。。長期的な展望のもとに。

その一環で、三浦さんとわたしを呼んでくださったようです。

今後、どのように発展していくのでしょう。。。薮内さんのご活動にご期待


橿原市の職員の皆様もとても感じがよく、気持ちよく演奏できました。

お招きくださった、薮内さん、ありがとうございました。

三浦さん、またどこかで何かやりましょう!!!


会場となった「華甍」(はないらか)がまた、素敵な空間で。。。
Facebookには少し写真をアップしましたが、こちら(ココログ)にアップするのはやや手間がかかるので(◎_◎;)、また、次回!

さて、今週末は箏奏者の森川浩恵家でのコラボです。

これがまた大変楽しみなのです。。。

浩恵さんが「コラボしたいです!」、ということで挙げてこられた曲がまた、わたし好みの曲で

youtube映像で「これ!」と送ってくださったのですが、ネタバレになるので、ここではアップしません(笑)。

当日、どんな風になるのかな♪♪

(って、わたし、まだ自分のパートのアレンジ考えていない。。。(◎_◎;))


« 昨日、奈良に戻りました | トップページ | 橿原市今井町 »

日々ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 演奏会、楽しかったです!:

« 昨日、奈良に戻りました | トップページ | 橿原市今井町 »