« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月30日 (月)

A Sho lesson between Hong Kong and Japan

Professional Hong Kong sheng playerの Loo Sze Wang さん。

思えばもう10年ほど前からのおつきあいでしょうか? 
日本の笙を勉強されたいとのことで、東京に来られて、まずは3日間ほど、集中でお稽古しました。

その後、あと1度来日されて、お稽古を受けられました。

2011年に、わたしが奈良に引っ越して来た直後、香港大学を通じて、香港に招聘してくださり、共演。指揮やフルートの勉強もされているそうで、現代作品の演奏では定評がある人です。香港大学の作曲家もとても信頼されているようでした。

しばらくレッスンをしていませんでしたが、お子さんが小さいため日本にいらっしゃれなくなり、「スカイプレッスンができませんか〜」、と打診をいただいたのが年末か今年の始めぐらい。

ようやく本日、お稽古が実現しました。

音が割れたり、映像がやや見づらくなったりすることはありますが、基礎的なことはできていらっしゃるので、それほど気にはなりませんでした。

本日は調子の復習。お疲れさまでした。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年3月28日 (土)

京都、奈良の春!

ここ数日の動向です。まずは写真だけですが。。。

京都瑞光寺様でお稽古。夕暮れに、うっとりするようなしだれ桜。

JEUGIAミュージックサロン京都駅 コトチカでのイベント。
15分2ステージを終えて、飛んで奈良へ。
いろいろな楽器がその場で体験できる体験コーナーのようなものもありました(笙は今回、演奏のみ)。

奈良、老舗旅館にて。

春日大社。光のなかで、きらきらと輝く桜。

本日は御慶の舞楽を拝見させていただきました。
春日さんでは、20年ごとの御造替という、大行事の期間に入られています。

薬師寺さんでは花会式。

桜がどんどん開いてきています。関西の春は、濃いです!

| コメント (2) | トラックバック (0)
|

2015年3月24日 (火)

うわ、、、強盗!? でも奈良は。。。

内の近所で強盗があったみたいです。
実害はなくて、郵便局で白昼に刃物をつきつけられて脅されたそうですが。。。←訂正です。現金を奪われたそうです。

Facebookの奈良のグループで、すごい勢いで注意を促す情報が回っています。
わたしもそれで知りました。

見ていましたら、こういう危険を知らせるシステムが、いろいろあるんですねー。
小さいお子さんがいるかたへの奈良市からのメールとか、警察からの事件があったらすぐに知らせるメールとか、発達しているようです!

すごいな〜、奈良!
いろいろと遅れているのかと思いきや。。。coldsweats01
絆文化であります。

今の日本には、特に大事かもしれません。

今晩、自転車で15分ほどのコープに買い物に行こうかと思っていたのですがまさにそちらの方向coldsweats02

当分、夜のお買い物はやめます。

東京は文○区、近所で何件も強盗があっても、何も通知もなかったな。。。

住んでいたハイツの下の部屋が空き巣に入られたのすら、知らなかったという。。。
大家さんのおばあちゃんに「実は、ねえ、、、」と何か月か経ってから教えられました。
早く教えてsweat01

Facebookも、そろそろ飽きた、、、止めようかな、、、と思っていましたが、こういうときはありがたいです!

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

奈良の桜情報!

昨夜から気温が急降下、今晩は、マイナスになりそう!

雨が降ったり止んだりしていますが、桜はほろほろ咲いてます。

西ノ京、夕方で暗くなりかけていていますが、薬師寺さんの桜。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年3月22日 (日)

無事終わりました!

JEUGIAミュージックサロン京都駅さん主催の発表会、無事に終わりました。

篳篥も取り出して演奏してくださった高木さん、まだ半年のだけのお稽古で越殿楽を吹ききった岸さん、お初の顔合わせでしたがなんとか、最後までいきました。

(途中、わからなくなったら、わたしは吹き止めて唱歌を歌おうと真剣に思っていました)。

月1のレッスンですが、それでもご本人の努力次第で、基礎的なことは習得できそうです。

笙は、とにかく電気コンロや保温器の準備があるため、わたしも講師控え室と生徒さんたちの楽屋とチューニングルームを、コンロや保温器などを抱えて行ったりきたり。。。

他の講師の先生や生徒さんたちとあまりお話ができなくて残念でしたが、でも、終わってから「癒されました〜♪」とのご感想をいただき、こちも癒されましたhappy01

また、わたしったら写真を撮り忘れてしまったのですが(汗)、生徒さんお二人も意気投合、なんとか、本番を乗り越えました。

今、JEUGIAミュージックサロン京都駅では、龍笛クラスも開講していますので(川口智康先生)、来年は龍笛の生徒さんたちとも参加できるかもしれません。

まずは皆様、お疲れさまでした。

ミュージックサロンの皆様、ご来場いただきました皆様、ありがとうございました!

続きを読む "無事終わりました!"

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年3月21日 (土)

明日の発表会詳細!

明日はJEUGIAミュージックサロン京都駅で受講中の生徒さんたちの発表会です。

今回は都合がつかない、あるいはまだ合竹の練習が終わっていないなどで参加できないかたもいらっしゃり、まだ笙を初めてから、半年ほどのかたお一人と、「昔とった杵柄」で、なぜか今回「篳篥を吹きたいです!」と自らおっしゃってくださった生徒さんとの越殿楽。

それでも、お二人ともとても熱心な生徒さんです。

JEUGIAミュージックサロン京都駅は、個人レッスンのみの教室ですので、舞台に立つ経験は、今後の勉強の励みになると思います。
お客様方にはお聞き苦しいかと思いますが、気楽な音楽教室の発表会、ご容赦ください。

それにしても、こういうのは先生のほうが、はらはらしますね!coldsweats01

無事に終わりますように!

(チラシがココログに上手く納まらないので、JEUGIAミュージックサロン京都駅のHPより、以下、コピペします)

第1回発表会 ミュージックサロン京都駅〝 Recital 2015 〟開催のお知らせ

3月21日(土・祝)

3月22日(日)

2日間にかけて 私たちミュージックサロン京都駅の発表会を開催いたします!

 
ご家族・ご友人様はもちろん 今回はご出演されない生徒様もぜひお越しください。
 

21日は 「歌とウクレレとギター ジャズとバンドと華やかな管楽器」 の日

22日は 「ピアノと弦楽器とが楽器と柔らかな音色の管楽器」 の日  です♪

 

当会場のオープンからちょうど2年の節目 記念すべき第1回目の発表会です。

 

たくさんの方のご来場を心からお待ちいたしております。

 

ミュージックサロン京都駅〝 Recital 2015 〟

■日程: 3月21日(土・祝)・22日(日)

■会場: 京都FAN J(ファンジェイ)

 〒606-0053 京都市左京区上高野車地町101 備前屋ビルB1階

■時間: 両日 開場13時30分/開演14時00分

■入場料: 全ご来場者様600円 (ドリンク1杯と引き換えできるチケットをお渡しします)

 

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年3月20日 (金)

JEUGIAミュージックサロン コトチカでのデモ演奏♪

3月27日(日)、JEUGIAミュージックサロン京都駅講師によるデモ演奏があります。

コトチカのオープンスペースでの演奏で、笙ソロで20分程度になります。

PAなどもどのようになるかわかりませんので、「笙の生の音を聴きたい」とおっしゃるかたには不向きかもしれませんが、通りがかりのかたに、ふと足をおとめいただけるような、演奏とお話にしたいです。

実は1月にハワイに行ったときも楽器を持っていき、ツアー最終日の夜に演奏をさせていただきました。数名のかたが感動して涙を流され、こういうことは何度体験しても、こちらもどきっとするのですが、やはり、大半のかたが、笙という楽器のことを「全く」ご存知なかった、ということに、やはり、いつもながらの、ショックを受けました。

「普及」ということ、ますます真剣に考えていきたいと思います。
どんなによいものであっても、普及していかないと、廃れてしまうので。。。

簡単な楽器紹介と調子などを数曲、の予定です。

 

詳細は後日アップします。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年3月19日 (木)

本日のお稽古を終えて、奈良へ戻ります。

昨日は父の病院への付き添い。

検査結果を詳しく聞けるのかと思いきや、結局診断だけで、やや肩すかし。。。

お薬を大量に出されているので副作用が心配なのですが、なにしろ主訴は心臓と腎臓です。

代替医療関係(漢方、鍼灸など)のかたに相談しても、いきなり薬をやめるのは避けたほうがいいとのこと。

さて、本日はお稽古をつけてから、夜、奈良に戻ります。

奈良に越して5月から5年目に突入ですが、たまにはゆっくり京都観光もしてみたいです(涙)!

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年3月18日 (水)

JEUGIAミュージックサロン京都駅発表会

月1回1時間半だけのお稽古ですが、今回2名、「舞台デビュー(?)」します!
JEUGIAミュージックサロン京都駅の初の発表会。

詳細はこちら。
http://www.jeugia.co.jp/kyotostation/?p=316

まだ初めて半年の生徒さん、そして昔篳篥をかじったことのある生徒さんと、平調の越殿楽を演奏します。

舞台はやはり上達のモチベーションになりますので、参加をお勧めしました。

もちろん「まだまだ」な人たちの演奏ですが、それでもお二人とも熱心にレッスンに通ってくださっているかたです。

皆様にはお聞き苦しい演奏かと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年3月15日 (日)

修二会(通称お水取り)満行となり、、、


さて、これは何でしょう?(サイズ比較のため、わたしのガラケーも置いてあります)

14日、東大寺修二会満行。。。
わたしは後ろ髪を引かれる思いで、昨日、新幹線で東京に移動、今月も、東京スタート。

今年は一晩しか聴聞できず、「日中」「日没」も伺うことができず、残念、、、と思っていましたら、柏の自宅にて、今朝、偶然にもこれを発見!!!

あっ。。。これ、懐かしいweep

学生時代の聴聞のときに知人からいただいた「けずりかけ」です。
芸大の日本画科の先輩で、やはり毎年修二会を聴聞されているかたがたがいらっしゃいました。そのお一人が、多分堂童子さんからいただいたものを分けてくださったのです。

どこかに、写真が出ていないかな、、、とネットで検索してみましたら、ありました。

http://www.lint.ne.jp/nomoto/PHOTOSALON/omizutori2009.html
(こちらの「ダッタンの松明」の写真、すごくわかりやすいです。迫力ある写真ばかり、と思っていましたら、プロのかたでした!)

お水取りの松明、というと、夜7時にあがる松明しかご存じない方も多いのですが、ダッタンのときにも、なんと、二月堂のお堂のなかで、燃やす松明も、あるのです。

これはもちろん、通常のお堂外で使われる松明とは違い、「持ち手」(というのか?)の部分も短く、中心に、この「けずりかけ」をたくさんすげてあります。
おそらく、短時間で燃え上がるようにしてあるのだと思います。

まるで花のように削られたけずりかけ。これ、どうやって作るのでしょう。。。

「燃やすため」に作られているものにも、美意識(と、言っていいのか、、、神仏にお供えするために心を込めて作っている、というほうがいいのかな)が感じられます。

「糊こぼし」(作り椿)にしても、うっかり下に落としたものは「ちり」といって使えなくなります。

わたしがいただいた「けずりかけ」はそんなちりのひとつだったと思います。。。

満行の翌日(正確には本日の早朝まで続いているので、当日でもあるのですが)、約30年振りに、この色も変わってしまった「けずりかけ」を見つけて、なんとも感慨深い思いです。

Photo

こちらは、籠松明。
今年ではなく、だいぶ以前に撮った写真ですが。。。
これをひとりで担ぐのですから、大変です。60キロから70キロあるそうです!

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年3月13日 (金)

♪おめでとうございます♪

京都笙教室とJEUGIAミュージックサロン京都駅に通ってこられていた、東田はる奈さんが、東京芸術大学音楽学部邦楽科雅楽専攻に無事、合格しました。
おめでとうございます!


(試験曲の最後の仕上げは、東京で。お互いに、緊張のお稽古。)
東田さんは、大阪桐蔭高等学校吹奏楽部出身。
吹奏楽の名門校です。
学業のレベルも高い高校なのに、1年間に50から60公演(!)をこなされるというから超ハード。
しかも、発表会ではなく、「プロとしての」公演です。
音楽事務所がマネージメントを行なっているのだそう。
海外公演も年に何回か、あるそうです。
わたしもぜんぜん知りませんでしたが、日本の吹奏楽のレベルの、高いこと高いこと。その頂点を争っている高校ですから。
通常の練習でも、相当のことが要求されていると思います。

2回ほど演奏会にもご招待いただきましたが、プロフェッショナルなオーケストラが演奏するような曲(ストラビンスキーの「春祭」とか!)、から、最近のヒット曲(「アナ雪」とか!)まで、レパートリーも幅広く、しかも表現力もなかなかのもの。

コンサートの構成なども素晴らしくて、最後の最後まで飽きさせません。

お父様も笙をなさっていて、その影響もあって、笙を志されたのだとか。
子供の頃から雅楽には親しんでいたそうです。
ただ、吹奏楽部の地方公演、コンクール、野球部の応援(野球もトップの高校ですね!)などなど、とにかく仕事が多く、なかなか試験の課題曲が進みませんでした。
話を聞くと、「売れっ子の芸能人」並みの、超過密スケジュールです。
時間を作るために、始発の電車で学校に通い、吹奏楽の練習をする前に、笙を吹き、唱歌を歌っていたのだとか。

ようやく、唱歌から洋楽のニュアンスが抜けてきたのは、ここ半年ほど、でしょうか。
わたしの心配(?)をよそに、最後1か月で、ぐんぐん伸びてくれました。
写真は、2月の第10回記念定期演奏会(大阪・フェスティバルホール)のときのものです。
高校生活最後の演奏会で、「涙ぼろぼろです〜」と言いながらも、笑顔で。。。
(*写真掲載は、本人許可をいただいております。)
貴重な4年間を過ごされることでしょう。。。clover

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年3月11日 (水)



2時50分ごろ、薬師寺さんのいくつかの鐘が打ち鳴らされました。

どっと涙が出そうになり、こらえながら駅へと急ぎました。

昨日から奈良は雪が降っては、晴れ間が見える、おかしな天気。

気温はものすごく低く、一瞬だけ降る雪が、とてもきれいに結晶していきます

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

今日は4年目の3月11日です

3月6日、慌ただしいなかを東大寺の修二会、聴聞に行ってまいりました。

初夜の行から深夜12時半ごろまで二月堂にいましたが、「東日本大震災」その他天災人災で失われた魂を弔う文言が途中に織り込まれており、1260年以上も連綿と続いているこの行の古さと同時に「現代」に活きた祈りの場であることを改めて痛感しました。

失われたたくさんのかたがたのお命が、やすらかでありますように。

3月6日の聴聞の前に、修二会の予定を確認していましたら、2011年聴聞時のメモ書きが残っており、はっとしました。あの年もわたしは6日に、東京から奈良まで聴聞に来ていました。その数日後にあんな災害が起こるとは。。。





わたしは修二会の「音」と交互に現れる「静寂」、「光」と「水」を使った行のなかに、人の技を超えた何かを感じて、学生時代から何度も訪れています。

魅せられている、としかいいようがないのですが、修二会は松明だけでなく、国家の安泰と世界の平和を祈って、1260年以上も行なわれている行です。

ただ、「火の粉をあびると健康になれる」「ご香水(ごこうずい)をいただくと美人になれる」などという素朴な信仰の部分も併せ持った、奈良らしい行事です。

内容そのものはとても厳しい行でありながら、聴聞の人にたいしてはとても暖かで、そういったことも千年以上も続けられてきた理由かもしれません。

14日(正確には15日早朝)が満行となります。

今、生きていることに、精一杯の感謝をしつつ。

神仏と、先に旅立たれたかたがたへの、供養の気持ちを持ち続けていきたいと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年3月 9日 (月)

6月3日スタンフォード大学京都センターでの講義

Facebookにはちらっと書きましたが、6月3日に京都にて、アメリカスタンフォード大学の来日中の生徒さん達にひとコマ、雅楽に関する授業を行います。

2012年に続き、今回2回目のレクチャーとなります。

残念ながら聴講不可ですが、貴重な国際交流の機会として、内容の濃い授業にしたいと思います。

さて、ここ2日間はJEUGIAミュージックサロン京都駅でレッスン。

14日より東京教室(3月分)。

22日はJEUGIAミュージックサロン京都駅主催の発表会。
月1回1時間半のお稽古で、今回は結構吹けているかたがたが日程が合わず不参加、それでもたった半年(6回)でなんとか越殿楽の唱歌と吹奏ができたかたが一名、参加されます。

また東京にいたときからずっとお稽古を続けてこられ、名古屋に転勤になるも、またJEUGIAミュージックサロンで再開の活路を見出したかたが、なぜか、昔習った篳篥を取り出し、越殿楽を一緒に奏します(ご本人の御希望ですcoldsweats01)。

忙しい生徒さんたちですので、合わせるのは当日1回のみ。

一体、どうなるのでしょうsign02

楽しみであり、とても心配です(笑)。





| コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年3月 1日 (日)

東京教室は2日まで。

今日から3月ですね。

東京教室は2日まで、明日奈良に戻ります。

すがちゃんの記事をアップしようとしたら、wifiの接続が切れて、記事が飛んでしまいました。。。

奈良では東大寺修二会が今日から本行。

春の予感。

| コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »